ジョイクロ70がついに発売!レビュー&転売屋に負けそうになった騒動

スポンサーリンク
未分類


今回はようやく発売されたジョイクロ70に関する僕の騒動と、レビューについて書き記していこうと思います。

というわけでこんばんは。

渓流アングラーながら、ジョイクロが欲しいと思うのは、後にも先にもこの一回限りだろうと思っているαトラウトです。

だってね?

今回7㎝のジョイクロが発売されたけど、ただのスモール版じゃない。
なんせ開発時の名前が「ジョインテッドクロー70ストリーム」でしたからね?

ストリーム、ようは流れの中で使うこと前提みたいな開発の仕方だし
実際に渓流に赴いてトラウトを釣ってテストしてたり、色々やっていた。

じゃぁ渓流アングラーが買ってレビューしなきゃ始まらないでしょうよ!

と、前回の記事で鼻息を荒くしていました。

ところが、いざ発売となってみると、もはや手の付けようがないというか

もはや勝負にすらならない惨敗っぷり。

買える、買えないどころの話ではなく、買ったら最後、転売屋に法外な値段を支払う羽目になる地獄付き。

やはり北海道の田舎に住む僕には、あまりにハードルが高いルアーだった。

ともかく初回販売を逃した僕ですが、その経緯と転売屋達によって作られた地獄のような中古市場についても語っていこうと思います。

スポンサーリンク

ジョイクロ70が発売された

さる11月下旬、ついに渓流でも使用可能と言われるジョイクロの最新作、ジョイクロ70

そのスペックは通常のジョイクロとは明らかに違う超コンパクト設計となっています。

タイプはフローティングとシンキングの2種類。

重量は思ったよりも軽く、7cmのルアーとしてはかなり軽量です。

値段はいずれも2600円とかなり高い。
ぶっちゃけ、これくらいの値段のルアーは数年買ってな気がする、うん。

僕にとっては超が付く高級ルアーですが、ひとまずそのスペックを見ていきましょう。

フローティングモデルのジョイクロ70


フローティングモデルのジョイクロ70は横アイが付いているのが特徴

シャローレンジの攻略をメインとしており、ナチュラル系のS字系アクションを得意としています。
水面や水面直下で誘うタイプですが、通常のジョイクロと同じくウェイトを張ることでサスペンドチューンが可能とのこ。

サイズが7㎝であり、重量は4.1gとかなり軽いです。

本命のシンキングタイプのジョイクロ70

さて、渓流アングラーの僕が欲しいのは、当然シンキングタイプのジョイクロ70です。

縦アイを装着したこのモデルは、急流の中でも浮き上がりにくく設定されており、ボトム付近でもS字アクションを描くよう作られています。
しかし、シンキングとはいえスローシンキグモデルらしく、ウェイトは4.6gなんですよね。

この辺りが渓流でのジョイクロ70の使用感に大きく影響を及ぼしそう。

ていうか、そもそもボトムとるの滅茶苦茶大変そうなんですが、こっちもウェイトチューンでシンキングの速度を速めるかもしれません。

ジョイクロ70発売直後の購入を目指すが惨敗

画像引用元:サンスイ

そもそも渓流アングラーの僕
ジョイクロ事体縁が無いルアーどころか、遥か異国の謎ルアーでしたよ。

一部の人は遊びでジョイクロを投げたりしますけど、まず釣れるような代物じゃないし、サイズがあまりにでかすぎる。

だから高い人気を誇るルアーであっても、僕にとっては生涯無縁の代物。

ジョイクロなんて買ったとしても、「アユの剥製」として本棚の上に飾るしか使い道がありませんでした。

ところが、ここにきてジョイクロに70㎝モデルが登場?

いやいや、でも渓流で使えるのか?

とか思っていたら、もはやテスト段階で渓流で使用しトラウトを釣ってるじゃありませんか。

え…まじか、いくら小さいっていっても、S字系でトラウト釣れるのか。

しかもあのジョイクロでしょ?いや欲しいわ、マジで。

とめちゃくちゃ興味をそそられていました。

けれど、それと同時に予感はしていたのです

このルアー、僕には絶対に買えないことが

発売したが田舎ゆえにジョイクロ70を店頭で買えない

というわけで11月某日、ガンクラフトからジョイクロ70がついに発売されました。

よっしゃ来たぞと通知を受け取り、速攻で販売しているウェブショップを検索。

すると、一店舗でジョイクロ70が販売されているではありませんか。

よし勝った!無理かと思ったら勝ったわ!

と急ぎ購入ボタンを押したら


「この商品の販売は終了しました」

おいいいい!!はやすぎだろぉおおお!!
なんだそれぇええ!!売り切れの速度で光超えてんじゃねぇよ!!はやすぎて一瞬意識がタイムリープしかけたわ!!ワシだけ2000年初頭のISDNで回線繋いでんのかと思ったわ!!

という相対性理論的な速度でしたね。

もうぜったいあえりえない、はやすぎだよマジで
というか、僕より早く購入したやつらは一体何者だよ。まじで未来人しかありえないだろ。

という時空が歪み別の世界線に飛んだ位の売り切れ速度を目の前にした僕は、もはや怯えすらありましたね。

だいたい、僕がやっているのは渓流ルアー釣りですよ。
釣りの中でもだいぶマイナーなジャンルだし、争奪戦なんてまぁ起きない。

しかしジョイクロ70はワケが違う。
バス、シーバス、ライトゲーム全般、管理釣り場のトラウト、もう考えられる限りの釣りで使用可能.

ということは、競争相手は今までの比ではな。

おまけに初回販売は店舗のみが圧倒的

というか、これが一番キツかったわくそぉお!!


ジョイクロ70なんて北海道の田舎に売ってない


初回販売のジョイクロ70を買えなかった一番の理由は、僕が住むこの道北地域にそんな気の利いた釣具屋なんて皆無だってことですよ。

近くの釣具屋でまともにルアー売っている所に行くなら旭川まで行かないといけないけど、そんな時間なんかないし遠すぎる。

おまけに最近仕事が忙しいし、ヒマなんて一切なし。

というか、北海道の釣具屋でジョイクロ70仕入れていた所があったのか?まじであったら教えてくれ本当に!

──まぁね

これが田舎アングラーの悲しいところ。

別に道北の田舎町じゃなくても、こんなことは良くあるはず

ジョイクロ70発売されるらしいけど、釣具屋遠すぎて手に入れられない

そんなアホな話が普通にあるのが道北だし

欲しいルアーの初回販売なんて、遠い国の遠い話にすぎなかったんですよ。

メルカリを見ると大量の転売屋がジョイクロ70を取引中

しかし、それでも諦めきれなかった僕は、なんとかしてジョイクロ70を手に入れようとスマホの画面が割れるほど検索タップを繰り返していました。

すると、メルカリでジョイクロ70が売られている。

まさか、すでに・・・いや、確かにそれは十分ありえる


恐る恐るメルカリを開き、ジョイクロ70の販売画面を見てみる。

ある、あるぞジョイクロ70が

5000円でな!

くそ…畜生…転売屋め…よくもぉ!よくもてめぇ!!

と買ったばかりのiPhoneをへし折りそうになっていました。

実売2700円でもクソほど高いし、貧乏な僕にとっては血のにじむような値段だってのに

それなのに5000円?血反吐吐くわ

しかし、けれど・・・5000円でも欲しい

わかるぅうう、5000円でも買っちゃうその気持ちは確かにわかるよ

ワシもなけなしの金を突っ込んでしまいたい、アコムに返済予定の金を使ってジョイクロ70買ってしまっても良い気がする。

しかし、もし返済が滞れば一環の終わり。

ここは負けてはだめだ、転売屋どもがメルカリの向こうでニヤニヤとワシのような奴を釣るのを待っている。

負けない、ワシは負けないぞ、そんなチョロい魚じゃないんだ、人生スレ切りまくりのαトラウトだぞ!

というわけで、開いていたPythonで「ジョイクロ70を今買っても意味ない」と10000回出力されるのを眺め続け、即席自己暗示を行いました。

結果、なんとか誘惑に勝ったし、冷静に考えて道北の真冬にジョイクロ70買っても釣り場がない。
どうせ買うなら春先で、転売屋達が消えうせたころだと心に決めたわけです。

北海道の貧乏田舎アングラーを煽りまくる転売屋達

しかしジョイクロ70が人気すぎるせいか、再販をした店でも店頭販売のみ。
まだまだネットでジョイクロ70が売られるような状況ではない。

数はそこそこあるはずなのに、なぜネットで売ってくれないんだ。
そんな不満をショップに言っても仕方がない、店頭のほうが確実に売れるだろうし、通販は送料が掛かるから後回しにするのはわかる。

けれどここは道北。釣具屋が無いんだよ!

田舎のアングラーは今の時代ネットショップ頼み
シマムラとユニクロしかまともな服やがないド田舎に住んでいても
ネットショッピングさえできれば、ワシも最新のジョイクロが手に入るはず

なのに、なぜだ…なぜネットに出てこない!
ワシだって、ワシだってジョイクロ70が欲しいんだ!

結局自己暗示も1日で解けてしまった僕は、やはりジョイクロ70を求めてネットをさまよう。

けれど、そんな僕のような田舎の貧乏アングラーをあざけわらうように、都会の転売屋達は次々とジョイクロ70をメルカリに出しては、法外な値段で売り続ける。

転売屋「ほーら、北海道の田舎アングラーよ、おまえが欲しいジョイクロ70なんて、本州東京に住むオレならこんなにたくさん買えるんだ、欲しかったら3倍の値段で買いな!」


僕「くそぉおお・・・負けるかぁ・・・クソったれの転売屋が売る法外ジョイクロ70なんか買ってたまるか・・・くそぉお!!」


しかし、メルカリを見ていれば、7000円もするジョイクロ70の誘惑に負けて買ってしまう奴もいた。

僕「やめろ!そいつを買ったらお前の来月の支払いはどうなるんだ!転売屋のおもうつぼだぞ!」

知らん人「いいんだ・・・ジョイクロ70が買えるなら・・・こんな田舎じゃジョイクロ70なんて手に入るわけがない・・・仕方ないさ・・・あとは・・・たのんだ」


「やめろおぉおお!!!


こうして、数々の田舎アングラーが都会の転売屋達に負け、超高額のジョイクロ70を手に入れ、カードの支払いでパンクしていった。

転売屋のせいで人生を棒に振る田舎アングラー達の死に際を見ながら、ぼくは一人思ったのです。

ジョイクロ70のせいで、これ以上多くの犠牲を出してはならないと。

ジョイクロ70が欲しくても転売屋に負けるな貧乏田舎アングラー

こうして発売当日からメルカリで多くの犠牲者を出し、転売屋達を肥え太らせる結果となったジョイクロ70

そしてTwitterから聞こえる「普通に買えて草」の文字

これが、ルアー争奪戦というものなのか──

あまりに激しすぎるそのバトルと、不公平なまでの地域格差。

そして地獄の貧富の差

つらい、あまりに辛すぎる。

もうジョイクロ70は諦める他無い。

誰かがこの冬に使って飽きたやつをメルカリで購入するしか無いかもしれない。

まさかここまで転売屋が活動しまくるとは予想もしなかったしね。

人気ルアーの初回販売のすさまじさを痛感した僕でした。

しかし、神はまだ僕を見放してなかったのです・・・!

知らない人からジョイクロ70が送り届られた

謎のジョイクロ70が届いたので震えながらレビュー【渓流で使用予定】

それは2020年の元旦のこと。

この日、数少ない年賀状があると期待してポストを開けると、そこには茶封筒が一つ。

あれ?なにこれ?年賀状って封筒で送るようになったの?

と、ちょっと不審に思いつつも差出人の所を見てみると「サンタクロース~ロストするなよ~」の文字がある。

いやいや、サンタクロースって、正月にサンタってないだろ。

でもなんだ?ロストするなよ?ロスト……?

とにかく不審に思いながらも中身を確認すると、プチプチに梱包された物体が登場

てか、なんか中がスケて見える。

てか、もうなんかこの時点ですでに何が入っているのかわかる。

間違いない。僕は一目散に梱包を引きちぎり、中にあったルアーを取り出しました。

そう!それがジョイクロ70

マジか!いや!マジだ!!サンタが!なんか微妙に時期はずれのサンタがジョイクロ70を僕のもとに送ってくれた!

きっとサンタは、貧乏に苦しむ僕を見かねてジョイクロ70をプレゼントして下さったのでしょう。本当にありがたい。元旦だけど気持ちだけはホーリーナイトだよ。

マジで感謝ですはい。うん、でも誰?いやまじでわからないんだけど。

届いたジョイクロ70シンキングを詳しくレビュー

ジョイクロ70が到着したんですが、こいつは僕にとってビックリする位の貴重品。

なんせこっちはDコンすら高くて買えない身分。おいそれと使うこともできないし、季節はあいにくの冬。河川は完全にカッチカチで、羽生結弦選手をいつだってお招きできるレベル。

てなわけで、謎の人物から頂いたジョイクロ70をとりあえずじっくり見ていきましょう。なんたって定価で一個2600円のルアーですからね。もう見るだけで価値があるし、このまま家宝にしたい位ですよ。

ジョイクロ70シンキングモデルのスペック

ジョイクロ70のシンキングはフロントが横アイになっているもの。

標準装備のスナップが取り付けられていますね。

ミドルレンジ~デープレンジ攻略のためのS字形ジョイントルアーで、強い流れの中でも浮き上がりにくいのが特徴だとか。

さらにシンキングといえど、深いレンジでS字を描ける優れものだそうですね。

【詳細スペック】

ウェイト:4.6g

全長:70㎜

70㎜のシンキング系プラグで、4.6gっていうのは結構軽いかもしれませんね。

僕が持ってる70㎜のシンキングミノーなんかは、だいたい6gは超えてますから。

この微妙な重量は、おそらくS字を描くための設計でしょうね。

ただ、全長にたいしてg数が少なく、さらにジョイント式なわけですから、飛距離がどうなるのか気になるところです。

フローティングタイプのジョイクロ70のスペック

今回登場したジョクロ70にはシンキング以外にフローティングタイプが存在します。

こちらはシャローレンジ攻略のためのルアーで、水面でのステイも得意としており、ナチュラルなS字が得意。

フローティングは渓流で使えるかなーと思ったんですけど、そうじゃない人は結構買ってますね。

あとサスペンドチューンなんかを施したり、ウェイトでカスタムするならフローティングがおすすめっぽいです。

【詳細スペック】

ウェイト:4.1g

全長: 70mm

テールは着脱可能

他のジョイクロと同じく、ジョイクロ70もテールが着脱可能になってます。

ただし、テールを外して動かすとあんまり良い動きをしません。テールがあるのが一番。

てなわけで、この辺りは接着剤で軽く付けておくといいです。

ちなみにスペアのテールも発売されているので安心。

なわけがない。

本体同様、スペアのテールも品薄が当たり前みたいな状況なので、亡くさないように気を付けたい。まぁスペアテールが買えれば最高ですけどね。

あと、ここだけ素材がソフトなんで、管理釣り場だと使えないこともあるんで注意です。

フックサイズが前後で違う

ちなみにジョイクロ70ではフックサイズが前後で違います。

フロント側は12番を使っているのに対して、リアは14番。

つまりリアのほうがフックが小さくなってるわけです。

ジョイクロは大体リア側のフックが小さいんですが、70も一緒でしたよ。

ジョイクロ70は滅茶苦茶奇麗なデザイン

小さくてもジョイクロと言われてますが、このジョイクロ70のデザインはめちゃくちゃ奇麗ですね。

見るからに小さな小魚というか、やっぱり小型ミノーには無い独特のリアルさがあります。

ていうのは、やっぱりリップが無いことや、体付き、そしてテールの存在でしょうね。

リアルなルアーは幾つもありますが、テールがあって、リップが無いってだけでより魚に近い。

おまけにデティールも細かく作りこまれていて、とんでもなく小魚。このままてんぷら粉つけて食べたい位です。

おまけに、こいつは本物の魚に近いS字系アクションを得意なわけで、マッチザベイトですね。

ジョイクロ70を渓流で使おうと思ってるんだが

ちなみに、このジョイクロ70を僕がどう使うのかって?

そんなもん決まってるじゃないですか

渓流ですよ渓流、そこ以外にないんですよ

てかね、僕がこれを欲しかったのは、渓流で、S字系が、本当に釣れるのかって所を検証したかったからなんですよ。うん、真冬だから無理だけどね。

だからこれ、せっかくジョイクロ70が届いたのに春先まで思い切りガマンするっていう空海も裸足で逃げ出す修行中。

けどね、これを渓流で使ったらどうなるのか妄想してたら、色々気になる所が出てきたんです。

渓流でジョイクロ70って本当に釣れるの?

まず最初の疑問は、ジョイクロ70…つまり70㎜のルアーで渓流魚が本当に釣れるのか?って話ですよ。

ジョイクロのインスタグラムでは、北海道のヤマメをジョイクロ70で釣っているシーンが映っていたんで、まぁ無理なことは無いかも。

けど、70㎜ですよ70㎜。

ニジマスだったらジャストサイズ位だし、あまりに小さいのを弾く目的で使えるのはわかります。ていうか、僕は80㎜とか90㎜とかでニジマス釣りますしね。

けど、ヤマメやイワナを70㎜っていうのは、ちょっと無理がある気がするのは僕だけでしょうか?

だいたいヤマメ・イワナで使うルアーって、せいぜい60㎜が限度。

普段使うのは50㎜~30㎜っていう世界ですよね?

なのに70㎜って本当に釣れるのか?ラッキーで釣れる位ならわかるんですが、釣果が激減しそうな気がしてるのは僕だけじゃないはず。

まぁ元々ジョイクロなんてロマン一発狙い系のルアーですからね。

尺越えを目指してジョイクロを投げ続けるような釣りをするのもいいし、そもそもこれで釣れたら面白いですしね。

テールフックの位置が絶妙にフッキングしにくそう

そして、ずーっと気になっていたのがジョイクロ70のテールフックの位置ですよ。

写真で見るとわかりやすいんですが、どう見てもテールが邪魔をしているし、フックの位置が手前に寄ってるから、チェイスしてきた渓魚がバイトしにくい位置にある気がする。

浮かせた状態であやつり、フロント側にバイトを誘えば特に問題ないんでしょうが、テールをチェイスしてきた奴は一体どうなるのか気になりますね。

ヤマメやイワナって結構口が小さいから、テールが邪魔してフッキングできないんじゃない?って不安なのは僕だけなのか。

あと、シングルフックを付けた時に、どう考えても針先が下方向へ行く形になりますよね、これ。

ヤマメとかイワナって、下あごにフッキングするとバレやすいから、バーブレスで挑むのはかなり無茶なデザインかも。

トリプルで使うのが一番理にかなってるんでしょうが、その場合はバーブを全部削るしかないですね。

はやくジョイクロ70を使いたい

まぁビックリするんですけど、ジョイロ70を誰かが送ってくれたわけで、本当にありがたい限りです。

いやもう誰かマジでわからないんで、できたら誰か教えてほしいんですけど、うん。

でもとにかく、このルアーをはやく使いたいですね。

渓流でジョイクロ70を泳がせたら一体どうなるのか?もう気になって夜も寝れない。いや、普通に仕事してて寝れないだけだけど。

ともかくですよ。

ジョイクロ70、いまだ謎のルアーなんですけど、これからインプレを通してその正体に迫って行きたいと思います。

コメント

  1. けむし より:

    リップの折れたCDJ7を握りしめ落ち着きを取り戻そうとしてます。

  2. いちjuan より:

    今、楽天やYahooショップのネット在庫あるみたいですよ。
    cdjも良いですがレベルのジョイントミノーも可愛いですよ。

    • αトラウト より:

      あーきましたねーようやく
      金がないんでルアー一個に3000円出すのは滅茶苦茶しんどいですが、一回だけでいいから使ってみたいので、渓流でジョイクロがどれだけ使えるか人柱になろうかと思っています。
      レベルのジョイントミノー?というと、レーベルのことですかね?(すいません)

  3. いちjuan より:

    はじめまして、ご返事ありがとうございます。申し遅れました。私、いちjuan(フアン)と申します。ヘドンをトラウトで使う人を探していたら道北貧釣にたどり着き、フアンになりました。
    ジョイントミノーはレーベルのことです(イキッてラスタファリアンよろしくレベルと表現してしまいました、すいません)。
    ご存知かと思いますが、四十四ミリのちっこくて可愛いジョイントミノーがあります。

    ジョイクロのインプレ楽しみにしています。