渓流ミノーのおすすめはコレだ!沼に落ちた男のルアー紹介

スポンサーリンク
ミノー

何が楽しいのかって「ミノーイング」という行為が楽しいんですね、これが。

ミノーイングとは、ミノーを動かして魚を釣る行為のこと。

詳しく言うと、ロッドを操作し、ルアーを動かし、魚を誘って食わせるという一連の動作が楽しい。だから今渓流ではミノーを使うのが主流になってるんです。

渓流でのミノーイングが流行する前はスプーンやスピナーを使うのが定番でしたが、これらはみんな巻きの釣り。で、それらは普通に釣れる。ていうか、スピナーとかはミノー以上に釣果が出やすいレベルです(いずれ渓流スピナーについても記事を書きますよ)

それでもミノーが面白いのは、巻くだけじゃなく、ロッドワークで魚を誘って食わせる感覚を味わえること。ようは「釣れた」ではなく「釣った」と感じられるんですね。

シェイキングとトゥイッチングを多用する

渓流ミノーイングの特徴は、他の釣りでは無いレベルの細かいロッド操作です。

とくに使われるのが「シェイキング」と言われる動き。

これはロッドの先を細かく震わせるように動かして、ルアーにできるだけ小刻みにアクションを加えます。

渓流ミノーイングの基本は、短い距離で、できるだけ多くの動きを加えることです。

渓流のポイントはとても短く狭い上、上流に投げて下流へと動かすのが基本。

そこで、シェイキングみたいな特殊な事をひたすらやるんですね。

次に多いのがトゥイッチング。

ロッドをパン、パンとはじいて動かすんですが、主にシンキング系のミノーでよく使います。

普通のトゥイッチングは潜らせて、左右に弾くように動かして魚のスイッチを入れるのが目的。

けど、渓流の場合はシンキングミノーを多用するので、トィッチでリアクションを狙いつつ、合間にフォールを挟むことで食わせのタイミグを作るのが目的になることが多いです。

渓流ミノーはシンキング系が主流

シンキングミノーを多用するといいましたが、ちょっと語弊がありましたね。

実際は多用なんてもんじゃない。

渓流でミノーを使う人の多くはほぼシンキングしか使わないんですよ。

なんで沈むミノーしか使わないの?って話なんですけど

1・小さいミノーでも飛距離と精度が出せる

2・魚が底についているので沈めないと釣れない時が多い

という2つの理由です。

とくに2番の理由はかなり大きいですね。

渓流魚は速い流れの中に生きていますが、常に流心の中を元気に泳ぎ回っているわけではなく、速い流れを避けつつ川底に身を潜めています。

そんな魚を狙うには、やはり沈むシンキングタイプのほうが有利。

中でも良く沈むヘビーシンキグと言われるタイプのミノーは、活性が低い冬や春先でも有利になりやすいです。

スポンサーリンク

おすすめ渓流ミノーはシンキングで反応が良くアップクロスで使いやすいタイプ

渓流ミノーに必要な以上の条件を簡単にまとめると

「シンキングかつロッドワークへの反応が良いミノー」

ということになります。

この条件をクリアできるミノーが、いわゆるおすすめミノー

でさらに言うなら「値段が安い」もうこれに越したことはない。

てなわけで、去年使ってみた結果、「お、これ良かったな」というミノーを紹介しますよ。

コメント