渓流ミノーのおすすめはコレだ!沼に落ちた男のルアー紹介

スポンサーリンク
ミノー

もちろん小さな支流でも使えますが、使い手次第。

ウェイトがありながらフォールが遅いという特殊なミノーをどう使うのか?

考えながら使うと渓流ミノーイングをより面白くしてくれます。

スポンサーリンク

おすすめ渓流ミノー3「メガバス:グレートハンティング・フラットサイド」

メガバスから販売されているグレートハンティングも特殊なミノーの一つです。

そもそも、多くの人がメガバスから渓流ミノーが出てることを知らない。だって、バスメーカーのイメージが強すぎますからね。

ところが、日本で初めての渓流用シンキングミノーを作ったのはメガバスであり、代表の伊藤氏はバスだけでなく渓流にも精通している方。

そんな天才伊藤氏が作ったグレートハンティング・フラットサイドは、渓流では珍しい前方重心タイプ。

見た目は超カッコイイけど、本当に使えるのこれ?

と思って使ったら、これが凄い。一気にメガバスワールドにひこまれる独特の渓流ミノーイング感に虜になってしまいました。

さらに標準装備のバーブレストリプルフックは、今までのバーブレスフックに苦手意識を持っていたアングラーの度肝を抜いてきます。

グレートハンティングのスペック

グレートハンティングはフラットサイド(扁平ボディ)を持つミノーです。

しかしヒラ打ちというより、ダートとローリングが主体の動きであり、細見のボディから繰り出されるナチュアルかつスピーディーな動きは、他のミノーにはまるでない異質な代物です。

ウェイトは全体的に軽量ですが、投げやすく空気抵抗を極力減らしたボディによりキャスタビリティは確保されています。

【グレートハンティング・フラットサイド45s】

全長:45㎜

重量:シンキング/2.9g  フローティング/1.7g

フック:鬼手仏針 12 ×2

【グレートハンティング・フラットサイド50s】

全長:50㎜

重量:シンキング/4.0g フローティング/2.5g

フック:鬼手仏針12 ×2

ボトム狙いに徹した浮き上がらないミノー

グレートハンティング最大の特徴はボトム攻め特化型という点です。

前方重心のミノーはトゥイッチを掛けてもルアーが上へとのぼらず、左右にダートするように素早く動きます。このおかげで、一般的な後方重心ミノーよりもボトムトレース能力が高く、底からミノーを離さずに魚を誘い続けられます。

また、フォール速度は驚くほど速いです、

45㎜のシンキングでで2.9gと軽い部類ですが、そのフォール速度は5g並みか、それ以上。

前方重心は頭を下にして沈むため、テンションフォールでも水の抵抗を受けにくく、ストーンとあっという間にボトムに到着します。

つまり、このミノーはボトムに張り付いた渓流魚の目の前にルアーを通すためのアイテム。

ハイプレッシャーだったり、水温が低かったり、増水のせいでボトムに付いた魚からリアクションバイトを取るのに向いています。

神バーブレスフック「鬼手仏針」

このミノーに僕が惚れ込んでしまった最大の理由は、標準装備されている「鬼手仏針」です。

これはアユの友釣り針にも似た、極細のバーブレストリプルフック。

メガバスオリジナルのフックなのですが、これがまた凄い。

貫通率は他の針の比ではなく、フッキングなんてしなくても、勝手にヤマメのアゴを貫通。

しかも、深いゲイブは一旦掛かった魚をバラスことなく、ヤマメの激しいヘッドシェイクですら平気で耐えてしまう。

初めて使ったとき、これは凄い針だと思いましたよ。あまりにバレにくいせいで、どこかにバーブが付いてるんじゃないかと疑いましたよ。

もし渓流用のバーブレスフックが苦手な人は、一度このフックだけでも使ってください。

ただし、細すぎるフックなんで、岩とかに引っ掛けると伸びたり折れたりします。

あと大物にも使えないので、ヤマメとイワナ専用で使うことをおすすめします。

おすすめ渓流ミノー4「アイマ:イッセン45S」

アップクロス(上流へと投げて釣る動き)での渓流ミノーイングで外せないのが、アイマのイッセン45sです。

まず言いたいのは、とにかくカワイイ。

渓流ミノーとしてはトップクラスの可愛さですね、まぁラパラには負けますけど。

けど、カワイイルアーが好きな人にはぜひ使ってもらいたいし、とにかくアップクロスに強く、水噛みが良いのが特徴。ひたすらに使いやすく、小さな渓流ででヤマメやイワナを釣るのに最適です。

アイマ:イッセン45sのスペック

イッセン45sはローリングスペイルを前後に使用している渓流ミノーです。

コメント