渓流ミノーのおすすめはコレだ!沼に落ちた男のルアー紹介

スポンサーリンク
ミノー

ジョイントのシンキングミノーなんですが、こいつは今回紹介するルアーの中で最も水噛が良いタイプ。

トゥイッチをかけると、おもいきりリップが水を掴むから、まるでキューブレーキでも掛かったみたいにルアーがその場でストップするため、移動距離の短いアクションが可能です。

そのブレーキの勢いで振り出されるジョイントのヒラ打ちの艶めかしさは、まさに生き物そのもの。

これにやられない魚は居ないだろ!

ってわけで、活性に関係なく魚を引きずり出してクルタイプですね。

ボトムベタベタのストレスフルな魚でも、このワンアクションで食うことすらあります。

さらに、テールを下側にしながら回転しつつ落ちるフリーフォールや、体をクネらせながらのテンションフォールは、まさに水に落ちた虫そのもの。

もはや動かさずとも、フォールだけでバイトが取れるというオーバーテクノロジーミノーです。

ただしリップがデカ過ぎるため、ダウンクロスでは引き重りが半端ではなく扱いづらいタイプ。

それを犠牲にして、本気でアップクロスだけに特化した超ピーキーなジョイントミノーなんですよ。

ベアトリス45S

小さな渓流ではベアトリスの45Sがおすすめです。

全長45㎜、重量2.9g

小粒のジョイントタイプのシンキングミノーですが、ヒラ打ちからのテールの動きは生き物そのもの。動かしても楽しければ、釣るのも簡単なので一個持っておけば損はありません。

ベアトリス53s

本流ではベアトリス53sがおすすめ。

全長53㎜、5.1gのヘビーシンキングミノーであり、キャストの飛距離も制度も抜群。

かなりの大物を引き寄せる力があるので、ここぞという大場所の一投目に使うと高確率で食わせられます。

スポンサーリンク

おすすめ渓流ルアー7 「ラパラ:CD5」

ラパラのルアーは渓流特化型ではないですが、どこでも使えるのが良いところ。

てなわけで、ラパラ好きなアングラーはみな必ず渓流でCD5を投げちゃんうんですが、これがニジマスを釣るのにうってつけで、随分使っています。

全長50㎜、重量5gのヘビーシンキングミノーですね。

特徴はトゥイッチを使うというより、フォールとリフトを交互に繰り返すこと。

ただルアーを下流側に流すドリフトも効果的。他のミノーのように細かくアクションさせるのではなく、しっかりと水の抵抗を受けさせて仕掛けるクラシックミノーです。

ナチュラルな動きに警戒したニジマスも口を使う

CD5を使っていて思ったのは、ニジマスがよく釣れるということ。

しかも、なかなかルアーに食ってこないようなヤツです。

活性が低い、以前他の誰かに釣られたなど、スレている理由は色々あるでしょうが、そんなニジマスにCD5はかなり効果的だったりします。

CD5のリップには窪みがあり、そこで水を受けることで、どれだけ速く巻こうが安定したウォブリングを繰り返します。

この「安定した繰り返し運動」が、スレたニジマスに効果的なのか、ナチュラルなドリフトで釣れてしまうことが多いです。

リフト&フォールでボトムに付いたニジマスを引きずり出す

渓流ミノーとしてのカウントダウンはリフト&フォールが最も釣果を出してくれます。

もともとヒラ打ちが出来ないミノーというのもありますが、素早くリフトして、フォールを繰り返すスプーンのような動きに良く魚が反応します。

トゥイッチやシェイクを滅茶苦茶に繰り返すのではなく、パンとミノーを引っ張ってリフトさせて、ストンと落とす動作を繰り返す感じですね。

このゆったりとした動きにニジマスはすぐ負けるらしく、ボトムに張り付いたニジマスを引きずり出すのに良く使えます。

おすすめ渓流ルアー8「ラパラ:F5」

人におすすめする渓流ミノーは大抵シンキング系ですが、数少ないフローティングミノーでおすすめなのがラパラのF5です。

全長50mm、重量5gのバルサ製フローティングミノーであり、このオリジナルフローティングシリーズは世界で初めて大ヒットを記録したフローティングミノーの草分け的存在です。

この歴史あるバルサ製フローティングミノーを、1000円程度で量産しているだけでも凄い。

渓流用のバルサミノーってどれも3000円位ですから、この値段で使えるのはとてもうれしいです。

巻くだけで釣れるバルサの動き

古いミノーーは大して動かないと思ってるでしょうが、このF5は違います。

バルサの浮力を活かした軽量ボディと絶妙のリップ位置により、流れの中でも軽やかに泳ぎ、ただ巻くだけでヤマメやイワナを釣ってくる超優秀なフローティングミノーです。

元々ラパラのフローティングミノーは愛好家が多数いたのですが、その飛距離の無さから最新のミノーへとシフトした人がとても多いのが残念。

ただし、渓流は別。

わずか10m程度の飛距離で釣りになるこのジャンルでは、飛ばないラパラのF5でも釣りになる。まぁ飛ばないけどね!

潜航深度を活かして釣る

F5は他の5㎝代のミノーに比べて潜航深度があるので、多少深いところも大丈夫。

この性質を利用して、ボトム付近にいる魚にもアピールできるのがお気に入りのポイントですね。

グリグリっと巻いて、ボトム付近に来たら、トゥイッチを入れながら巻いてくるとスパーンと下からヤマメがひったくっていきます。

コメント