渓流ミノーのおすすめはコレだ!沼に落ちた男のルアー紹介

スポンサーリンク
ミノー

つまり、このミノーはボトムに張り付いた渓流魚の目の前にルアーを通すためのアイテム。

ハイプレッシャーだったり、水温が低かったり、増水のせいでボトムに付いた魚からリアクションバイトを取るのに向いています。

神バーブレスフック「鬼手仏針」

このミノーに僕が惚れ込んでしまった最大の理由は、標準装備されている「鬼手仏針」です。

これはアユの友釣り針にも似た、極細のバーブレストリプルフック。

メガバスオリジナルのフックなのですが、これがまた凄い。

貫通率は他の針の比ではなく、フッキングなんてしなくても、勝手にヤマメのアゴを貫通。

しかも、深いゲイブは一旦掛かった魚をバラスことなく、ヤマメの激しいヘッドシェイクですら平気で耐えてしまう。

初めて使ったとき、これは凄い針だと思いましたよ。あまりにバレにくいせいで、どこかにバーブが付いてるんじゃないかと疑いましたよ。

もし渓流用のバーブレスフックが苦手な人は、一度このフックだけでも使ってください。

ただし、細すぎるフックなんで、岩とかに引っ掛けると伸びたり折れたりします。

あと大物にも使えないので、ヤマメとイワナ専用で使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめ渓流ミノー4「アイマ:イッセン45S」

アップクロス(上流へと投げて釣る動き)での渓流ミノーイングで外せないのが、アイマのイッセン45sです。

まず言いたいのは、とにかくカワイイ。

渓流ミノーとしてはトップクラスの可愛さですね、まぁラパラには負けますけど。

けど、カワイイルアーが好きな人にはぜひ使ってもらいたいし、とにかくアップクロスに強く、水噛みが良いのが特徴。ひたすらに使いやすく、小さな渓流ででヤマメやイワナを釣るのに最適です。

アイマ:イッセン45sのスペック

イッセン45sはローリングスペイルを前後に使用している渓流ミノーです。

バラシ対策のためのスペイルであり、特にローリングをするイワナ系に効果的。標準装備のバーブレスフックのバラシ軽減にも繋がります。

ただし、大物用対策としてローリングスペイルを廃したイッセン45s MAXもあるので、大物が出そうだったり、源流域でスペイルが潰れそうな人はMAXのほうがおすすめです。

【イッセン45s】

全長:45㎜

重量:3.7g

フック:SBL-55M 10番シングルフック(バーブレス)

【イッセン45sMAX】

全長:45㎜

重量:4g

フック:ST-36BC 14番トリプルフック

アップクロス特化型で奇麗なヒラ打ちが魅力

イッセンは渓流ミノーの中でも小型で、なおかつアップクロスに特化したヒラ打ち系ミノーです。

小粒ながら面積が大きい扁平ボディと大型のリップは、上流に投げてからのスピーディーな立ち上がりと、軽やかなヒラ打ちのために付けられたもの。

アップクロスに投げ、シェイキングを入れると細かく奇麗なヒラ打ちを連続してくれます。

ヤマメやイワナにとってかなり効果的な動きらしく、イッセンでかなりの数の魚を釣らせてもらいました。これ釣れすぎです。

すなお過ぎる位扱いやすく動かしやすい

イッセンはとても素直で、癖が殆どありません。

アップクロス特化型のルアーはどこか尖った部分がありがちですが、このルアーに関してはクセらしいクセもなく、誰でも簡単で素直に扱えます。

コメント