最近出てきた渓流ミノーのダート系って何?ヒラ打ち系との違いは

スポンサーリンク
釣り超コラム

渓流ミノーのダート系とヒラ打ち系はどうやって使いわければいいのか?

え?まってまって

渓流ミノーといえば、扁平ヒラ打ち系でしょ?ダート系なんか使わないでしょ?


そう思っているのは、僕や貴方だけじゃありません。
事実、渓流用で釣れると言われるミノーの大半は側面が平で、重心が後方にあり、綺麗にヒラを打つタイプのものばかり。

そんな中で、最近はダート系のミノーが渓流で多数使われるようになってきてますね。

特にダイワは今年シルバークリークミノーのダートカスタムに加え、これまたトゥイッチ&ダートを得意とするドクターミノーⅡを発売したこともあり、渓流にはダート系のミノーを使う人も増えてきました。

でもちょっとまって?

ヒラ打ち系のダート系って一体何が違うの?
というか、どうやって使いわければいいの?

という素朴な疑問を持ちつつも「結局釣れれば何でも良いよ」と投網を投げる準備をしているαトラウトです。自粛だ自粛!

にしてもね
朱鞠内湖の解禁アウトの痛手がでかいから、もうこの際投網を投げようかなって
だって、ほら、釣りじゃないじゃん。漁じゃん?

と頭のおかしな事を言い出したのは、自粛と無職と経済の悪化が原因か

まともなままじゃ頭がおかしくなる、シラフじゃ生きていけない世の中なら、釣りのことで酔ってしまえ

というわけで、今回はダート系とヒラ打ち系について考えてみたいと思いますよ。

スポンサーリンク

ヒラ打ち系とダート系とは?

実のところ、ヒラ打ち系とかダート系とかが良く分かってない僕なんですけど。
最近買ったミノーが、なんかダートタイプが多いから、やっぱり気になってたんですよね。

だから色々と自分なりに整理してみると、どう見ても渓流ルアー。とくに主流となっているシンキング系のミノーはこの2種類に分類されると思ったんです。

ヒラ打ち系の渓流ミノーとは?

ヒラ打ち系とは、ようはヒラりとボディをヒネらせるような動きである「ヒラを打つ」ことをメインにしたルアーですね。

ダートとは違い、ボディの側面で水を押すように動くのが特徴。
水の抵抗を受け、体をヒネらせ、水中でギラっと激しいフラッシングを起こします。

まぁね

ヒラ打ちで代表的なのはDコンタクトですよ。

渓流ミノーイングが爆発的に流行したのはDコンタクトのせいでもありましたね。ほんとDコン嫌いなんですけど。はい。

まぁこうしたヒラ打ち系のルアーの特徴としては

・側面が平である(扁平ボディ)
・大体が後方重心
・ただ巻きで泳ぐことはあまり無いトゥイッチ専門ルアー
・シンキング、もしくはヘビーシンキングに設定されている

ウェイト位置は中央から後方とパターンは色々ありますが、とにかくサイドが扁平であるのが特徴ですね。
ただ巻きで泳ぐことより、ヒラを打たせて強制的にルアーを動かすことを前提としているものが多く、渓流で深い場所を狙いやすいようシンキングに設定されていることがほとんどです。

逆に、フローティング系ではヒラ打ちタイプは殆ど存在しません。

代表的なルアーは

・スミス:DコンタクトやDインサイト
・DUO:スピアヘッドリュウキ
・アイマ:イッセン
・アンリパ:アレキサンドラ
・ジャクソン:奏
・イトウクラフト:蝦夷

などなど、そのほかにも色々ありますが、とにかく数が多いです。
僕が調べた限り、Dコンタクトの登場以降、もはや渓流ミノーの主流は完全にヒラ打ち系と言って良いです。

渓流で主流のヒラ打ち系

渓流でヒラ打ち系が主流になったのはDコンタクトのせいなんですけど
ようはこれ、Dコンタクトがそれだけ釣れるルアーだから、みんな真似しはじめたというのが正解だと思う。
いや、僕はDコンタクト嫌いだし使わないけど、事実としてそうなんだと。

それまでのミノーは、そこまでヒラ打ちに特化したタイプは無かたんですが、実釣では驚くような成果を上げ続けたわですね。

コメント