鱒レンジャーは発見即購入で安く手に入れて和解してほしい話

スポンサーリンク
ロッド

鱒レンジャーが買えないという話は、もう山ほど聞いております。

ブログをやっている時もそうなんですが、Twitterをやっていても、YouTubeで動画を出しても、つねに聞くのが。

「鱒レンジャーがショップから消えて買えなくなった」

という話です。

とくにネットで買おうと思ってチェックしていたら、いつの間にか消えてしまい、買えずに終わったという人が結構います。

なるほどなるほど、なるほどねっ?

OKまかせて皆、その解決法について僕がとっておきのアンサーを用意して参りましたのでメモをご準備してください。

それでは説明させて頂きますね

買えぇええ!!

見つけたら、即買うんだよコノヤロォオオオ!?!?!?!?

スポンサーリンク

発見即購入が鱒レンジャー購入の基本

鱒レンジャーの買い方を学んで和解せよ

※今回も動画を作ってみました。

鱒レンジャーを買う時の基本

それは「発見即購入」です。

見つけたら、すぐさま購入ボタンをクリックする。

この方法以外で、鱒レンジャーを確実に買う方法は存在しないと覚えておきましょう。

「いやいや、鱒レンジャーでしょ?あの激安ロッドでしょ?あんなの急いで買う必要ないでしょ」

と思っているかもしれません。

それが過ちの始まりだとも気が付かずに

鱒レンジャーはすぐに無くなる

長らく鱒レンジャーをネットで買ってきた僕が観察した限り、おそらくレンジャーシリーズは年に2~3回、多くても4回程度市場にモノを放出しています。

この度にネットに鱒レンジャーが一気に売り出されるのですが、それから姿をなくすのにかかる日数。

およそ1ヵ月

モノによってはそれより早く在庫が無くなってしまう傾向にあります。

 

つまり、見かけて迷っていられるのは、2週間が良い所だと思ってください。

ちなみに鱒レンジャーは少数生産だとか、ちまちま売るとか、そんなコスい戦法はとっていません。

一気にドバっと市場に出すものの、それが一気にドバっと買われて、あっという間に無くなるだけ。

そう、ただひたすら売れている。

それゆえに無くなってしまうスピードも速いんですよ。

だからこそ、気に入ったレンジャーを見かけたら即買う。これ以外に購入方法がありません。

さっきは一ヵ月とか言ってましたけど、それは色々売れて最後に消えていくまでの期間であって、その間に無くなるものは多数あります。

それじゃぁ、鱒レンジャーは一体どんなタイプから消えていくのか?

次に無くなりやすいレンジャーについてご紹介しましょう。

鱒レンのダークナイトは毎回あっという間に無くなる

鱒レンジャーシリーズで以前から市場に出ると、本当にすぐに消えてしまい。このアイテムを欲しがる人からは。

「気が付いたらいつも無くなっていて買えない」

と言われるのが、鱒レンジャーシリーズで高い人気を誇るダークナイトシリーズです。

とくにダークナイトのベイトモデルであるCT50は常に人気があるため、市場に出ると本当にあっという間に無くなります。

しかし、これが欲しいという人の中には

「買おうか・・・買わないか・・・いや買おうか・・・どうしよう」

と言っている間に無くなり、また市場に出てきて迷い、また買うのをためらうという人が多々います。

もうやめよう。

そんな負のサイクルはここで絶ってしまおう。

おすんだ!購入ボタンをポチっとするんだ!

と声を荒げるしかありません。おじさんもう限界です。

そもそもダークナイトは市場に出回る数がそう多いとはいえません。

にもかかわらず、ベイトフィネスのエントリーモデルロッドとして人気だったり、鱒レンにはまった人がベイトモデルを求めて購入したりするせいで、品薄がデフォルトなんです。

ですから、もしこれを見る人の中でダークナイトのベイトモデルを買おうと思っているのなら、何よりも速攻性が重要です。

鱒レンジャーネクストもあっという間に消えていく

つづいて今年に入りあっという間に消えていくようになったのが鱒レンジャーネクストです。

このロッド、とにかく以前のレンジャーとは違ってルアーの操作性やキャスタビリティが向上したこともあり、鱒レンを使いはじめるならコレというベストロッドになってしまっています。

また、以前のグレート鱒レンジャー改の数があまり市場に無かったり、YouTubeなども影響もあってか、もうとんでもないスピードで売れてしまいますね。

去年までは、こんな速度で売れてなかったんですが、存在が認知されるたびに売れまくりますね。まじ怖い。

こちらのロッドも市場に出てから数週間以内には跡形もなく消えてしまうため、やはり発見即購入が基本です。

また、良くあるのが「ほしい色が買えない」という現象ですね。

以前の鱒レンジャーと同じく、カラーバリエーションが多いネクストは狙っている色が無くなって手に入らないという現象がよく起きてます。

とくに人気なのがグリーンとレッドという2パターンで、この二つはかなり早くなくなってます。

以前のレンジャーは蛍光グリーンが速攻でなくなってましたが、ネクストはラメが入ってるんで、目立たないグリーンやレッド、ブルーなんて色が結構人気ですね。

これも、とにかく見かけたその場で買うしか攻略法がありません。楽天のほうが数が多いんで、そこでまとめ買いで送料無料で一気に行くのが一番良い方法でしょう。

鱒レンジャーの値段は大体こんな感じ

鱒レンジャーの購入は即買いが基本。

ネットで見かけて、買える状態なら即ポチル。これしかありません。

もしタイミングを逃してしまうと、そこからはセドリ屋や転売屋の罠に掛かるリスクが高まります。

鱒レンジャーもたまにセドリ屋が狙うアイテムです。

それも市場に多くあるようなタイミングではなく、市場から消えたような時期に出してくるので「これで買っちゃおうか」なんて人も出てきます。

とくに初心者で買う人が多い鱒レンジャーは、値段もわからずに買わされることが多いので注意してください。

ダークナイトのベイトモデルは3000円代が目途

ダークナイトシリーズのベイトモデルは昔から値段が上がりやすい鱒レンジャーです。

Amazonにおける相場は大体3000円が限度ですね。

送料が別の場合と一緒っていう2パターンありますが、送料込みで3000円代っていうのが相場です。

高い場合は送料込みで5000円代まで上昇しますが、その値段で買うのはやめたほうがいいでしょう。

ちなみにダークナイトは現在タイプⅡになっています。買うなら新しいほうにしてください。

ネクストは2000円代で買うのがベスト

鱒レンジャーネクストはロッド単体で2000円代で買うのがベストです。

このあたりがとても微妙で、2980円とかギリギリの値段で売られていることもありますが、3000円まで行っちゃうとまぁ買わないほうが良いでしょう。

しかもカラーによって値段が微妙に違うのも要注意です。

グリーンとレッドは値段が高くなりやすく、あまり使われないピンクなんかは時々相場より安い値段で売られています。

個人的には、やはりネクストはグリーンかレッドが良いと思うんですが、意外にブルー系もおすすめですね。

このロッドは出始めの頃、9000円でシャインレッドが売られていたのを目撃したことがあります。まじでやめろ。

鱒レンジャーは即買いしたほうが安く買える

鱒レンジャーに限った話ではありませんが、やはり市場に出始めの頃に即買いしたほうが安く買える傾向にあります。

なぜかといえば、鱒レンジャーがロッドを下した先は普通の釣り具屋さんであり、その店が不当な価格で値段を吊り上げるなんて真似はまずしないからです。

そのまま買わずにいると、残るのは値段が釣りあがったものばかりになり

「くそぉおお!どうしても今鱒レンが欲しいんだぁ!!」

という人以外買いませんが、買う人がたまにいますマジやめろ。

それと、鱒レンジャーは釣り初心者の人が購入する傾向にあるロッドです。

だいたい相場もよくわからず、なんか鱒レンジャーってロッドが安くて使えるんだーふーんとか言って、普通のレンジャーを4000円位で買っちゃうことすらあります。

なぜかって、鱒レンジャー以外のエントリー用ロッドが大体8000円位で売られているからですよ。

それにくらべれ、レンジャーがあまりに安いものだから、2~3000円位上乗せしても初心者には「あーやすいんだー」と買っちゃうんですね。

ですから、鱒レンジャーは即買いが基本。

しばらく悩んでいる場合は、適正価格じゃないロッドを掴まされやすいんで気を付けてくださいという話でした。

 

コメント

  1. dami より:

    αトラウト様
    はじめまして、
    鱒レンジャーの記事とyoutubeの動画とても参考になり、面白かったです。
    私も影響されて鱒レンジャーを使ってみましたがとてもいいロッドでした!
    ありがとうございます。

    追記:youtubeの深夜釣りドラマシリーズの次回作も楽しみにしてます!

    • αトラウト より:

      ごらんになって頂きありがとうございます。
      鱒レンジャーは良いロッドですので、末永く楽しんでもらえればと思います。

      深夜釣りドラマはウィルスの影響で撮影を断念していましたが、ぼちぼち開始予定です!