釣り小説「最悪の日」

スポンサーリンク
未分類

今日は最悪な日だった。

といったら、なんか思いついたんだけど。僕はいつも最悪な話ばかりしている気がする。いつも人に言いたくなるのは、幸せだったり、嬉しかったり、楽しかったりすることじゃない。というか、そんなものあったのか?って位、口を開こうとしたら思い出すのは5分前以前はずっと戦争の中にいたかのような気分で、平和なんて一度も無かったみたいに。

けれど記憶の中の戦争はいつもネットの向こう側で、本当にクソな事体に陥ったことは無いともいえる。香港のデモで催涙ガスを浴びせられたりもしてない。イラクでIDEで車を吹っ飛ばされたわけでもない。自爆テロの攻撃にあったわけでもないし、世界中のあらゆる紛争地帯と僕は無関係だ。

なのに、今自分は世界一不幸な男の気分でいる。

もし本当に今の状態を世界の不幸ランキングで測るとしたら幾つになるか考えてみたいが、どう考えたって半分以下にはならない。なんせ、この地球では現在77億人の人が暮らしているのである。そのうえ戦争にも巻き込まれてない僕が、ワースト77億になるかといわれれば、まぁ絶対にない。

もしそうならどうなるだろうか?例えば、ある日突然、あらゆる法律が適応されない日ができてしまい、「パージ開始です」とか意味不明の合図で殺し合いがはじまる。まじでイカレてるとTwitterで嘆いたら、「それは差別的な発言です、あなただけが酷いわけじゃない」なんてクソリプを飛ばしてきた相手と口論になりブロック、逆恨みした奴がブチギレ、親がコロサ、兄弟みんなが殺されて家が放火で全焼して、唯一残った任天堂スイッチとポケモンシールドとどうぶつの森を近所のキッズが火の海の中でパプリカをうたいながら踏みつぶした上、その残骸を酔っ払いみたいな歩き方の米津玄氏が踏みつぶしたら、いきなり爆死。彼を死に追いやったグレネードランチャーを持つ通りがかりのヒカキンが僕の目の前で「ハローユーチューブ!」と叫びながら僕目がけてグレネードを撃とうするのを、シバターが救おうとするが、結局セイキンが笑いながらイイネボタンそっくりの核爆弾のスイッチを押して僕が死ぬ。いや、ここまでくると僕以外も。

けど、それくらいしなきゃワーストは無理だし、それでもいけるかどうかってレベルだ。なんせ、下には下がいるのが世の常。

映画とアニメゲームとYouTubeとTwitterでしか養われていない僕の想像力。俗物で作られた僕の脳みそじゃコレが限界だ。

だからまぁ、実際大して今の自分は不幸じゃない。

そうだとも、もうやめよう、下らないゴチャ混ぜの妄想もだ。今日は最悪の日だったなんてありふれた書きだしで、此処でうっぷんを晴らすなんてバカげてる。

ああ、どうせ誰かに聞いてもらいたいだけだし、最悪ってのは盛り過ぎ。

それに、毎回最悪なんて言ってたら、何が最悪かわからなくなる。冷静になろう。できるだけでいい。

だから冷静に考えてみて、今日の僕は最悪じゃなかった。

そういえば、朝目覚めた時はそうでも無かった。ああ、そうだ。今朝は目覚ましピッタリにめざめて、いつもよりはやおきをした。睡眠は久しぶりに快調だったし、歯もしっかり磨いたし、会社からもらった雇用保険の用紙もばっちり準備していた。

たしかに仕事はクビになった。

2020年の始めから始まったウィルス騒動のせいで僕は仕事を失った。

それでも最悪じゃないってのは、これが僕だけじゃないからだ。

経済が停滞し、誰もが怯えて金を使わなければ、僕みたいなやつはゴロゴロとで出ている。偉い人が僕らに命じるのは、手をあらい、うがいをして、ステイホーム。まるで利口な犬みたいに、給付金という餌を出すまでずっと待てを命じられている。それだけだ。

コメント