渓流でスピナーベイト投げたらメチャクチャ釣れた話

スポンサーリンク
ブレード系

今回は予想外にも渓流でスピナーベイトでヤマメを釣っていた話ですよ。

渓流で使うルアーは、他の釣りに比べてかなり限られたものになります。

ミノー、スピナー、スプーンが基本であり、それ以外のルアーというのは渓流で使うイメージはまったくありません。

しかし、渓流もやり続けていれば、誰もが思うことがある。

なんか、もっと色んなルアーを使ってみたいという欲望が

というわけで、先日渓流で100gのメタルジグを投げたら2mのヤマメが釣れたαトラウトです。はい大嘘です。

そんなもん渓流で投げるのはクマが出てきた時だけだし、そもそも渓流ロッドじゃ投げれません。

でもね?

もうそんな狂ったことをしてしまう位、時折思うことがある。

渓流ルアー、ちょっとマンネリしちゃう時があるじゃないかと。

いつだってミノーを投げてトゥイッチしてると、もう飽きちゃうことあがる。

巻きたい!もうたまにはガンガン巻きの釣りをしてみたい!

スプーンとか、スピナーじゃなくて、もっとマジな巻物を巻いてみたい!

というわけで、なぜか渓流で巻物の代表格、スピナーベイトをぶん投げてしあったお話です。

スポンサーリンク

スピナーベイトで釣るつもりが最初はミノー投げてた

その日出向いた渓流は、ボッサボサの川。

今年は殆ど訪れて居なかったポイントですが、毎年やけにヤマメがいるのでトップウォーターを投げて色々と釣りをしていた場所でした。

しかし今年は一度も訪れることなく夏を迎えてしまった。

じゃぁそろそろ釣りに行ってみるかとスピナーベイトをタックルボックスに入れて朝方に入渓。

けれど、気が付くとミノーをラインの先に結んでいる。

もう怖い、渓流アングラーの自分が怖い。

ああ今日はスピナーベイトを投げようと思っていたのに、気が付いたらシンキングの45㎜を結んでいる。

そしてフリップで張り出した草はの隙間にミノーを投げ入れ、そこからトゥイッチ。

もうこれをやれば釣れる。

そうに決まっているという定番の攻め方に、ついつい逃げてしまう僕。

そうさ、ミノーを投げてトゥイッチさえすれば、誰だって釣れるのが渓流なんだ。

と思ったら、これが全然釣れないんだな。

ミノーで攻めても全然釣れずスピナーベイトにチェンジしたら

ミノーをトゥイッチしとけば渓流魚は釣れる。

そう思っているのは僕だけじゃないはず。

なんせ、どこで、誰を見ようが、みんなミノーを投げてトゥイッチをしてるんだから、とりあえずソレをやっときゃ釣れるにきまっている。

しかし、この日はまったく違いました。

ぶっちゃけ、ミノーを投げても全然ダメだった。

いやもうね?本当にこんな事があるのか?っていう位に釣れませんでしたね。

それこそ普通のシンキングじゃなく、ヘビーシンキングも投げたし、フローティングも投げたし、ドクターミノーのジョイントだって投げました。ラパラも投げた。スカジットデザインズも投げた、アンリパも投げた。

けど、一匹も釣れない。

釣れたのはグイウーパイセン一匹だけ。

しかも、ただの落ちパクですよ。

僕「マジで何なのコレ・・・もう怖いわ・・・」

とミノーで一匹も釣れないことに恐怖すら沸いてましたね。

なんせ、このポイントは魚が居ない訳じゃないんですよ。

むしろヤマメに関しては密度は凄まじい位だし、ニジマスだって少しは居る。ウグイだって山ほど出てくる。

だから今まで一度だってボウズは無い、とくに夏場は信じられないくらい魚がルアーにアタックしてくるのが当たり前だったんですよ。

それが、ウグイですらバイトが見られないなんて、まったく予想してませんって。

で、折り返し地点までやってきてもノーヒット。

ウソだろ・・・こんなことあるのかよ・・・

と、最後に絶対釣れると信じて投げてたドクターミノーのジョイントを引きずりながら、とぼとぼと渓流を逆戻りしていきました。

そこで、ようやく僕はルアーケースからスピナーベイトを取り出したんですよ。ラッキークラフトのエリアスをね。

コメント

  1. ばんぱく より:

    ここまで活用してくれれば贈ったかいがあったというもの。ヨカヨカ