渓流トップウォーターで釣る時のコツとかおすすめアイテム

スポンサーリンク
未分類

ほんとうに機嫌が悪いときは、それ位ぶちぎれそうになる。それくらいバイトミスが多い。マジでやばい。

でもね?それでも滅茶苦茶水面に出てくれるから、ぜんぜん楽しめるんですよ?同じバイトミスっていっても、水の中と外じゃ視覚的な迫力が全然違うから。

でも、さすがにもう乗って?おねがい

あれ?もしかしてお金?お金でなんとかなるかな?

と言いながら、やっぱ無課金じゃだめかーと水の中にアップルカード3000円分入れてみたんですけど、全然ダメでしたね。なんだこのクソアプリゲー。

スポンサーリンク

なんで渓流魚はトップに乗りにくいのか

というわけで、いくら課金しようが相手にボコられるクソFPSアプリゲーなのが渓流トップウォーターというもの。

じゃぁなんでそんなに渓流魚が乗らないのか?といえば、それには大体3つの理由が考えられます。

理由1:魚の口が小さすぎる

まず第一に考えられるのが、魚の口が小さすぎることです。

トラウト類は積極的にルアーに反応する魚ながら、基本主食は虫。大型化するまで魚を食うことはなく、イワナやヤマメに至っては一生魚を食わないやつもいます。

そのため、当然ながら口は小さくできている。

これがトップウォーターのプラグに乗りにくい理由です。

いくらルアーが小さくても、ルアーごと吸い込んでくれることはなく、あくまでフックしか口に入らないのがヤマメやイワナというもの。

そのせいで、水面にボウンと出てくれても、ルアーの真横に食ってきたりしたら、もうぜったいフッキングしません。

2・ルアーを吸い込まないから

続いてトップでフッキングしにくいのが、ルアーを吸い込まないからですね。

まず、トラウトはルアーを吸い込んでいくというよりも、突進して食いつくスタイル。

エラも小さく、水を吸い込んで、餌ごと思い切り行くという魚が、まぁトップウォーターには向いてるんですね実際。

実はこの間、トップウォーターで魚を釣る時に、バイトミスしている魚をチェックしていったんです。

その中でも、最もトップに反応して出て来る「落ちパク」のパターンで、凄まじいバイトミスが起きている。

じゃぁ、撮影した動画を見てみよう、ってことでスロー再生でチェックしていったんですが、その大半が。

水ごとルアーを吹き飛ばしていったんですね。

ようは、魚が飛び出してきたとたん、浮いているルアーが水の壁にはばまれて遠くにフキ飛んでるんですよ。

トラウトだってトップに出る以上、そこで捕食してるのは当然です。

けど、彼らが水面で食ってるのは基本虫。そんなに吸い込む必要もないし、大きく口を開ける必要もない。水面にむかっていって、パクっと咥えちゃえOK位に考えてます。

けれど、プラグに対して突進した時、浮力が高いものに対しては、もう口で吸いこんでルアーを水の中に引き込むしか上手く食えない。

まぁそんなもんトラウトも食ってないから、いつも通り突進するけど、口に入る前に、そのまま水圧でルアーを吹き飛ばしてるんです。

だから、だいたい見てると水圧で吹き飛ばしてる。水面に出た瞬間、もうルアーが水に押されて飛んでるから、絶対口に入ってくれない。

まぁとにかく、彼らは虫以外のものをトップで食うように口が出来てないんですよ。

大型魚になると、口も大きくなって多少はルアーを咥えやすくなるんですが、そうでもない渓流のヤマメやイワナは水面にでて派手なアタックでトップに出ても、まぁまぁ水圧で吹き飛ばされてフッキングしません。

3・アップクロスでトップウォーター動かしにくい

そして最後が、流れの上流側に向かってなげるアップ・アップクロスではトップウォーターを動かすのが結構難しいという点です。

これはもう、コツをつかむとしか言いようがないし、むしろ動かさずに放置っていう手もあるんで、無理やり動かす必要もありません。

しかし、動かさないと反応しない渓魚も結構いるので、やっぱり動かしたほうが反応は確実に良いでね。

虫と認識して食ってくれる時は良いんですが、そうじゃない活性が低い時にはトップにぜんぜん出てこなくなるので、動かしたほうが反応は当然良い。

けれど、水面に浮くルアーを渓流の中で動かすのって結構難しい。なんかうまくスラッグが出せずペンシルが動かないなんて当たり前で、ポッパーだってろくに動かせない時も多いです。

渓流でトップに魚を食わせるためのコツ

はい、じゃぁもう渓流でトップは無理ゲーですね僕もう絶対トップをやりません。

とかキッズがDコンタクトをもって渓流に行く気配を感じたので慌てて言わなければなりませ。

ちょっと待て、Dコンを置いて話し合おう。

いいか、たしかにトップウォーターは難しい。

けれど、トップウォーターが難しいといっても、ほら、僕釣ってるじゃない?

ね?だから、ここだけのはなしなんだけど。

コツあるのよ、これが。

いい?本当に誰にも言って欲しくないんだけど。ほんとうに、ここだけのはなし。このブログのこの記事を見ている貴方と僕との秘密ってことでよろしくね?ほんと?おねがいね?

落ちパクは無視して追わせろ

まず最初のコツは、渓流ではオチパクは無視して

なにがなんでも追わせろです。

渓流では落ちパクを狙う人が結構いますが、これはルアーによってはフッキング率が地獄と化す。理由は上記の通り。

で、追わせると結構バイト率が上昇するんですよ。

理由は簡単で、魚がよくルアーを狙って、斜め後方からバイトしてくれるからなんですよ。

ルアーが落ちてきたとき、渓魚は餌だと思ってすぐさま上昇しルアーにアタックをしかけます。で、これが渓流で一番反応が良いのも知ってます。

コメント