渓流トップウォーターで釣る時のコツとかおすすめアイテム

スポンサーリンク
未分類

けど、その時はかなり下から、水面に向かって急上昇してルアーに突撃してくる。

こうなると、ルアーをただ水圧で突き上げて終わりってパターンがとても多い。しかも、あっちも狙いが定まってないから、ルアーに的確にバイトしてくれない。

けれど、追わせたらどうなるか?

すると、魚は真下ではなく、ルアーの後方にちゃんと付いてくれる。

こうなると、魚はちゃんとルアーを目でおって、食うタイミングを見張らい、いまだというところでバイトしてくれる。

つまり、ちゃんとルアーを食ってくれるんですよ。

しかも、魚はルアーの後方から追ってくるから、水面に対しても斜めに出るから、水でルアーを押しにくい。

おまけにここが一番重要なんですが。

チェイスしてきた魚は、ルアー本体じゃなく、動いてるフックを狙ってくるんです。

さっきも言ったとおり、ルアー本体にバイトしても、渓流魚は口が小さいからあんまり意味がありません。スレ掛はありえるけど、口にはかからない。

だから、良く見て、狙って、ピラピラ動くテール側のフック目掛けてバイトしてもらえるほうが、確実にバイト率が上がる。

これを知っているかどうかで、渓流魚のトップウォーターの釣果はガラリと変わります。

どうやって魚をトップに追わせるのか

それじゃぁどうやって魚をトップウォーターに追わせるのか?

方法は二つあって

・アクションをさせて追わせる

・動かさずドリフトで追わせる

の2パターンです。

まずアクションを掛ける方法ですが、使うのがポッパーや小型ペンシルなら、普通に連続でトゥイッチ掛けてください。

アメリカじゃロッドを立ててポップRを連続トゥイッチさせて釣る「ジルローランドスタイル」なんてものがありますが、まさにそれを渓流でやることです。

そんな連続で水面で動かして釣れるの?放置とかじゃなくていいの?

と思われるかもしれませんが、これが一番魚のチェイスを誘えます。マジです。

こいつが有効なのは、狭い渓流で、ドリフトさせる川幅がないようなポイント。

僕が良く行く渓流もけっこう狭いんですけど、直アップでなげて、着水と同時にトゥイッチをかけ、ドッグウォークやテーブルターンを連発します。

すると、まぁ魚さんがガーっと後ろからおってきてくれる。背びれを見せて追うこもあるような、しっかりとしたチェイスです。

で、やる気ある子からテールフックにガーンとアタックしてくれるんで、小さい渓流じゃ一番確実にフッキング率を上げれると実感してます。

これが蝉系のルアーでもおんなじで、アップで投げてちょいちょいトゥイッチかけつつ巻いて誘っっていく感じ。

こっちから攻めのアクションで、より渓流魚の攻撃性を刺激するようなトップゲームを展開する方法です。

で、続いてドリフトです。

多少川幅があるなら、これが一番ですね、まじで。

ようはクロスになげて、ルアーを下流へとくだらせる。これだけ。

こいつで一番向いてるのはシケーダーですね。ラインのテンションがちょっと掛かってればペコペコ動いてくれるし、その微妙な波紋がトラウトにきっちり効果を発揮します。

ただし、シケーダーは小さなトラウトにはきつい。

そこで、小型のペンシルやポッパーもおなじようにドリフトさせつつ使います。

で、このドリフトの何が良いかって、魚がルアーを追いかけやすいことですよ。

アップで投げてアクションを掛けると、流れより速くルアーが下っていきますが、ドリフトなら流れと等速になる。

だから、魚が追いやすい。

あと、落ちた虫とかを捕食する魚にとって、渓流で自然に流れていくルアーは結構見切りにくいというメリットもあります。

まずルアーが落ちたところで反応、そこから流れにのって下っていくルアーをゆるーっと追ってきて、そこでバイトしてくれる。

クロスで投げれる川幅があるなら、なにもせずルアーをただドリフトさせるだけできっちりバイトしてくれることが多いです。

ただし。

流れがあまりに遅いところでヤマメやイワナ相手にコレをやると、まぁまぁ弾かれます。残念ながら。

あくまで流れがあり、ドリフトしていくルアーを魚がちゃんと追ってから食ってくれるような環境でないと進化を発揮しないので、もし流れが遅かったらテンションを軽くかけてルアーを横切らせてやったりしましょう。

スポンサーリンク

フッキングは遅れ気味でOK

そして肝心のフッキングですが、渓流のトップウォーターでバラシがちな人はだいたい。

あわせがクソ速いです。

普段別の釣りでトップウォーターをやってればそうでも無いんですが、渓流だけやりすぎていると、とにかく合わせで失敗する人が多い気がしますね。

なんでトップは遅アワセが良いか?

それは、目で見て魚がバイトした瞬間に合わせても、ぜんぜん魚がルアーを咥えてないからです。

渓流でミノーを動かして、竿先にアタリが出たと同時にフッキングをする。これに慣れた人でも、トップでは竿先に重みが乗る前。つまり、水面が割れた瞬間にビックリアワセをしてバラしがちです。

なので、まず一呼吸置きましょう。

コメント