今年の雷魚&雷魚のラスト釣行はボウズだった話

スポンサーリンク
北海道釣行記

てなわけで、今年最後の雷魚とナマズ釣行に行ってきました。

いやーしかし、今年は思ってたよりもこの釣りはできなかった。

というか、釣り自体去年よりも行く機会が全然減ってしまったというか。

まぁ就職してみたり、また自営に戻ってきてしまったりで、なんかもう色々ありすぎて釣りどころじゃなかったというか。

ともかく、もう時期的にラスト釣行。

笑っても泣いても、結局これがラストなαトラウトです。もう一回!もう一回だけやらせて!

とか思ってたんですけど、もうどう考えても、あとはトラウトシーズンになるし、ナマズ&雷魚はどんどん釣れなくなるだけなんで、限られた釣行の中でこなせる釣りじゃなくなります。

てなわけで、とりあえず今年最後の雷魚釣行の様子を記しておく事にしましょう。

スポンサーリンク

久々のナマズ&雷魚沼に到着

てなわけで、本当に久しぶりにナマズ&雷魚の沼にやってきたわけです。

とりあえず、今年はこれで釣りたい!とわめいていたペンシルベイトのサミー。

それと、先日もらった初代バスライズに、魔改造をほどこした鱒レンジャーの組み合わせで挑戦ですよ。

まぁね、これで釣れたら本当に嬉しい。

というか、初夏位にはナマズもバコバコ出てきてたし、この時期になる前に使ってれば、絶対入魂できてたのになぁ・・・

とか思いながらも、まぁ仕方がない。

とりあえず釣りたいタックルで釣るのが僕のナマズ釣りなんで、スプールの回転がマシになった初代バスライズをギュンギュンいわせる。

しかし釣れない。

いやもう、まったくナマズの気配すら感じないというか、さすがにもうスレ切ったのか?

とは思いつつも、一通りペンシルで攻められそな所は順番で打ち込んでいく。

で、キャストは前回よりもなんとか上達しているっぽい。

やっぱり、地道に家の庭で練習を繰り返したかいがあった気がする。ただエラーが治らないストレスで発狂して庭に飛び出しただけだけど。

しかし、バスライズの特訓によりキャスティングが前より上手くなったとしても、ナマズからの反応は一切なし。

前回試した時はチェイスだけは一度確認したけれど、どうやらペンシルのお時間は終了してしまったようです。

てなわけで、ペンシルで釣れないなら、潔くあきらめて、次は雷魚だ。

とばかりに、今度はクロスフィールドの怪魚ロッドとアンバサダーに切り替え、生い茂るカバーエリアにフロッグを投げまくることにしました。

投げるフロッグは、スミスのグロッサ。

これも今年の雷魚用に買ったのは良いけれど、投げるチャンスが無くて使えなかったやつです。

で、こいつを投げてみると、うん、すごく良い感じ。

水草の間を綺麗に抜けてくるし、投げた感じも気持ちい。

僕が大好きなウィップラッシュファクトリーのコマネズミは、もうしこたま雷魚とナマズを釣っていて、すでにボロボロ。そろそろボディが破れそうだから、来年はこのグロッサを投げ倒して釣れたらいいなぁ。

とか言いながら、何度もキャストする。

やっぱりフロッグをアンバサダーで投げるのは気持ちい。

このタックルもそれなりに使いこんで、飛距離も出せるようになってきて、なんかよさがわかってきた気がする。

特に普通のベイトと違って、後半の伸びが最高に気持ちいい。シンクロがブレーキになってるから、遠心をオフにしてキャストすると、シュコーっとスプールが最後まで良い感じに回り続けるのが、他のリールには無い快感を与えてくれる。

とかいって、なんかもうキャスティングだけしにきた変な人みたいだけど、釣れないともうこうなるよね。うん。僕だけじゃないって信じたい。

で、とにかくキャスト。

歩きながら投げつつ、雷魚が出てくれれば有難い位に思いながら、ラン&ガンをしていく。

で、それからあっというまに終了。

それから今日も仕事があるので、朝方の道を家に向かって帰っていく。

なんか出勤中のねむたそうな車が沢山いたりするけど、僕は釣りを終えて家路へと向かうのは、なにかこう、変な優越感があるな。

とか思いながらジョーオリを飲みながらハンドルを切ってみるけど、そもそもボウズなのだから、優越感もクソもない。

ああ、釣れなかったなぁ、これで今年ラストかぁ。

けどまぁ、仕方ないな、そんなもんだよなぁ、釣りなんて。

今シーズン最後のナマズと雷魚を終えて

てなわけで、今年最後のナマズと雷魚釣りはこれにて終了です。

あー最後はボウズかーあーくそー。

とか言いながら家に帰ってきて、それから朝ごはんを準備して、パソコンの前に座り、作業をはじめる。

で、今日も色々ある。

金にならない仕事の他にも、買い出しにも行かなきゃいけないし、家の補修のための材料も買いに行かなきゃいけない。ああ面倒だ。なんでこんなことやってるんだろうか。

なんてボヤきながらその日も過ごしていましたが、ナマズと雷魚釣りにそこまで行けなかったのがなかなか悔しかったですね。

本当はもっと行ってたのですが、まぁ、土台スケジュール的に無理だったというか。

そんな悔しさがあるけれど、とにかくあとは来年。

本当はやるはずだった新規開拓もできなかったし、もらったルアーも全部使えていないし。

とにかく去年と違って、今年の雷魚とナマズは悔しいことばかりだったんで、来年の釣りにつなげたいですね。

あ、でも。

今年ははじめてナマズの夜釣りにチャレンジしましたよ。

それでバコバコ出てきて、「あわわわなんの音?これ何の音?」とか凄いテンパってたんですけど、なんだかんだで、なんか去年より明らかにデカいナマズが釣れて、フックもおられて、まぁ凄いことになて。

で、それからも、なんか寝れない夜に「あーもうナマズ釣りいこう」みたいなノリで、たまにナマズを釣りに行っては、暗闇の中でバコンバコンとなる音にも慣れて、ナマズを釣ってましたねぇ

まぁこのあたりで夜釣りできる魚とかそう居ないので、その点ナマズは有難い。

来年も夜釣りでナマズを狙ってこよう。うん。

今シーズンの後半はトラウトへ

ナマズと雷魚は今年は終わり。

じゃぁ何やるのかって、そりゃトラウトに決まってます。

今年は忙しいこともあり、朝方にちょろっと近所に釣りに行くのが限界なんですけど、それもトラウトだけは釣りたい。いやマジで。

できれば本流も通いたいけど、メインはやっぱり渓流。

ヤマメにアメにニジマスあたりを色々なルアーで釣りたいです。はい。

あとはまぁ、やっぱり秋の渓流って好きです。

涼しくなるのもあるし、魚もやる気すごいし、風景もすごくきれい。渓流の紅葉って、やっぱり特別ですから。

あとは、今年使ってないルアーがいっぱいあるから、それも試したい。どんな動きするんだろうとか、気になって仕方ないのが沢山あるんですよね。

てなわけで、ボウズで終わったナマズと雷魚釣りと、今年の残りのシーズンについてのお話でした。

コメント