ラパラのCD5(カウントダウン5cm)は投げるとなんか楽しいルアー?

スポンサーリンク
ミノー

今回はラパラのCD5、ようはカウントダウンシリーズの5㎝だけについて語るという非常にマニアックな記事になります。

ラパラのルアーといえば色々とありますが、僕が行く渓流ルアーフィッシングで良く使われるのが5㎝以下のモデルです。

で、僕が良く使うのはCD3、F5、CD5の3種類。

でまぁCD3もF5についても書いてきたのに、なぜかCD5については書いてなかった。

ていうか、ぶっちゃけラパラのカウントダウンシリーズでは5㎝はあまりになんというか

「いや、別に語る必要もない気がするわこれ」

と思っていて、ブログで書こうって気すら起きなかった。それくらいの名作。

いうなれば、いまさらタイタニックの話をしたりだとか

スターウォーズの話をするとか、そういうレベル。

いやいやもう聞き飽きたから。もう映画見なくても内容わかるから。

っていう感じでしたね。

ですが、なんか最近ちょっとCD5について語ってみようかなって気になったので、ふとした休憩時間を利用して今一度この名作ルアーについて振り返ってみようと思います。

スポンサーリンク

ラパラのCD5とは永久の定番ミノー

CD5とは、ラパラ伝統のカウントダウンシリーズの5㎝モデルです。

カウントダウンシリーズについてはいずれ詳しく記事を出そうと思いますが、今回はこのCD5だけ。

いや5だけって、おまそんな記事とか書けるの?とか思うじゃないですか?

ですがね、僕にとってはCD5はまぁ色々と書くことが多々あるアイテムでして

それだけでブログ一個作ろうか、専門のYouTubeをやろうかなどと思ったレベルですハイマジで。

でまぁそんなこと言ってたら何時もどおり記事が長くなるのでささっと概要から説明しておきましょう。

全長5㎝のラパラ伝統のシンキングミノー

全長5㎝の小さなボディに5gのウェイトを詰め込んだバルサ製シンキングミノー

CD5のスペックを見ると、今では完璧なヘビーシンキングミノーといわれるジャンルなんですが、実際はそうではありません。

というか、カウントダウンが出た当初はヘビーとか関係なかったというか。

そもそもね?

このルアーが出たのは60年代なわけですよ。

それから今までずっと形も重量も変わってないわけだから、いまさらこのルアーをヘビーシンキングとかファストシンキングとかに分類するのはおかしな話ですよね。

さらにいえば、最近の小型プラグの5gと、CD5の5gではキャスタビリティもフォール速度も全然違うんです。

現代の5㎝5gの小型ミノーというのは、そりゃもう完全に「ヘビーシンキング」っていう名前が付けられるレベルでフォールが速い。それこそストーンと落ちてきますよ。

でも、CD5の場合はそこまで速くない。そもそもバルサのボディ面積が結構あるまるっこい形(これがカワイイ)をしているものだから、浮力が高い。だからそこまで沈みません。フォールだけでいったらシンキングです普通に。

そしてキャストについても、現代のヘビーシンキングほど飛びません。

だからどうしてもこいつを「ヘビーシンキング」と呼ぶのは如何なものかと思ってます。僕的には普通のシンキングだと思ってもらったほうが誤解が無いと思います。

なので、渓流で使うっていう人は、これでボトムをしっかり取れるとか無いです。

ただ、ベイトフィネスで使う分にはかなり扱いやすいです。なんせ5gありますからね。

飛ばないとはいうけれど、初速で十分にスプールを回転させられるんで、キャストはかなりやりやすいですよ。

ラパラのCD5はライトゲームでとりあえず巻く

このルアーの使い方は至って単純。

なげて、ただ巻く。基本はそれですね。

とにかくただ巻きで良く動き、どんな速度でも確実に動く。

ということを考えて作られたシンキングミノーなんですね。

でもね?

いや、なんでそんなただ巻き特化型?

って最初僕は普通に思っちゃったんですよ。

コメント

  1. 房総貧釣 より:

    CD1のインプレをしてください!
    お願いします!