ファインテール・エデン50S/Hは激安ハイクオリティミノーなのか?開封レビュー【メジャークラフト】

スポンサーリンク
ミノー

それが、メジャークラフトの新ルアー「ファインテール・エデン」

その50Sと50Hの2タイプを買ってきたので、実釣前にひとまず購入レビューを書いていこうと思います。

激震のファインテールエデン

なぜ僕がファインテール・エデンにを2021年最中目のルアーとしたのか?

それは渓流ルアーを極めつくし、あらゆるミノーを見てきた僕の審美眼をもってして、このルアーは明らかに異質だと感じたから───ではなく

ただ圧倒的に安いからです。

ええそうですよ!お店はじめたからなんかお金とか儲けてるんでしょ?とか思ってるでしょ?思ってるでしょ?道北貧釣はもう道北富釣になってると思ってるでしょ?zん

んなわけねぇから!!

お店の設備費とか!コロナの対策費とか!なんか色々ミスって買っちゃった商品とか!

慣れないお店の営業をはじめたせいで!ぜんぜん利益とかでてないから!

──そういうことですよ。

驚くべきことに、道北貧釣は、いまだに貧釣のまま、つまるところ貧乏。

くそ!いつまで僕は貧釣なんだ!

いいかげん富釣に進化させろよ!誰だよ僕の進化をキャンセルしてるやつは!いつまでコイキングで居なきゃならないんだよ!さっさとギャラドスにさせろよ!破壊光線うたせろよ!

とか、現状から逃げ出そう「跳ねる」を繰り返している貧乏人。

そんな僕にとっては、やはり安いルアーはいつだって神なわけです。

そこにきて、メジャークラフトが新しく出してきたエデンは、なんと驚くべきことに。

定価880円なんですよ。

しかも、メジャークラフトが出してきた、めちゃくちゃ立派な渓流ミノーが880円?

今まで僕が愛用してきた渓流激安ミノー界の神、ダイワのシルバークリークが970円。

それよりも100円近くも安いルアーが登場して、なおかつ。

なんか見た感じ凄まじく良いやつなんですよ。

これもう渓流ルアー界隈に激震が走ったのは間違いなく、僕が見る限り、今年の渓流ミノーとして多くの人が購入しているみたいですね。

スポンサーリンク

エデンのクオリティが恐ろしいほど高い

てなわけでこちらがメジャークラフトのエデン。

なんか50Sと50Hの2種類が同時に発売されたので二つとも買ってみました。

で、ネットで見て一応買ってはいましたが、実際に見て驚いたのは。

なんか全然880円のクオリティじゃないってことですね。

ぶっちゃけ、これを1300円で売ったってみんな買ったんじゃないか?

いや、1000円とか、950円で売ったってみんな買ったんじゃないか?

なのになんでこれを880円で売れたのか?

大丈夫なのか?これ利益とかちゃんと出るのか?すごい心配!なんか最近お店とか始めたから安いもの見ると利益出てるか不安でしょうがないんだけど!?

とは思ったものの、最近お店を始めた新人の僕とは違い、こいつは天下のメジャークラフト。

てことは、そりゃちゃんと儲かるように作ってるんでしょうが、にしても安い。

エデンといえば、あの創世記に登場するアダムとイブの理想郷、エデンのこと。

その証拠に、ルアーの上部には知恵の実を示すリンゴのようなマークが描かれています。

これが何を意味しているかわかりませんが、このレーザーチャート系のヤマメカラーはめちゃくちゃ綺麗。アダムとイブがいたエデンレベルとは言わないまでも普通にね。

特にに立長パーマークを採用したのはわかってるなというか、蝦夷身が深い。

うんうん、いいよこれで880円ってのは確実にお得。

ほんと言っちゃなんだけど、これスミスだったら1500円で売ってたわ。いやマジで。

メジャークラフトが本気で日本で売ってきたミノー?

なんかデザイン的にも良いし、値段的にも良いし、なんか何一つ損しなそうなミノーであるエデン。

ただ、よくよく考えてみたら、実はこのルアー。

メジャークラフトが日本国内で初めて販売したプラグなのでは説が浮上してきました。

コメント

  1. 熊ごろー より:

    いよいよもって1,000円前後の価格帯の渓流ミノーも群雄割拠の戦国時代の様相を呈してきましたね。
    いい時代になったとつくづく感じます。

    バス用のサターンワームなどで有名なビバも『プエラノ』というミノーで参戦するようです。
    http://www.vivanet.co.jp/h_viva/h_puellano.html

    さっそくいくつかカラーを行きつけの店で注文したので、GW前に入ればな…なんて思ってます。