渓流フリップキャストはスピニングが最強ということを熱く語る

スポンサーリンク
渓流ルアーHOWTO

これは渓流におけるキャスティングがスピニングのフリップキャストだと主張する、道北に住む渓流アングラーの主張です。

渓流用のタックルといえば、今や時代が持て囃すのはベイトフィネスタックル。

いや、かういう僕も渓流ベイトフィネスにはお世話になっている、それはもう信じられない位。

それほど今のベイトフィネスタックルは渓流というフィールドに向いている。と、感じているのは僕だけじゃないでしょう。

手返しが良く、低弾道で、しかもピンポイントにルアーを入れられる。

それが誰でも簡単に出来てしまうベイトフィネスこそ、今や渓流での主権を担うタックルになっている。

しかし、ここで僕はあえて声を大にして言いたい。

渓流最強はベイトフィネスを使ったキャストではない!

スピニングタックルのぉおおおお超絶技巧ぉおおおおフリップキャストだということをぉおお!!

スポンサーリンク

サンシャイン貧釣によるスピニング・フリップキャスト講座

スピニングタックルを使ったフリップキャストの動画

というわけで、今回はハイテンションに解説していこうとおもうんですけどぉおお!!!わたくしぃ!!!道北貧釣がぁあああフリップキャストノぉおおスピニングのぉおお解説をおぉおおさせてもらおうとおもいますぅうううフゥゥウウウウウ!!!

ちなみに私のアコムのカードの暗証番号はぁああ87560!ヤナゴロォと覚えてくださぁああいいい!!

はい!という感じでたらお客さんが全員帰りましたね。

ほんと帰らないでほんと!やめて!ほんとやめて!冗談だから!ごめん冗談なんだよ!

といってもあとの祭り。そんなもんです人生は。仕方ないことはあきらめましょう。

でまぁ今回はアコムのカードに暗証番号なんか無いというブラックなお話ではなく、渓流ルアーフィッシングにおける最強キャスト「スピニング・フリップキャスト」について詳しく解説していこうと思います。

ちなみに前回鱒レンジャーを使ったフリップを紹介しましたが、こちらは普通の渓流用カーボンロッドを使ったキャストになるので、汎用性は高いです。

でまぁ、なんで僕がスピニングのフリップキャストが渓流最強だと言っているのか?

じつは、このキャストをやることで、手持ちのスピニングタックルがベイトフィネスを超える性能を発揮しはじめるからです。

恐るべきキャストアキュラシーと飛距離を両立させるスピニング・フリップキャスト

僕が渓流でスピニングタックルを使うのは鱒レンジャーだけではありません。

というか、鱒レンを使い始める前は当然カーボンだったし、今でもカーボンのスピニングも使います。

で、そっちでも当然フリップキャストを多用していています。

なぜかって、このキャスト方法を覚えてしまうと、逆に他のキャストが使えなくなるから。

いや、バックハンドやフォアは使いますけど、出番が少なくなる。

だってスピニングのフリップキャストは、弾道もホドホドに低い上に、飛距離もでやすく、おまけに超高精度のキャストが可能。

それゆえに、鱒レンジャーのようなグラスソリッドだけでなく、カーボンロッドでもフリップを多用しています。

まぁ実際のキャスト方法は動画を見てもらったほうがわかりやすいので、ここではスピニング・フリップキャストを僕が渓流で多用する理由なんかを書いていこうと思います。

アキュラシーが高い上に飛距離も出る不思議なスピニングフリップキャスト

僕がやるスピニングのフリップキャストは、ベイトのソレとは大きく違います。

ベイトのフリップキャストというのは、ロッドティップを下に振り下げ、ルアーを下から放り出すように投げるもの。超低弾道かつ高い精度を誇る投げ方であり、見た目もかなりカッコイイですね。肩があがって、肘が大きく動いて、ロッドをすごい下に振るの、なんかめっちゃカッコイイ(語彙力)

一方、僕がやるスピニングのフリップキャストは、そもそもロッドを下に下げることがありません。

ロッドは前方に構えた状態から、あくまで竿先を上下に振るだけ。

だから、肩もあがらないし、肘も大きく使わない。

で、ベイトのフリップを良く使う人は思うでしょう。

「そんなんでフリップできるわけ無いやろ」と

しかし、スピニングの場合は、まじでコレで投げれてしまうんですよ。

しかし、弾道はベイトほど低くはありません。やろうと思えば足元からも撃てますが、主に使うのは腰の位置から打ち出すような軌道。

これでまっすぐ打ち出して、そこからゆるゆると落ちていくところで着水。

そういうキャストでピンポイントを撃っていくってのが、僕のスピニングフリップキャストです。

なんで楽な姿勢でフリップキャストができるのか?

動画を見てもらえばわかる通り、僕のスピニングのフリップキャストはあくまで自然体です。

肩も上がらなければ、肘も大きく動かない。

たぶんスピニングであろうとフリップキャストをやる人は、ベイトとほぼ同じように、肩をあげて、肘を大きくふって、結構頑張ってキャストしてた人が多いでしょう。

でもね、スピニングにはそれは必要ないし、やってもあんまり意味ないんですよ。

まず、スピニングは超低弾道でフリップするメリットって殆どない。

そもそも、ベイトが超低弾道で撃てる理由って、スプールの回転があるからなんですけど、スピニングにはそれがない。

だから、超低弾道で撃つには、ひたすら初速を上げるバックハンドやフォアのサークルキャストしかできない。

けど、このキャストは精度を出すのが難しい。

なんせ初速が鬼速いから。

ショートキャストが多い渓流でこれを使いこなせるのは、運動神経や動体視力が良い人がひたすら練習してようやくって感じなんです。

コメント