渓流ルアーはPEラインを選んどけば最後は得をする

スポンサーリンク
超コラム

さて、渓流ルアーフィッシングをやろうって方の中には

「ラインっていったい何を使ったらいいの?」

と思ってる方もいるかもしれません。

実際僕も渓流をはじめる時に、ラインを何にしたら良いか悩んでネットで色々調べましたよ。

で、その時にはだいたい「好みで良いです!」という、初心者が一番困る記事しか無かったんですね。

「好みも何も、こちとら初心者だからね?好みとかそもそも無いからね!」

と憤慨してから数年、そろそろあの頃の自分と同じ渓流初心者向けに記事を書くとしたら

もうPEライン使っとけ、それでもう良いから、リーダー付けて使っとけ!

ということだけを書く記事ですからレッツゴー!

スポンサーリンク

渓流ではスピニングもベイトもPEラインが主流

渓流のルアーフィッシングで、今一番使われているのがPEラインですよ。

てかPEラインって何よ?っていう人もいるでしょうが、簡単に言うと

「めっちゃ強い紐みたいなライン」

と思ってもらえればいいです。他のラインが透明でプラスチックを使ったものが多いですが、こいつだけ紐です。

で、特徴は細くてしなやかで、めちゃくちゃ引っ張り強度が高いこと。

同じ太さならナイロンの3倍以上は引っ張り強度がある。

こいつを渓流で使う人がとても多い、とくにベイトを使う人はPE以外は淘汰されたレベルです。

まぁなんでPEがメインなん?って話を後でするとして、まずはセッティングについて解説です。

渓流で使うPEラインは0.6~0.8号が中心

渓流で使われるPEラインは0.6号から1号が中心になります。

ヤマメ、イワナを中心に釣る本州の渓流アングラーは0.6号

中流域や、北海道で渓流をやる僕みたいなアングラーは0.8号

本流でCR区間で0ビッグトラウトを狙うアングラーは1号以上を使うってのが相場になってますね。

ちなみに僕は0.8号をメインに、時々0.6号のPEを使ってヤマメやイワナ、ニジマスを釣ってますよ。

渓流のPEはリーダーを必ず使う

渓流ルアーフィッシングではPEライン+ナイロンorフロロのリーダーを使うのが定番です。

リーダーというのは、メインラインの先につけるラインで、長さは1ヒロ(腕を広げた位の長さ)が良いとされてます。

この長さを基本として、あとは自分の釣りに合わせてリーダーを長くしたり、短くしたりしてベストな長さを探してください。

使うリーダーは最初はフロロがおすすめで、ばらしが多いならナイロンにチェンジしてください。

ちなみに号数ですが、ヤマメやイワナ相手なら8lb、ニジマス以上の魚が居るなら10lb以上を使うのが安全です。

ちなみに北海道では10lb以上のリーダーが基本で、僕もそう。

ビッグトラウトが居るエリアなら、どんな小渓流でも間違いなく10lb以上を使いましょう。

なお、リーダー無しの直結はマジでやめたほうがいい。

シナッシナのPEらいんがフックに絡みまくるので、必ずリーダー付けてください。

なお結束はFGノットかFCノットを使うとトラブルレスですが、めんどくさかったらファイヤーノットとかでも大丈夫です。

なぜ渓流ではPEラインが主流になったのか?

正確に言えば、べつにPEじゃなくても良い。ナイロンでもフロロでも渓流ルアーフィッシングはできます。

ただ、フロロもナイロンも使った結果、結局僕がPEラインを渓流で使うようになったと同時に、多くの人がPEに落ち着いたのは、当然理由がある。

まぁ一番の理由は「トラブルが減るので、楽になる」

てのは大きい。

いや、べつにラインに限った話でもなく、使う道具の移り変わりなんて、だいたいコレ。

まぁ、そんなこと考えずに

「いやもう黙ってPE使っとけホントいやホント!」

レベルでPEにしとけと思うんですが

一応説明はしとこうと思います

渓流ベイトフィネス機はPEラインを巻くのが前提みたいになってる

まず現在大流行中の渓流ベイトフィネスですが、これに関しては

9割以上がPEラインを使ってる。

ていうかナイロンとフロロを渓流ベイトでメインラインにする人皆無すぎて草

っていう感じなんですね。

なぜかといえば、渓流ベイトフィネスをやる上でスプール重量をとにかく軽くしたいから

スプールは1g軽いだけで世界が変わるとすら言われているのがフィネスの世界なので

これをナイロン、さらに重いフロロなんかでスプール重量を重くしたくない!ってのが一つ

コメント

  1. より:

    こんなお粗末なラインしか使っていないんじゃもったいない
    国産の質のいいライン使ってみるといいよ