渓流ルアーはPEラインを選んどけば最後は得をする

スポンサーリンク
超コラム

これがナイロンラインの4lbとか6lbとかだと、逐一傷をチェックして、魚一匹かけたらラインを20㎝くらい切らないと安心できない。

実際、高いナイロンを使えば安心だと思ってたところ、一発で6lbをラインブライクした僕は、一回の釣行で20メートル近くのラインを切る羽目になりましたからね。ほんと辛いよ。

それくらべて、今は10lbや8lbのリーダーなので、多少傷があった位でラインブレイクなんて事にならない。

それどころか、こまめにラインをチェックする回数も以前より減らせる。

ただ、PEは傷に弱いので、もし枝にひっかけて傷つけたらリーダーを外して結びなおすとOK。

これはとてもありがたいというか

ぶっちゃけ渓流って岩とか倒木が多いから、本当は10lbクラスで釣りしないと、普通にやってられない。安心してやるなら、最低でも8lbは欲しいよ。

けど、使うルアーが軽いもんだから、仕方なく6lbとか4lb使う

だからPEに太いリーダーを付けてやるっていうのは、ラインブレイク対策としてはかなり合理的なんです。

スポンサーリンク

スピニングは巻癖が付きやすく糸ふけが出やすい渓流ではPEは感謝しかない

続いてナイロンに比べてトラブルが格段に減るのが、巻癖が付かないこと、糸ふけが出やすいという渓流スピニングの辛い問題ですよ。

6lbくらいのナイロンラインは巻き癖がつきやすいのと同時に、糸ふけがビョンビョン出るラインになります。

それがベイトならまだしも、スピニングになると致命的なトラブル。

つまり、スプールの中にラインが巻き込まれる現象につながるわけです(ゼ〇ンじゃないぞ)

これが本当にきつい、渓流でのナイロンってのは釣行一回でラインが傷だらけになり終わる以前に、この巻癖で使用不能になることが多い。

だから、僕がナイロン使ってた時は釣行一回で巻替えるのが普通。

シャロースプールを使っていたから30mほどで済みましたが、それでも毎回巻替えるのはしんどいし、コスパも悪すぎる。

だってトラブルが怖くて高いナイロン使ってたから、100メートル巻き1200円が3回釣行で消える。

当時は毎日のように渓流にいってたから、一週間でラインをまた購入する羽目になる。

金も無い僕がコレを続けるのは当然無理なわけで

PEからナイロンに戻った時「あーこれは無理、さすがに無理ゲーだわ」となったんです。

そうなんですね。

たしかにナイロンはトラブルが少ないんですが、細いナイロンってのは渓流では基本トラブルの権化なんです。

ラインスラッグが出まくるミノーイングをやるし、そもそも流れの上流側にルアーを投げてアクションをかけるので、糸ふけやら糸ヨレが出まくる原因になるから、そらスプールに糸も噛むし、巻き方も安定しないから、ももり現象(糸ダンゴ)も早々に出る。

それを「巻替える」ということで補っているんですが、一回でもそれをやめると、悪魔のラインに早変わりするんですね。

だから、僕は一瞬でPEに戻ることを決意しましたよ。

だって、PEラインは150メートル1800円で売っていたとしても、巻癖が一切付かないんですから。

だから傷がついてカットはしても、釣行一回で全てを巻き替える必要がない。

つまりお金を掛けてトラブルを回避していたナイロンよりも、圧倒的低コスパでトラブル回避が実現するんですよ。

渓流PEはロングリーダー化で巻癖を恐れずナイロンのメリットを使える

しかし、PEはバラしやすい、おまけに根ズレにも弱い。

わけなんですが、じつはこれはリーダーを長めにとることで回避できます。

これを太いPEと12ポンド以上のリーダーでやると結束部が邪魔して厳しいですが、渓流だとロングリーダー化しても、たいしてトラブルなく使えるのが強い。スピニングは特に。

で、やっぱナイロンがいいーなー、でも巻癖やだなーって思う

蜘蛛の巣くっつくしなー、あとロッドに絡まるしなー

てね

じゃぁね

ナイロンリーダー5m以上とっちゃえば良いんです。

これ何をするのかって

ようはルアーを投げて出るぶんのラインの大半を、ナイロンにしちゃうって作戦なんですよ。

この場合10lbとか使えません、ぜんぜん飛ばない。

使うのは6lbとか、8lb。

これ何が良いかって、実釣に使ってるのはナイロンだけど、スプールはほぼPE

つまり、巻癖によるトラブルがまるで起こらなくなるんですよ。

だってメインラインはPEですから、スピニングのスプールからボワ!っとラインがあふれることはない。

けど出てるラインはナイロンだから、蜘蛛の巣もとりやすい、あとティップにもからみにくい。

これが渓流だと案外よくて、とくに小さい渓流でナイロンの特性を使いたいときには便利。

投げた時に出てるラインの半分位ナイロンだと、もはや

釣るのはナイロン、スプールにはPE。

って状態になるから、これがスピニングでは一番トラブル無いですね。

ただし、傷は当然つくんで、強引なファイトは禁物。

コメント

  1. より:

    こんなお粗末なラインしか使っていないんじゃもったいない
    国産の質のいいライン使ってみるといいよ