渓流ルアーはPEラインを選んどけば最後は得をする

スポンサーリンク
超コラム

普通にナイロン使うレベルで傷をチェックしなきゃいけません

あと、ガイド小さいと結束部がぶち当たるから気を付けてね

あと渓流ベイトだとバックラ防ぐにも良いですね。

スポンサーリンク

ティップに糸が絡まったりする

渓流ではエアノットはそんな起きないんですが、やっぱりPEラインがティップに絡まる現象はどうしても起きますね。

ただ、最近のロッドはほぼPEライン用のガイドを装着しているので、そもそも絡みにくい。

メーカー側も渓流ルアーはみんなPEでやるから、そりゃ付けますよね。

で、僕はガイド交換してない鱒レンでもPEを使うんですが、僕の感想だと

「まぁ絡んでも大したことない」

というのが率直な意見でして。

ぶっちゃけ絡んだせいでロッドがへし折れる!みたいなことは、渓流ではないです。使うルアーも軽いしね。

蜘蛛の巣がからみやすいPEライン

あと渓流PEのデメリットとして、蜘蛛の巣が絡みやすいってのがあります。

いや、ナイロンでもフロロでも蜘蛛の巣は絡むんですが

絡んだあとに取りにくい、それがPE。

なんで、もう蜘蛛の巣やべーんだけど、ってなったらPEは面倒だからナイロンでええわーって人も結構いますよ

PEラインはシリコンスプレーで復活できる

で、PEは使ってるとコーティングが取れてトラブルを起こしやすくなりますが

シリコンスプレーを使えば一時的に復活します。

ホームセンターで売ってるので、こいつを一本買えば、あとは釣行の前にシュっとしてやればOK

ラインを交換することなく、トラブルが

金が無ければ一回渓流でPEライン試してみてね

てなわけで、メイラインをPEにしてしまえば、あとはリーダーの種類、長さ、太さを変えることにより、様々な状況に対応できるようになります。

そして、とにかく金が掛からない。

リーダーを交換するだけで、PEラインのは交換しなくてすむから、ぶっちゃけ

1年や2年交換無しで使うひとも多いいるからね、僕じゃないからね、ほんと僕じゃないから、マジでちがうから。

ちなみに最近はシンキングPEなんてのもの出てきて、よりトラブルレスに渓流で使える!なんてモデルもある。ぶっちゃけ浮いちゃうPEより、水なじみの良いほうが有難かったりするから、僕も試してみたい。

ちなみに僕はラパラのラピノバX一択でずーっとやってますが、8ブレイドより4ブレイドのほうが細いラインはやっぱり良いかも?

てなわけで渓流にはPEライン選んどけば、結局あとで得をするって話。

金がないやつほど渓流はPEですよ!

コメント

  1. より:

    こんなお粗末なラインしか使っていないんじゃもったいない
    国産の質のいいライン使ってみるといいよ