Tバド(マルヨシ限定カラー)で道北のナマズ釣ったら病みつきになる

スポンサーリンク
トップウォーター

さてさて久々のナマズ関係の記事、そしてザクトクラフトのTバドについて。

今年はお店を初めて色々と忙しいこともあり、なかなかナマズ釣りには行けてませんが、それでも釣果が無いわけではない!

とりあえずバラシ1釣れたの3匹という、とっても少ないながらも一応はつっている道北のナマズアングラーことαトラウトです。ナマズ釣りてぇええ!!

ナマズはね、良い魚なんですよ。

そのうち詳しく書きますけれど、北海道という土地にとって、ナマズというのはアングラーにとって癒し通り越してゴッドレベルの魚なんで、ほんと頻繁に行きたいんですよ、ほんと。

けれど、僕の住む地域ではナマズがいるところが限られているし、ぶっちゃけ渓流のほうが近いし、まぁなかなか釣行を重ねられないでいる──まぁそっちのほうがナマズにとっては有難いだろうけど。

しかし、今年頂いた「ザクとクラフト・Tバド」というバド系のルアーを使うと、滅茶苦茶にナマズが反応してくる。ナマズさんごめん、これは使い過ぎたら皆釣っちゃうかもしれないわ。

スポンサーリンク

Tバドでナマズを釣った動画も作った

動画っていっても真夜中で撮影できてないから感想などを
ちなみにこれは頂いたやつ・・・ありがとうございます。釣ったよTーBUD!

ザクトクラフトのTバドというルアーを使ってみた

それでまぁ今回使ったのはナマズルアーで有名なザククラフトから発売されているTバドなるルアーですよ。

とはいいつつ、やっぱザクトクラフトといえばセニョールトルネードかな?

でもナマズ系としてのほうが最近僕は注目してるから、もうナマズ系でいいっすか?

でね?

Tバドっていう名前からして、当然バド系のルアーなのはわかる。

けど、ずいぶんとズングリとしていて、おまけに丸くて重い。

僕がナマズ釣りに愛用しているヘドンのビッグバドに比べると、手に持った時にズシリと来る感じ。

おまけにリップがアルミ板になっているし、ぱっと見た感じ

「ビッグバドの強化型」みたいに見えましたね。

でまぁこれがナマズ釣りをするアングラーに大人気なアイテムらしく、ユーチューブでも使っているのを何度か見たことがあるし、知り合いも使ってる。

ただ、実釣前までは

「ほう・・・これがTバドかぁ・・・」

てな感じで使う前は愛らしい外見を嘗め回していた位で、ほんとうにそんな釣れるの?ザグナ位釣れんの?と訝しんでいたものの、実釣ではビッグバドとはまったく違う、ナマズ専用のパワーを目の当たりにしたのです。

Tバドのスペックはこんな感じ

T-BUD
ルアーメーカー、ザクトクラフトの公式HPです。セニョールトルネード、バズボール、オゴジグ、オゴペン、ザグナ、Tバド、おちぱっくん、など管釣りからソルトウォーター、トラウト、バス、ナマズまでをターゲットとしたルアーを製造販売しています。

T-BUD(Tバド)はザクトクラフトが販売するナマズ用ルアー

かと思ったら、こいつはバス用としても売ってるみたいですね、それは知らなかった。

【スペック】

全長:60mm

重量:20g

アルミ製のリップを搭載し、テールにはブレード。

フックは即ナマズに使えるバーブレスを搭載しています。

僕はスプリットリングを増やすチューニングをやってますが、バーブレスのダブルフックに交換する人も多いですね。

カラーは様々なものがあるんですが、派手目なものが人気なのか、僕の知っている人はだいたい黒ピンクとか、ボーンカラーとか、ファイヤーパターンとか使ってますね。

Tバドの実力がとんっでもない

てなわけでナマズ釣りに行ってきたのですが、とりあえず最初にピカチュウをぶん投げて反応がないので、すぐさまTバドにチェンジ。

なかなか重量があるので、僕の使ってる鯰レンジャーだとティップがグニョーンとなるものの、投げれないわけではないので投入。

おお、結構飛距離が出る。

さすがに重量がるので遠投が効く。ビッグバドじゃこんな飛ばないぞ。

でまぁとりあえずただ巻をしてみると、ガポガポという音ともに盛大なラトル音が聞こえてくるわけで

何も見えない暗闇だろうが、完璧に動いているのがわかるのがすごい。

しかし音がでかい。ここまで音のでかいトップウォーターを使った事が無いので、若干ビビりながら使う。

大丈夫だろうか、この騒音。

いくらノイジーっていっても、これはさすがに五月蠅すぎるし、さすがのナマズもキレすぎてルアーに襲う前に警察とか呼ばれてないだろうか?

「すいません!なんか!水面がめちゃくちゃうるさいんですけど!注意してきてもらえます!?」

とか言ってサツにガチギレ通報してないだろうか?

という、今までと全く違う緊張感に包まれながらルアーを動かしていく。

すると、音の感覚から巻き速度に対してルアーが動き過ぎていることがわかりはじめる。

あれ・・・もっとスローのほうが良いのかな、こんな速度で動くの?

と思い巻き速度を落とすと、騒音が安定してきた。今度はルアーの動きが安定してきている。

と思った時、暗闇の中からバカでかい水音が。

直後、ラインにテンションが掛かる。

──これは乗った・・・!

そのままリールを強めに巻くと、ずっしりとした重み。

釣りあげてみると、真黒なナマズがTバドのテールフックを咥えていました。

いやー気持ちいバイト。

ゆっくり巻いて、そこにズドーンと乗って釣れるのは滅茶苦茶楽しい。

こうして僕に「簡単にナマズが釣れる」という成功体験をくれたTバドは

Tバドの素晴らしきキャスト性能とネチネチとした攻め

今回使用した頂き物のTバドは、北海道のナマズ釣りの聖地と言われている岩見沢のフィッシングショップ・マルヨシさん限定カラーのもの。

ちなみにノーマルはノンラトルですが、こいつはラトル入りモデルのハイアピールタイプ。

広い場所を夜間に探るような時は、たしかにこいつは良いですね。

とにかく良いなと思ったのが、ネチネチと攻めれるところ。

スローリトリーブにしっかり対応しており、ゆっくり巻いてナマズに食べやすく動かせる。

ナマズって捕食が下手だから、はやく動かすとノリにくいけど、これくらい遅く巻いて動くバド系なら、そりゃナマズも釣れちゃいますわ。

さらにテーブルターンやキックバックといったバド系の基本アクションも得意としている。

おすすめはキックバックらしいので、今度釣るときはやってみようかな。

それからリップがアルミ製なのは凄く安心感がある。

元は用水の護岸にぶつけても壊れないようにアルミリップになってる。

ただ、僕が行くところだと金網だとか倒木だとかが多くて、夜間にルアーが突っ込んだ時にすごく良い。

だって、固いストラクチャーに絡まったのを力いっぱい引っ張ると、その勢いでリップとか羽根が折れることが良くあるから。

実際これでジッターバグ系のカップを一個、羽モノの羽根を一個破壊しちゃってますからね・・・

その点、リップが絡まった時、金属製なら勢いよく引っ張っても壊れないのがマジで有難いです。

Tバドを使えばナマズが根こそぎ行ける気がする

てなわけでTバドでナマズを釣った!って記事だったんですけど

ザクトクラフトのザグナと並んで、このTバドもナマズ根こそぎ系ルアーだなと思いましたね。

ほんとにナマズ釣りでユーザーが「欲しい!」って機能を盛り込みまくってるから、これだけあればナマズ釣りはマジで十分ってレベル。

次も気を許したら、きっとTバド投げちゃうんだろうなぁ。

釣れるとわかってるから・・・いや、でも他にも頂いたナマズ用ルアーがあるし、そっちでも釣らないと・・・けどなぁ・・・これ釣れるわ・・・うん・・・間違いないもんなぁ

コメント