中華ベイトフィネスで渓流が案外イケちゃった話【SABRE DX101】インプ編

スポンサーリンク
リール

今回は中華ベイトフィネス機・DX101を使った渓流ルアーのインプレ記事を書いていきますよ。

前回DX101の購入レビューと試投げに関する記事を書きましたが、さすがに6500円だけあってヤバいリールだなと思ってたら、思ったよりも軽いものが投げれるという驚愕の結果にたどり着きました。

しかし、それはあくまで障害物の少ない場所での結果。

管理釣り場や海ならこれで良いでしょうが、僕がやってるのは足場が悪く、狭く、ストラクチャーだらけの渓流ルアーフィッシング。

つまり、オープンエリアで使えるからといって信用はできない。

渓流で使ってみないと、中華ベイトフィネスの性能はハッキリとしない!

てなわけで、今回は中華ベイトフィネス機の渓流インプレッションということで、近所にある渓流へとテストに行って参りました。

スポンサーリンク

中華ベイトフィネスDX101を持って渓流へ

てなわけで中華ベイトフィネスDX101を持って入渓。

いやね、こういう丸型そもそも使い慣れてないし、ぶっちゃけ普段使ってるどのリールよりも重いから。いやこれ大丈夫か?渓流でイケるんか?と不安だったのは間違いない。うん。

ちなみにテストで使用使うタックルは以下の通り

【スペック】

ロッド:鱒レンジャーnextCT40

リール:SABRE DX101

ライン:ラピノヴァX カモフラージュカラー 0.8

リーダー:ファイター ナイロン10lb 

糸巻き量は30m程度で、毎度いつものセッティング

これで渓流で使えるルアーを色々と投げながら、その性能をチェックしていこうと思います。

最初はイッセン45sで投げてみると

一番最初に投げたのはイッセン45s、重さは3.7g

ちなみに今回使ってるルアーは全部シングルフック化+スプリットリング0番や1番にしているので、メーカースペックよりも軽くなっているのであしからず。

イッセンもベリーフックを外してるので、実際は3.5g以下だと思ってください。

で、実釣のほうですが。

これはまったく問題ないレベルで投げれます。

飛距離の方も渓流では問題ないし、フリップ、バックハンド、フォア、どれも普通に投げれる。

僕が普段使うアルファス air TWと比べると快適さレベルは落ちますが、それでもコントロールが悪くなる感じは無い。もうちょいレベルワインダーが遠かったら良かったとは思うけれど。

でも、イッセンがこのレベルで投げれるのは割と凄い。

実際渓流でこれ以下の小型ミノーを使うのってそうそう無いし、メーカーでも出してる数が少ない。

基本は3~5gってところだから、これが行けるなら、大半の渓流ミノーは投げれる計算が成り立ちます。

続いてF5で中華ベイトフィネスの限界チャレンジ

もうイッセンが投げれる時点でヘビーシンキング系をテストする意味もない。

ほんとは躓くポイントだと思ってたのがあっさりクリアされてしまったので、どうしたものかと持ってきたルアーを眺めていると、やっぱり見つけてしまったよね

ラパラ・オリジナルフローティング5cm.・・・いわゆるF5。

渓流で使うルアーの中ではおそらく最も投げにくいとされるのがF5。

コメント