釣り場のゴミを拾ってお金を稼げるかサスティナぶってやってみた(実践編)

スポンサーリンク
未分類

今回はゴミ拾いをしてお金がどれだけ稼げるのかユーチューブを使って実験してみる記事です。

釣り場のゴミ問題は年々深刻化していますね。

コロナによるアウトドアブームで、一気に人口が増えた釣り場では釣り初心者達がゴミを捨てるせいで漁港や野池などの立ち入り禁止が増え続けています。

まぁね、ただでさえ密な状況を裂けるべきなのに、一か所に人が集中して、しかもゴミまで出しまくってたら釣り禁も当たり前ですね。うん。

しかし、そんな状況を打破するためには、釣り場の清掃を行うしかない。

ただ、それを無償で行うボランティア系アングラーに任せるのは、僕は何か違うと思う。

ってわけで、自分でゴミを拾うだけで一体幾ら稼げるのか、今回ユーチューブを使って実験してみることにしたのです。

スポンサーリンク

釣り場のゴミを掃除して幾らお金が稼げるのか?

そもそも釣りをお金に変換するというのは、僕のような貧乏アングラーにとっては必然というか。

働いても働いてもお金にならない状況なのが貧乏人ってもんだし、そんなストレスフルな環境だからこそ釣りという現実逃避がしたくなる。

けど、金が無ければ釣りができない。

だからこそのブログやユーチューブなどの収益可能なサービスを利用して釣行記録やレビューを行う。

ようは、釣りの資金は釣りで稼ぐわけですね。

これにより趣味の時間とアルバイトを同時に行い、高い時間的コスパで貧乏人でも釣りを継続可能にするサスティナブルな環境を僕は作ってきました。

じゃぁ、この環境を使ったら、釣り場のゴミ拾いも金になるんじゃないだろうか?

そもそも貧乏だし?最近お店も暇だし?ネット乞食で何とか頑張ってるわけだから、乞食なら乞食らしく、ゴミでも拾って金稼いでこよう!ってわけです。

しかしねー ゴミなんか拾って金なんか稼げるのか?っていう疑問があるというか、そもそも釣り動画って別に生活費まるまる稼げるほどの代物じゃないし、僕なんて弱小ユーチューバーですからね。

けど、想像だとゴミ拾いで1時間、編集で1時間、合計2時間の労働だとしても、時給1000円位はいけるんじゃないか?と思い、動画を作るためにゴミ拾いに行くことにしました。

そもそも釣り場のゴミを善意にまかせっぱなしでいいの?

まぁ前から思ってたんですけどね

世の中無料でやるってことは、それなりに大変なんですよ、ほんと。

たとえばこのブログに関してもそう。Twitterやインスタでも一緒だし、noteとかでも一緒。そのサービスの運用費は必ずかかってるからね。ふつう金がかかる。読む前に、そもそも投稿するだけでもお金が必要。

じゃぁなんで利用者は一円もはらってないの?っていえば、そりゃ広告費用があるからですよ。

そう、みなさんがウザイーウザイー行ってるあの広告。

あれが無かったらまともなサービスなんてネット上に一つも無いと思ってもらって良いです。利用者数十億人のSNS?ないない、絶対無理だからねあんなの。せいぜい自前のサーバーでマイクロブログ運営するのが関の山です。ばか高い電気料と通信料払いながら、誰かがボランティアでやってくれる?いやいや無いからね、寄付金運営のウィキペディアだって今や経営難で無くなりそうなんだから。

そう、世の中無料なんてない、やっていたら、それは人の善意だってこと。それなりの労力と、苦労をお金ももらわずにやってくれる、すばらしー人たちですよ。

でもね?その善意に頼りすぎてんのが、釣り場のゴミ問題なんじゃないかって僕は思ってるんですよね。

だいたい、ゴミ拾うって相当キツいじゃないですか。

汚いし、クサいし、時間だってかかる。おまけにゴミの処理費用だってかかる。だいたい分別できない代物だらけだから、ゴミの処理で一番お金の掛かる埋め立てになると思うしね。

それを無料で続けるのは素晴らしい。なぜ素晴らしいのか?それは時間、労力、資金というあらゆるコストを無視してやっているからですよ。

でね?

そのコスト、いつまでゴミ拾う人間は無視し続けなきゃいけないの?って話。

そもそも出さない方法を考えるべきなんだけど、それが出来ないからゴミを拾うしかない。

けど、釣り場のゴミは減るころまで、あと何年?

それまで釣り場は釣りボランティアが無償でゴミ拾い?

それが素晴らしいのは彼らにとって誉め言葉だろうけど、褒めるだけではい終わりってさ、それって人の善意に甘えすぎだと思うんですよ。

で、それを無償でやるのが当たり前だっていうのは論外ですよ。

それは自分の出したゴミを自分で回収するまででしょ?不特定多数の出した、わけのわからん不衛生なゴミを片付けるの当たり前って思ってるやつは、完全に甘えてるよね。これが続くなら釣り場はあらゆる意味でブラックだと思うのよね。

じゃぁ有償でやるっていっても、それってどこからのお金なの?

税金?それだけはダメだね、釣り場に税金投入なんかしたら、近隣住民ガチギレですもん。

じゃぁどこ?協賛企業?いやそんなの普通の人間に出るわけないし、釣り具屋が定期的に?それってどの程度の頻度でやれるの?っていう感じですが

そう、ゴミを拾って、金にできる一般人がいるとしたら

アドセンスで金もらってる釣りブロガーや釣りユーチューバーなんですよね

まぁそりゃ釣りをやる人間がみーんなゴミ出さないってのは理想だけど、今現在頻繁に釣りに行って、おまけに釣り場の清掃で金が稼げる人間って、こいつらしか居ないんですよ。

普段釣り場が荒れるからーとか、場所晒すからーとか、色々言われている釣りユーチューバーですけど、ゴミ拾って金になる一般人なんてマジで彼ら位しか思いつかないわけ。

つまり、ボランティアじゃなくて、ちゃーんとバイトとして釣り場でゴミを拾ってこれる僕らがゴミを拾って、そいつを金に換えていければ良いんじゃないか?

と思い、今回のゴミ拾いをやろうと思ったわけですよ。

近所の釣り場に行ってアルバイト感覚でゴミを拾ってくることにした

てなわけで、近所の釣り場に行ってゴミを拾ってこようって思ったんですけどね、ボランティアじゃないです。ガッチガチのビジネスです。はい。

しかし、僕が行く源流とか小さな支流って、ゴミほとんど無いんですよね。だって釣り人来ないから。

なので、今回ゴミ拾いをするってことで下流側にある有名なポイントに行くことにしましたよ。

場所は名寄川。

本当に久々に行ったんですけど、やっぱり入渓しやすい場所だけあってゴミが落ちてるだろうなーとね。

で、釣り場に到着して気合を入れ、さっそくゴミを探すことに。

「草の根分けてでもゴミを見つけ出してやるぞぉお!!」と気合十分なんですけど。

まぁね、もうここまでくると、釣り場を綺麗にしようっていうより

「ゴミ拾って金にしてやるぞぉお!」っていう気持ちのほうが強いからね。

ほんとカッコ良さゼロだから。ただの金の亡者だから。

いや、ここまで貪欲にゴミを拾おうとするアングラーは過去にも例を見ないと思うんですけど、前述のとおり、やっぱりゴミ拾いだって金が絡めばやる気が出るってもんですね。人間って浅ましいね!

でまぁ生活ごみのようなゴミ一袋を見つけた時、中がグチャグチャで最悪で、普段だったら絶対触りたくない!となってたろうけど、この日は収益が掛かってるから。

「金のため金のため金のため金のため!!」と頭の中で呪文のように唱えて一気にビニール袋に包んで車に詰め込みました。

ほんとね、金のためなら人間ある程度の汚いことならヤレてしまう。いや、ほんと気持ち悪いもんは気持ち悪いけど、それでもイケるからね。やっぱりゴミ拾うならお金だよお金。

その後、さらに下流の人気ポイントに入ると、やっぱりゴミがある。

ここではマヅメのウェーダー(定価30000円位が割引で19000円になってたやつ)のゴミが捨ててありましたね。ほんと何時からそこにあったかわからないけど、だいぶ劣化してたけど。

でもね、そんな良いウェーダー履いてるのに、そのゴミをその場に捨てるとか、ちょっと普通にカチンときましたよね。

こちとら金もないから5000円のウェーダーを必死に修理して2シーズン使ってるっていうのに、マヅメの定価30000円のウェーダー履いてるやつはゴミを投げ捨てて良いんですかー?えー?嫉妬心+アホさに頭に血が上りすぎて、この世のマヅメのウェーダー使い全てに絶対ハゲ散らかす呪い掛けるところでしたからね?ほんと勘弁して?

あとね、環境保全のためにやってるはずの魚類を調査する人たちのゴミとかも、ほんとやめてね。

たぶん魚につけるマイクロチップの袋だと思うんだけど、ぽーんと捨ててあったからね。

これはね、釣り人以上にアウトな代物だから。おじさんマジで気を付けてねって思うね。

とまぁ色々あって、とりあえずゴミ拾いを終了。

一応ゴミを拾って綺麗にした場所では、

問題は、このゴミ拾って幾らになるのか?ってところですが、実際に拾った時間はおよそ1時間。

さらに動画の編集で40分以上は使ってるんで、最低賃金でも1500円は確実に欲しいところですよね、ええ。

まぁ僕程度の人間が1500円をゴミ拾いで稼げたら、そりゃもうたいしたもんです。

で、一応収益はYoutubeのみとして、ブログの方は計算には入れません。

釣り場が綺麗になったのは結構気持ちが良かった

まぁ収益に関しては、しばらくしてから一体幾ら稼げたか報告するとして。

とりあえず、釣り場を綺麗にするのに金のパワーは絶大だなと感じましたね。

これボランティアだったら、僕みたいなクズは絶対やらないからね。あんな汚いの触りたくないよーとか言ってるから。

でも、金が掛かったら全然違うから。

おーっしゃぁー!って勢いでゴミ探すし、めちゃくちゃゴミ拾う。もういっそのこと僕の前にゴミを誰か捨ててクレ位の勢いで探すからね。あ、ごめんマジで捨てないでね。いや、目の前で捨てたらそれはそれで金に(以下省略)

あとはねぇ、なんだかんだ罵詈雑言並べてゴミを拾わないと!なんか動画的にも良いでしょ!

って思ってたけど、実際に拾ってたら、ナチュラルに罵詈雑言が出てきたよね・・・ほんと、演技でやるつもりだったけど、結局全部心の声がただ口から出てたダケだから。釣り場のゴミを本格的に拾うと、あんなにイライラするもんだと思わなかったよね。

まぁそれも金のパワーでなんとか乗り越え、集めたゴミを見た時は、なんというか・・・そう、達成感みたいなものがあった。

あー綺麗になったなー

これで釣り禁とかもならんだろうなー・・・っていう安心感もあったね

まぁゴミを拾うのって、ほんと金でも貰わなきゃやってられない位キツいし、そもそもゴミ捨てるのにも有料ゴミ袋代金とか必要で、ほんとボランティアでやってる人は偉いなって思う。

けど、本来こういうのって、ちゃーんとお金もらってヤルべきことだと思う。僕だったら絶対金もらえなきゃやらないよ?たったコレだけのゴミ拾いでも、かなりシンドイから、メンタルもだいぶやられるから。

だからねぇ、ゴミ拾いでYoutubeに動画あげれるやつとか、なんかメディアから金もらえる奴とか、もしくはブログ運営である程度収益出てるやつとかは、やっぱりゴミ関係のコンテンツ作っていった方が良いと思うよ。

それが社会貢献になる以前にさ、こういうしんどいの、ボランティアにやらせてたらダメだって。

ゴミ拾って金もらえるポジションに居るやつが率先してやってくべきだなと思いました。

それに、ゴミを拾ってアーだコーだ悪口言われてたら、捨てる奴も居なくなるでしょ?あ、ここに巣てたらまたアイツがきてブツクサ文句言ってくるなー・・・みたいな。

そうじゃなくても、やっぱゴミ捨てちゃいけないな!って思うやつも増えるだろうしね。そんな良い人間ばっかり居てくれればいいなーっていう、甘い期待もあるわけです。

あと、ゴミ拾ってブログとか動画やっとけば、その釣り場行くやつで、共感してくれる人とか出てくるかもしれないし。今度はその人と一緒にゴミ拾いすればいいと思うしね。

なんにせよ、またゴミ拾い動画を作っていくし、これで金を稼げるのかやって行こうと思います。

にしてもマヅメのウェーダーは許せん!!

コメント