【中華リール】渓流に全然似合わない激安ベイトフィネス機のインプレ【DEUKIO gbs200L】

スポンサーリンク
リール

今回は例のゲーミング中華ベイトフィネスリール、デウキオを渓流で使ってきたインプレです。

しかしまぁ、こんなドギツイカラーのリールを渓流で使うなんて、もうだいぶヤバいなと思うαトラウトですよ!ギュンギュン!

まぁね、もう僕レベルになっちゃうと、まともなリールなんて使ってられない。名作映画ばっかり見てると次第に飽きてB級映画にハマりだす人といっしょです。まぁハイエンドなんて持ってないけどね!

でも、たぶん中華系リールに手を出す人の心境って、ほぼコレなんだと思うんですよね。もちろん安いってのもある、うん、てかソコ重要。

このデウキオも送料込みで5000円、つまり本体なんて3000円クラスっていう超激安リールなんですけど、こんなリールで渓流なんて行って大丈夫か不安になりながら、ようやく釣りに行けるタイミングを狙って実釣テストに行ってまいりました。

スポンサーリンク

渓流でドぎつい中華ベイトフィネス機を実釣

てなわけで、とある日の午後に一時間ほど渓流で中華ベイトフィネス機「デウキオ」の実釣をしてきました。動画もあるのでご覧ください。

で、ブログのほうでは結論から書いていきますけど。

渓流には地獄のように似合わないのに、なぜか普通に使えてしまう

けどなんか、メカニカルとかドラグとか緩む

というわけで、なんとも微妙という感じですよ・・・

渓流で使えるルアーはだいたい投げ切ってしまう

このデウキオ、見た目はヤバイんですが、ベイトフィネス機に一番求められる

「軽量ルアーを投げ切る能力」

に関しては、特にもう文句とかないです。てか、この値段でよくここまで投げたなと褒めたくなりますね。

まず5g位のヘビーシンキングは普通に投げれる。

4g位のシンキング系ルアーも投げれる

それじぁと投げた、ラパラF5(3g)なんですが、これが思ったより投げれてしまったんですよ。

このルアー、ひたすら飛ばないで有名だし、現在愛機となっている中華ミリオネアでもまともになんて投げれない代物。

ところが、このデウキオは結構いい感じに投げてますね。

とりあえずブレーキはやっぱり弱いものの、まだまともに動くレベル。

それとスプールがシャフトレスってのも効果があるみたいで、重量のわりには快適な立ち上がりを確保してくれますね。

しかし、バックラがまったく無い!ってわけでもなく、スプールが走りすぎることもある。

あと2㎜ほどスプール径が小さくなってたらいい感じだったのかなー、飛距離的には良いのかもしれないですけど。

ちなみに2.5gのスプーンなんかも使いましたが、これも普通に使えます。

てなわけで、そもそもF5を普通に投げてるんで、そりゃまぁほぼ投げれます。

ドラグとメカニカルが緩いのが結構な難点

普通に渓流でルアーを投げるという点では、かなり優秀な中華ベイトフィネス機なんですけど、やっぱりデメリットもあります。それが・・・

・・・メカニカルとドラグがなんか緩い

メカニカルが緩いってのは前回の試し投げでもお伝えしてましたが、実釣ではなぜかドラグまでも緩むことが判明しましたよ。

ドラグがなぜ緩む原因は、たぶん回す時の抵抗が軽く仕上がっているせい。

コメント