【ピットブルG5】渓流でシンキングPEはどうなるのか?【レビュー&インプレ】

スポンサーリンク
その他レビュー

今回は渓流でシンキングPEを使ってルアーを投げたり動かしたりと、レンビュー&インプレをやってきたので、その結果をご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

シマノのピットブルG5というシンキングPEを渓流で使ってみた

なぜ渓流でシンキングPEを使うことになったのか?

というと、ライブ配信で「シンキングPEって実際どうなの?渓流で使えるの?」と聞いたら、実際に使っている人がいて、その人が自分が使っているPEを送ってくれたんですよ。

それがシマノのピットブルG5

たしかに、僕もシンキングPEといえばコレを良く目にしていたけど、実物を見るのは初めて。

というか、そもそもシンキングPEって何なの?状態でしたよね。

シンキングPEとは沈むPEライン

シンキングPEとは、ナイロンよりも沈み、フロロよは沈まないという、絶妙な比重に設計されたPEラインのことです。

従来のPEラインは水面に浮ため、全てのラインで最も比重が軽いと言われた代物。

ゆえに、ボトムを探るような釣りではラインがまっすぐにならず、ルアーにアクションが掛けずらいどころか、ルアーの沈下を邪魔するなどの弊害がありました。

しかし、それでもPEをボトム系に使う人が居たのは、なんといっても細く、強度が出やすく、長持ちするという、PEラインの利便性があったから。

そこで、そいつを沈めることにより、ボトムを探るような釣りでも使えるまでにしたのが、このシンキングPEラインです。

ちなみに今回も釣り動画を作っております。

あんまり参考にならないかもしれませんが、一応見てくださいね。

シンキングPEのメリット

シンキングPEのメリットは、なんといってもラインが重いことですよ。

渓流ではこの点は完全なメリットとは言い切れない部分が多いですが、ルアーの沈下姿勢をナチュラルにしたり、浮きにくくしたり、操作性やフッキング率をあげることができそうです。

キャスト時にラインが風に煽られない

まず最初のメリットは、キャスト時のラインのたるみを減らせることです。

PEラインは本来、風にめっぽう弱いライン。ショートキャストがメインの渓流では大した影響はないですが、本流や湖、海でやるトラウトフィッシングでは風にラインが煽られ、そのままティップに絡まる現象が起きます。

しかし、比重が重いシンキングPEは煽りに強いため、よけないなラインが出ず、なおかつティップに絡みにくい。

これはPEラインを敬遠していた人にとって嬉しいメリットといえます。

フォールがよりナチュラルになる

PEラインは水に浮くライン。

それゆえ、どうしてもルアーの沈下を邪魔してしまいがち。

しかしシンキングPEであれば、ナイロンよりも沈むため、ルアーのフォール姿勢と速度がよりナチュラルになると考えられます。

一応、渓流ではフロロやナイロンのリーダーを使うので、小さな渓流ならリーダー部分の沈下で十分ことは足ります。

ただ、20m近いキャストをし、なおかつ水深のあるエリアを探るとなった場合は、やはりシンキングPEのほうが有利ですね。たまーにある凄い深いところとかね。

ルアーが動かしやすい&アタリが取りやすい

浮くPEラインはボトムまでルアーを沈めても、浮き上がろうとするラインのせいで弛みが出来てしまい、ラインとルアーがまるで直線にならない。

ところが、シンキングPEの場合はラインが沈むため、ルアーから竿先までより直線に近くなり、魚が引っ張った時の感覚が素早く伝わるメリットがあります。

同時に、水中でのラインのたるみが無いぶん、ルアーをよりダイレクトに動かすことができる。

PEはもともと伸びないラインなので、ナイロンやフロロよりもダイレクトな操作が可能でしたが、さらに水中での弛みが減ることにより、トゥイッチやシェイクがバキバキに決まるようになります。

この点は、僕のように鱒レンジャーなどのグラスソリッド系ロッドを使っている人には有難い。

ぶっちゃけアタリ取りづらいし、トゥイッチも掛けずらいから、シンキングPEがモタらすメリットはデカい気がします。

ラインが風や水に流されない

渓流では、逆に風に流されるという点を使った独特のルアー操作法があったんですが、遠投するような釣りになるほど、やはりラインが風に流されて思ったコースを流せなかったりします。

そして、ラインスラッグが風に流され、大量に出ることがない。

そのおかげで、PEラインのエアノットや絡みを防ぐ効果もあるそうですね。

シンキングPEのデメリット

しかし、シンキングは良いことばかりでも無い。

沈むことにより、ラインがダメージを受けやすくなるほか、従来のPEに比べてラインの強度自体も落ちる傾向にあります。

従来のPEラインより強度が2~3割減

まずラインの強度が落ちるのですが、これはPEラインの比重をあげるべく、ラインの中央に高比重フッ素繊維なるものが使われているから。

この分,強度が落ちることとなり、同じ号数のPEラインよりも2~3割の減という結果になります。

といっても、ナイロンやフロロよりは明らかに強いので、渓流では十分すぎる強度を備えていますから、だからといってあまり問題は無い気もします。

ラインが岩に擦れやすくなる

ラインが沈むということは、当然沈んでいるストラクチャー類にラインが擦れる率も上がるということ。

小さな渓流ではあまり気にすることはありませんが、大きな石や岩が沈む本流での遠投ゲームになってくると、ラインが擦れやすい印象を受けました。

なんせ、もともとPEラインは浮くことでストラクチャーを躱せるラインだったので、ラインが擦れてブレイクはあまり心配する必要は無かったですから。

おおおこれはリーダーを長くするなどで対処するしかありませんが、  

ベイトのバックラッシュが若干おきやすい

ベイトリールでシンキングPEを使った場合、通常のものより若干糸が浮きやすい気がします。

これは、恐らく新品の場合は普通のPEより張りがあるせい。

コメント