渓流ベイトフィネスはスピニングよりドラグ性能は劣るのか?

スポンサーリンク
タックル考察

今回は渓流ベイトフィネスのドラグについて考えてみますよ。

昨今、渓流ではベイトフィネスはすっかり地位を獲得し、もはや僕の周りではスピニングとベイトの両方を使う人が圧倒的に多い状態になっています。

そんな中、ベイトはスピニングよりドラグ力で劣るので、トラウトで使うメリットが無い・・・なんて話があるのを知りました。

はて、実際トラウトといっても、いろんなトラウトフィッシングがあるわけだし、中にはフルロックでやるやつもあるし・・・なんだろう、管理釣り場系かな?

とは思ったのですが、こと渓流での釣りにおいて、スピニングとベイトのドラグ力の差というのは、じつはあまり考えたことがないので、今回はそのあたりについて考えてみますよ。

スポンサーリンク

渓流でドラグ性能は重要なのか?

ドラグ性能というのは、どれだけドラグをきつく締められるか(ドラグ力)ではなく、スムーズにラインを出して魚をいなすドラグの性能のことです。

とりあえず基本的には、ベイトよりもスピニングのほうがドラグ力が優れている、っていうのは普遍的なものであり、そのへんはどの釣りでも一緒です。

そもそもベイトって、ドラグを出してやりとりするイメージが昔はなくて、基本太い糸を使い、それでも口切れやラインブレイクギリギリの設定で緩める感じでしたね。

しかし、最近はベイトフィネスが登場して、ベイトでも細いラインを使えるようになった・・・その結果、ベイトにもドラグ性能が求められるって感じなんでしょう。

確かにベイトって、ドラグが最初は固くて、ラインが出始めるとヌルゥーって感じで徐々にラインが放出されるから、緩めると魚に走られやすい気がして、ドラグ設定がちょっと難しい。

一方のスピニングは、最初から最後まで一定の出方をするから、ドラグ設定がやりやすい。

という感じなわけで、細いナイロンを使う管理釣り場なんかだと、このドラグ設定のやりづらさゆえに敬遠されるって事はありえる話ですね。

じゃぁ、渓流でもドラグ設定がやりずらいからベイトフィネスを使わないほうが良いのか?

って話になると、いやーどうなんだろうなぁ。

てか、自分はベイトフィネスってどうやって魚とファイトしてたっけ?

と自分の釣り動画をみて気が付いたのは。

どうにも僕は、ベイトのほうがスピニングよりも魚を走らせずにファイト出来てるみたいなんです。

渓流ベイトフィネスは指ドラグにより魚をコントロールできてしまう

なぜ僕が渓流ではベイトフィネス機のほうが魚をコントロールしやすい

という結論に至ってしまったのは、僕が自分の釣り動画で、妙なことをずっとやってるのが原因みたい。

それが、通称「指ドラグ」というもの。

僕自身、半ば無意識にやってた事みたいなんですが、この指ドラグのせいで、ランカーニジマスでも安定したファイトを行えているし、スピニングよりもファイトに余裕が出てるんですよね。

んでもって。

指ドラグというのは僕の呼び名で、たぶん人によって違うと思うのですが、ようは

ファイト中にサミングと同じように親指の腹で触り、ラインの放出をコントロールする

という方法です。

この指ドラグを行うことにより、同じライン、同じフックで釣りをしても、スピニングよりも明らかにラインへの負荷をかけず、魚にも主導権を与えずにランカーサイズのニジマスなどを釣ることができます。

細かいドラグコントロールを指先で行えばドラグ性能は必要なくなる

指ドラグを使った渓流ベイトフィネスは以下の手順で行います。

まずはドラグ設定ですが、これはスピニングと変わりません。

だいたい200gか300g程度でラインが出るように設定。つまり、魚が掛かって暴れたら少しだけドラグが出るように調整しておく、渓流では一般的なドラグ設定です。

続いて、魚を掛けたあと。

ここで大したサイズもなければ、ドラグも出されないのでスプールに指を触れさせる必要もなし。

コメント