ロキサーニBF8の性能をブチあげる危険な改造がこちらです

スポンサーリンク
リール

年末、仕事の合間に頭がおかしくなり、ついPCのモニターを見ながらリールをクルクルとまわし

「あーもう無理、もー釣りいきたい、限界、もうヒキんの限界」

と呻きながらロキサーニBF8をクルクルとまわしている昨今。皆様いかがお過ごしでしょうか?

やはり年末は忙しい。年末までにやらなきゃならない事が多いし、ぶっちゃけブログの記事なんて書いている場合じゃない。

しかし釣りに行けない時ほどブログの更新をやってしまう発狂寸前アングラー、αトラウトです。もう釣りいこうか?いっちゃえよ!仕事なんかほっといて行っちゃえって!

──と頭の中で叫びながらロキサーニBF8をグルグルまわしては見るものの、そりゃ仕事しなきゃ生きてはいけないので、ロキサーニからマウスに持ち替え、再び作業を開始する。ああ、なぜ道北地方の冬は雪と氷の世界になってしまうのか。ワカサギ解禁を待つしか無いのだろうか?

と思っていると、ふと机の上にあったロキサーニBF8を改造しようと思っていたことを思い出す。

そういえば・・・なんか前に思いついたアレ・・・まだやってないよな・・・

いやいや、今は仕事だ。それが終わってから改造をすればいい・・・

なんて葛藤が0.5秒程あったのですが、気が付けばマウスから再びロキサーニに持ち替えてしまった。

たのむ。

どこかのメーカーさん。

こうやってアングラーはマウスとリールを行ったり来たりして仕事にならないから、リール型マウスを発売してください!

スポンサーリンク

ロキサーニBF8のスプールを簡単に軽量化できてしまう

以前から使っているロキサーニBF8。

このリールは国産ベイトフィネス機では最安値の部類に入り、割と使いやすいと評判の代物。

僕も本流用のベイトフィネス機として、同じアブのクロスフィールドにセットしてルアーを投げています。

が、しかし。

ロキサーニBF8の最大の弱点は、なんといってもスプールが重いことです。

現行のベイトフィネス機では最下位に位置するのでは?と思ってしまうほど重いので、快適に使えるルアーの重量は5g以上が必須。飛距離を出せるのは7g以上という代物であり、ぶっちゃけダイワのSVスプールのほうがフィネス性能良いんじゃないか?なんて疑惑が濃厚な代物です。

まぁ、これでも6g以上のルアーを投げるのは全然良いし、そもそもベイトフィネスで飛距離出そうと思ってないから使いつづけてきたんですが、時折このリールで5g以下を投げたいなーというシュチュで「あ、ダメだぜんぜんとばね」となってしまう事も・・・

コメント