釣れない言い訳を集めてまとめて供養してきた

スポンサーリンク
釣り超コラム

今回は釣り人にありがちな「釣れなかった時の言い訳」を皆で持ち寄り、いかにダーティーかを判断するという配信を行ってきました。

しかしまぁ、皆さまも今年は多くの言い訳をしてきたでしょう。

僕も今年はさんざん釣れない言い訳をしてきて、多くのカルマが溜まってしまいました。

そのカルマを皆さんと共に浄化すべく、多くの咎人が集まる道北貧釣の配信では自助会による集団セラピーを実行したのです。

スポンサーリンク

釣れない言い訳はダーティーさにレベルがある

さて、今回の釣れない言い訳を供養する会では、皆さまの多くの勇気ある告白が集まりました。

そのさなか、釣りの言い訳には「ダーティーレベル」が存在し、明らかにダーティーとわかる言い訳もあれば、一見してジャッジが難しく、笛を吹きにくいプレイも存在することです。

「ターンオーバー」はあまりにも多用される言い訳

釣りの言い訳の中で、即座に「はいこれ反則」と笛を鳴らすレベルなのは

やはり「ターンオーバー」ですね。

ターンオーバーとは、冷たい水と温かい水が入れ替わることにより、水質が一気に悪くなる現象。

主に湖などで起こりやすく、このターンオーバーが起きると魚の活性が著しく低下するといわれています。

が、しかしこれが釣れない言い訳に使われすぎているため、ターンオーバーだと言われても

「あ、絶対こいつ言い訳してるな」

としか思えなくなってしまったワード、それがターンオーバーですよ!

なぜなら、ターンオーバーはアングラーの言い訳にはこれ以上ないほど都合がいい。

一見してターンオーバーが起きているのかは実際は判断しにくい上、普通に水が濁ってるだけでターンオーバーと言ってしまう人多数!じっさい僕も良くわからない!

そんな代物ゆえに、湖での釣りで魚が釣れない際には

「なんかターンオーバーって言っとけば良いや」

という人間が生まれやすくなってしまった・・・そう、ターンオーバーが悪いんじゃない、言い訳をしたいアングラーにとって、ターンオーバーがあまりにも都合の良い存在なのが悪いのです。

今日はデカいのしか狙ってないわけが実際は無い

今日はデカいのしか狙っていない。

こんなワードはかなり聞いたことがありますよね。ああ、この人は小さな魚など眼中になく、とにかくデカいの一発狙いなんだなと。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

丸一日ビッグベイトを投げ続けていたのでしょうか?

もしそうなら、確かにビッグワン狙いと言い切れる。

しかし、もし途中で一度でもフィネスな釣りをしていたら、それはもうデカいの狙いではない。

そんな人が言う「今日デカいのしか狙ってないから」は、もはや釣れない言い訳にしかならないのです!

『今日は釣る気ないから』は、だいたい釣る気しかない

今日は釣る気がない。

もはや悟りの境地に達し、魚と戯れることだけを目的としているため、魚が掛からなくてもまったく気にしていない。

そんな発言をする自称達人アングラーはこの世に多々いますが、ここで一言いいたいのは。

それは釣れないダケなんじゃないのか?

という疑惑を聞いてる側に与えすぎていませんか?

そうですね、ええ、わかってます。

もう釣りに行っている以上、釣るきの無いアングラーなんて実質ゼロ。

多かれ少なかれ釣る気で行っているので、釣る気が無いなんて人はいません。

正確には

「今日は少し釣れてくれればいい」とか

「今日はめちゃくちゃ釣れて欲しい」とか

「今日は500投中1ヒットが欲しい」とかです

ただね、本当に500投で1ヒット欲しいのか?ほんとうはもっと釣りたいんじゃないのか?

ちょっと強がって言い訳していないか?そのあたりが本当に怪しいワードです。

「魚がスレている」は本当なのか?

そして、最後は魚がスレている問題。

これは激戦区では確かにスレているのは間違いないし、僕もスレて釣れなくなった場所は遭遇しています。

しかし、メディアやYouTubeなどでは「激タフフィールド」「デスリバー」「激スレポイント」「スレッカラシの激戦区」などなど、めちゃくちゃスレていることをコレでも押し出し、魚が釣れないような状況で釣ってみせるのカッコイイーなどという演出が多すぎるため、そもそも

コメント