ダイワのおすすめ渓流ミノーを紹介するぜ!

スポンサーリンク
ミノー

今回はダイワの渓流ルアーの中でも、ミノーについて紹介していこうと思います。

日本、いや世界でも有数の釣りメーカーといえばシマノ・ダイワですが、渓流に関していえばダイワのほうが一歩先に行っている気がしているαトラウトです。やめて!シマノ党員は石をなげないで!

いやだって、ロッドのラインナップやリールだけでもダイワのほうが細かいユーザーのニーズに応えちゃってるから仕方ないというか・・・シマノはどっちかといえば「オレについてこい」タイプだしね、ダイワさんとは展開の仕方がぜんぜん違う。

それに、ルアーに関しては渓流に限らず、ダイワのほうが昔から色々なアイテム出してきたし、何気に名作も多いですし、とにかく値段が安いしね・・・僕もバスやってた頃に色々お世話になりましたよ。

てな感じで、やはりというべきか、渓流アイテムの充実ぶりもダイワは凄いというか、下手すると他所のルアーメーカーより数がそろってます。

スポンサーリンク

ダイワの渓流ミノーの特徴

ダイワの渓流ルアーは僕が渓流をはじめた当初からお世話になっていて、今でもラパラとダイワは使用率トップを維持してるアイテムです。

とくに気に入っているのはミノー系で、最初はドクターミノーを使い「なんだこれメチャクチャ釣れるじゃん・・・」と軽く引き、続いてシルバークリークミノーを使って「おお!」と感動。

以来ダイワの渓流ルアーファンになっているわけですが、思い返せば子供の頃からダイワのルアーファンだから、結局何も変わってない気もしないでもない。ピーナッツ最高。

でまぁ、この記事ではダイワの渓流ルアー、とくにミノーの特徴についてや、おすすめのミノーについて書いていこと思います。

ダイワの渓流ミノーは値段が安いのにカッコイイ!

何はともはまずはこれ、値段と見た目が全然比例してないコスパの良さですよ。

渓流ミノーは各社色々とカッコイイモデルが出てるんですが、やっぱり値段が高いほどカッコイイってのが普通ですよ。値段も普通は1000円以上です。

なのに、ダイワの渓流ミノーときたら、1000円以下で売ってますから。ありがたい!本当にありがたい!(切実)

ちなみに、値段だけで言ったら他にも安いミノーってのはあるんですが、デザイン、高級感、使用感も含めて圧倒的にコスパが良いと感じるのは、やっぱりダイワの渓流ミノーです。

アルミ張りの高級感あるボディ

ダイワの渓流ミノーといえばアルミ張りのボディですよ。

アルミ張りって手間もかかるし値段も上がるので、普通はルアーに多用するものじゃありません。

一方、ハンドメイドルアーとなるとアルミ張りは凄い増えて行くので、やっぱりアルミ張り=高級ルアーっていうイメージが僕にはあります。

ところが、このダイワさん。1000円以下の渓流ミノーでアルミ張りをやっちゃうんだな、これが。

で、やっぱりアルミ張りは良いですね、うん。

光り方が滑らかだし、アルミ張り特有の金属感がたらまらない。

あとは目もかなり気にってますね。

カラーが豊富で新色が多い

ダイワの渓流ミノーはカラーバリエーションが尋常じゃなく多い。

でも、ダイワは蛍光グリーン系が人気なのか、いつもこのカラー押しで、僕もこれ系が気にいってます。

コメント