【W300L】中華アンバサダーのフルカスタムがヤバすぎなので紹介するぜ!【Mingyang】

スポンサーリンク
リール

今回はお知り合いからフルカスタムされた中華アンバサダーことMingyang/W300Lが送られてきてビックリりしたので、そのヤバさをお伝えしたいと思います。

最近渓流アングラーの間でひそかに流行りつつある中華アンバサダー。


一体どこからこのブームがやってきたのか定かではありませんが、気が付けば中華アンバサダーを購入うして遊んでいる方が多いです。

かくいう僕も中華リールを買ってはいたのですが、中華アンバサダーではなく、なぜか中華ミリオネアを買ってましたね、うん。

でまぁ、そうして中華リールを買い始めたら「おい道北中華アンバサダーを買え!」と方々からさんざん色々言われ続け、もうそろそろ買ってみますよとW300Lをアリエクで購入したわけです。(この件については後日詳しく)

すると、すでにW300Lを購入し、様々なカスタム動画を作ってはYouTubeにアップしている渓流ベイトmaniacsさんが、僕に「せっかくだから比較用にフルカスタムしたリールを送るよ」と言って、改造されたW300Lを送ってもらったのです。

もちろん貰ったわけじゃないですからね?レンタルですからね?

ただ、フルカスタムといったって中華リールでしょ?と侮るなかれ。

もはや本物のアンバサダーを超えている部分も多々ある代物となっていたのです!

スポンサーリンク

フルカスタム中華アンバサダーW300Lの概要

でまぁこちらのフルカスタム中華アンバサダーですか、本当に性能がヤバいことになっていて

結論からいえば「これもう中華ってレベルじゃねぇぞ!」という、懐かしのプレステ発売日みたいな状態になってますね。バック・トゥーザ・00年代。

詳しい改造方法に関しては、以下リンクの渓流ベイトmaniacsさんの動画をチェックしてもらえれば詳細がわかるので、ぜひご覧ください。

フルカスタム中華アンバサダー開封ライブ配信

ちなみにフルカスタムのアンバサダーを頂いた時の開封配信などもあります。

ちなみに配信の時声がデカいと博士に怒られたので、トイレから生中継でお送りしていますが気にしないでください。

自作のマグネットブレーキ搭載

まず注目すべきは、こちらのマグネットブレーキですね。

箱出しのW300Lは2点遠心ブレーキというアンバサダーライクな仕様なのですが、そいつをさらに軽量ルアーを扱いやすくするためマグネットブレーキに変更されています。

このブレーキ、Availが出してるアンバサダー用のブレーキユニットを流用することでもOKなのですが、こちらはなんと3Dプリンターを使った自作のブレーキ!Availのモノよりもマグネットの脱着が簡単になっているのが良いです。

ちなみに僕が勝ったW300L用にとブレーキユニットまで送ってもらいました。ありがとうございます。

ドラグクリッカー装着済み

続きましては、やっぱり渓流だとみんな欲しがるドラグクリッカーです。

こちらはアリエクで売っているW300L対応のドラグクリッカーを装着しているそうですが、これがまた良い音が鳴る鳴る!
なお、どうやらドラグクリッカーを装着したついでに、ドラグの出方も良くなるような調整を施してあるようです。

で、実際にならしてみると、確かにすごく良い音がする・・・ナニコレ・・・もう全然僕の知ってる中華リールじゃありません。

コメント