【W300L】中華アンバサダーのフルカスタムがヤバすぎなので紹介するぜ!【Mingyang】

スポンサーリンク
リール

ハンドルが本物のABU1500に変更されている

そして!すでにお気づきの通り、ハンドルが本物のABU1500のシングルハンドルとなっています。

こいつはもはや、インスタントラーメンに一晩煮込んだ本格チャーシューをトッピングするようなもの。ハンドル側から見たら、本物のアンバサダーにしか見えない!

このように、あまりに手が込みまくった中華アンバサダーなので、オーナー曰く「リール本体の料金よりもカスタムのほうが高い」という完全オーバーキルチューンです。

スポンサーリンク

フルカスタムされたW300を試投してみることに

てなわけで、フルカスタムしたW300をせっかく貸してもらった以上、こりゃ一回投げてみないと!

とワクワクしながらラインを巻き、庭の駐車場で試しに投げてみることにしました。

ちなみに使うのはスプーン系をメイン(ミノーは雪でリップが取れるから)

ラインはラパラのラピノヴァX PE0.8号にリーダーは短めの50㎝(ダイソーハリス1.5号)

3.5gのスプーンがシャーー!と飛んでいく気持ちよさ!

まず投げたのはAmazonの激安スプーン3.5g。

もっと重いからテストしないの?と言われますが、そもそも飛距離のほうは渓流ベイトmaniacsさんのほうで結果が出ており、3g位なら20m前後は飛ぶようでございます。

というか、飛距離よりも、まずこうした小さなクラシカルな機構のリールを使うのが初めてなんで、そこにワクワクしておりました。

「えーと、このクラッチを押し込んで、そこから投げる・・・っとぉ!!」

と、投げてみると、スプールが回転しだすと共に、レベルワインドがシャララララー!と動く音が鳴り響く。

そして、ハンドルを戻すと、金属クラッチが跳ね上がる「カキーン!」という甲高い音。

おそらく五十鈴やオールドアブじゃなきゃ味わえない、この小型丸形リール独特の味わいが、中華リールで味わえるとは。

さらに巻き心地は、およそ中華性とは思えないほどしっかりとスムーズ。

金属パーツが多いのも理由でしょうが、ギアの交換やグリスアップなどのカスタムの結果を含め、めちゃくちゃに巻き心地が良い。

「なんか玩具っぽいw」と渓流ベイトmaniacsさんは言ってましたが、ぜんぜん玩具じゃないですからねこれ。ほんとの玩具は僕の買ったデウキオとかの方ですからね?

てな感じで投げて巻いてを繰り返すだけでも楽しい。

普通に軽いのを飛ばすという意味なら、もっと楽なリールはありますが、手軽にオールドアブのような機構を楽しめたり、金属製ならではのクラッチサウンドを味わえるのは素晴らしい。

もちろん実釣での性能という点では、恐らく国産のベイトフィネス機には勝てないでしょう。
巻き取り量が40㎝しか無い所だったり、クラッチがタマに元に戻らないなど中華リールらしさはありますが、それも別に良いんじゃないか?ってくらい面白いです。

これがフルカスタムを施された中華アンバサダーというものなのか・・・いや、恐ろしい。

こいつを実釣で使ったら、さぞかし楽しいんでしょうね。

てか、僕の頼んだW300Lは無改造の状態から使うわけですが、こんなフルカスタムを使ったあとだと、もはやボロクソにこき下ろしてしまいそうで怖いですハイ。

なお、実釣した感想などをご覧になりたい方は以下の記事をご覧ください。

W300フルチューンの紹介動画はこちら

こちらのフルチューン中華アンバサダーW300については、届いたその日にライブ配信にて紹介させていただいております。

作業のお供、運転のお供にラジオ的な感じで聞いてもらえれば幸いです。

コメント