【Jackson】メテオーラ52の人気が高すぎるんですが実際どうなん?【渓流ミノー】

スポンサーリンク
ミノー

恐らく、得意な部分もあれば、不得意な部分もあるはず。

実際に釣行で使ったのは4回で、季節は秋の終わり。

ゆえに魚の活性が下がり気味で、ルアーを追ってもすぐに止めてしまうような時には、このメテオーラはかなり効果があると感じました。

なので、ぎゃくに水温が上がりすぎて魚が追えなくなっている時も同じように効果があるはず。

使い方としては、遅いテンポで、時々フォールなんかを入れつつ、魚が追いついてくれる速度を意識したアクションが一番良い気がします。

しかし、このルアーはフォール速度がそこまで速いわけではありません。

なので、必然的に渓流の深場には向いていませんし、流されやすくもあるため、水量が多い時にも不向き。

また、高活性で食い気がある魚に対してはスイッチを入れずらい時もあるはずなので、ハイシーズンでは一般的なヘビーシンキングミノーの方が釣果が高いかもしれません。

それでも、魚が活性の良い時期なんてそう無いので、基本的にはこうした低活性&スレに強いルアーのほうが渓流アングラーには有難いのも事実です。

スポンサーリンク

Jacksonのメテオーラの種類は?

メテオーラは今のところ幾つもの種類が発売されいて、どうやら今後の定番のミノーとして売られていくでしょうね。

ちなみに渓流でヤマメやイワナを釣るために使うのは3種類、あとはサクラマスといった大型トラウト向に作られている印象ですね。

メテオーラ52

メテオーラシリーズの中では万能的な感じの52です。

本流に支流にどこでも使えるサイズと重量が有難い代物。

ただ、流通量が時々少なくなり、メーカーから直販という方も結構います。

メテオーラ45

小さな渓流でアベレージサイズの渓流魚を向いているのがこちら。

45㎜に3.5gというサイズなので、低活性な魚により効果的にアピールできるルアーです。

ただし、こちらも品数が安定しないため、メーカー直販というケースが多々あります。

転売が多いメテオーラは値段に気を付けよう

メテオーラは渓流でブームになっていることもあり、転売がメチャクチャに多いルアーです。

正規のルートなら2000円以下で売っているのが普通ですが、メルカリなどでは5000円越えというワケのわからない値段で売られていたりもします。

正直、中には5000円出してもメテオーラが欲しい人もいるでしょうが、こういってはなんですが、そこまで出すならハンドメイドミノーを買うほうが、所有欲を満たせる気がします。アルボルでも買ってくださいほんと。

あと、定価でほしいひとは時間をかけてでもメーカーからの直販を狙ったほうが良いですね。

なんにせよ、人気ルアーというのは色々とユーザーに厄介な事案やトラブルを起こす代物だったりするんで、購入時には色々注意が必要だったりします。

コメント