初釣行はw300フルチューンで行ってきたぞう!

スポンサーリンク
リール

おそらく、本物のアンバサダーよりも立ち上がりが良いんじゃないか・・・と思わせられる仕上がりとなっています。

渓流では十分すぎる飛距離

続いて飛距離ですが、これも渓流ではまるで文句がございません。

15m以内のキャストは問題なし。

弾道も程よく、ついでに言えばサミングもしやすいリール形状なんでかなり良い精度のキャストを繰り返せます。

これも最初はシンクロ機構のせいで飛ばないだろうと思っていたので、完全に予想を裏切られましたし、そもそもW300は「飛ばない」と言われていたので、こんなに飛ぶのかと驚き。

低予算B級映画を目当てに見に行ったら、普通にカンヌでコンペディション賞取ってた作品みたいな代物です。菊次郎だよバカ野郎!はやく帰れ

ただ、フルチューンにより飛距離は抜群に伸びていますが、やはり後半微妙な失速があるのは致し方無し。だってシンクロってそんな飛距離出せるもんじゃないから、ここまで飛んでる時点で凄いです。

最大巻き取り量40cmの壁

そして最後は僕が一番気になっていた最大巻き取り量が実釣におよぼす影響です

なにせ40㎝程度しか巻き取り量がありません、ここまでのローギアリールを渓流で使った経験がまるで無いので、とにかく不安でした。

ところが、実釣で使ってみると、おもったよりもイケてしまう。

普段はハイギアしか使わない僕でも、予想していたよりしんどくない。

おそらく、まだ雪解け前で増水していない渓流だから良かったというのもあるんですが、移植されているABU1500の小型ハンドルがメチャクチャ巻きやすいのが原因かもしれません。

ハンドルは大きいほどパワーを出せますが、小型化するほど回しやすくなる。

とにくABU1500のハンドルはシングル化され、手首だけでクルクルクルーと素早く巻きやすい形状になっている。

これが大きく影響したのか、アップクロスでルアーを巻くという運動は苦痛というレベルではありません。

トゥイッチを入れての巻き取りになると、なんだかとても忙しい動きになってしまうんですが、巻きだけでいえば、このフルチューンW300はローギアのストレスを低減してくれてます。

もしW300のチューンを考えている人は、こうした小型ハンドルを装着すると良い気がします。

実釣中にスプールの隙間に糸吸い込みバックラは発生せず

本来スプールの隙間がわりとあるせいで糸が吸い込まれる現象が起きると言われているW300ですが、実釣中は一度も起きませんでしたし、ついでにバックラもないです。

おそらくマグネットブレーキの設定がちょうど良かったんでしょうね。

僕が持ってる中華ミリオネアも同じような現象が起きますが、実釣中に適切なブレーキ設定になっていれば、スプールに糸が噛む現象は大して起きないもんですね。

スポンサーリンク

中華アンバサダーW300ならではの楽しみを発見

でまぁ、この初釣行では一切魚は釣れてません。

なので、普通なら悔しいもんなんですが、このW300を投げる新たな楽しみを覚えてしまったので、今年はあまり釣れなかった悔しさは大してないのです。不思議なことに。

というわけで、このフルチューンされた中華アンバサダーから見出したクラシカルな丸形リールの魅力ンいついてもブログに書き残しておこうと思います。

クラシックだけど情報量の多さが釣りの楽しさを増す

そもそも僕はクラシカルなアンバサダーにそこまで魅力を覚えておらず、なぜ多くの渓流アングラーがアンバサダー系のリールを使うかわかってませんでした。

だって、普通に値段や性能考えたら、ダイワのアルファス系とか最強ですからね?

しかし、本物のアンバサダーではなく、このフルチューンされた中華アンバサダーで感じたは

とにかく音が凄い。

これが僕が持ってる他のリールとの圧倒的な違いですね。

まずクラッチを押し込む時のカチン!という金属音。

続いてレベルワインドがシャァアァア!!と鳴り響きながらルアーが飛ぶ。

そして、着水サミング後、ハンドルを回すと金属と金属が重なり合い、はじき出されるクラッチのカチーン!という音。

コメント