初釣行はw300フルチューンで行ってきたぞう!

スポンサーリンク
リール

そしてリールを巻き始めれば、スプールの回転と連動して動くコグホイールとレベルワイドの音。

とまぁ、とにかく普通のリールに比べて音が多い!

それが釣りをとても楽しくしてくれる。

例えば僕が持ってるダイワのアルファスなんかは、当然音なんか静かなもので、投げる時にも巻く時にもプリウス位しか音がしません。

一方、このW300フルチューンは音まみれ。まるで旧車みたいに、エンジン、クラッチ、そして窓を開けるだけでもハンドル回してキコキコ音がするレベル!

この情報量の多さが、最近のリールには無い楽しさを生み出してくれる、なんともADHDな僕はこのワチャワチャさが最高にたまりません。

さらに音だけでなく、見た目の動きも多い。

投げた時のレベルワインドが左右に動きまくるのが特にそうで、ベイトリールでルアーを投げる人の視界につねにある「回転するスプール」という視覚的な楽しさがありますよね。

これに加えて、さらにレベルワインドが左右にシャワワワワ!と動く姿を見ると「おぉおおお飛んでる飛んでるぅう!」と、飛距離とか関係なく、もう視覚情報で満足しちゃう。

とまぁ、古い機構ゆえに飛距離という点ではさすがに最新機には劣るし、利便性という面ではやはり不利な点が多い。もしかりに、釣りをレースとしたらですけどね。

しかし、こと釣りを楽しむためのゲームとした場合、僕を楽しませてくれる機能は、圧倒的にW300フルチューンの方が多かった。

ゆえに、僕はこのW300フルチューンはすごく楽しいリールだと思いましたし、アンバサダー系を好んで使う人たちは、きっとこんな所が好きで使ってるんだろうなーと思いました。うん。

さらにフルチューンにもっていく楽しみ、本体代金わずか5000円程度という安さも加わることを考えると、これから僕の元にやってくる素のW300も楽しみになってきました。

でも金色買ったのは失敗だった気がして仕方ないけどね!

スポンサーリンク

W300を使用した感想動画はこちら

最後に、釣行にいったその夜にライブ配信をしてW300に関する感想を喋っていたりします。

作業のお供にぜひご視聴ください。

コメント