【100均ルアー】キャンドゥのミノーが貫通ワイヤー式で良く動くってヤバくない?

スポンサーリンク
ミノー

先日誕生にプレゼントにキャンドゥーのミノーを頂き、その性能に驚いたので早速記事を書きました。

にしても、近頃忙しくて釣りに行く余裕がないうえ、増水やらで入渓を避けていたのですが、気が付かないうちに発売されていたのがキャンドゥー(CANDO)のミノー

その特徴を簡単に説明すると

・貫通ワイヤー式で安心して使えるミノー

シンキングで安定して良く動く

重心移動もちゃんと動く上ほのかにラトル入り

・これを110円(税込み)で売ってるのはどうかしてる

・メーカーがもはや可哀そうなレベル

・発売元の株式会社まるきはもはや100均釣具ウォーのアナハイム

ということでございます。

もうやばい、ヤバすぎるってわけで、その全貌を書き記しておこうかと思います。

スポンサーリンク

キャンドゥミノーのスペック

このミノーは公式スペックで8.5cm

重量は7gというアイテム。

現在カラーは全3色ほど確認されているようですが、これからカラーやサイズバリエーションが増えていくかもしれません。

しかし、どうもやっぱり8.5㎝というわりに小さいなと思ったら、リップの長さこみのサイズ表記なんですね。

実際は7.5㎝位というサイズ感ですし、フォルムも結構スリムな感じ。

しかもボディの内部にリフレクターが貼り付けられているタイプで、日本のルアーでは結構珍しいです。
おまけにワイヤー貫通式ときたら、本当に日本のミノーっぽくない。

まるで海外のミノーですよこれは。

ラパラのソルトウォーターX-RAPにそっくりの100均ルアー

どことなく海外ルアーの匂いを感じ取ったキャンドゥミノー。

で、このルアーを初めて見た時に思ったのが

「あれ、これラパラのX-RAPにそっくりじゃね?・・・」

だったのはもはや言うまでもありません。

もうどー見てもX-RAP。外見もそうだし、貫通ワイヤー式もそうだし、なんならカラーリングからアイまでそっくりすぎる。

とくに似ているのがソルトウォーターX-RAPというモデル。

一応ラインナップの下限は10cmまですが、それを7㎝までサイズダウンしたら、まさにこんな感じ。

金型がそもそも一緒なんじゃないのか?と疑いたくなるほど似てるので、ぜひチェックしてください。

まさかの100均ルアーで貫通ワイヤー式という衝撃

安いアイテムが好きな僕ですが、普段から100均ルアーを積極的に使っていないのは、やはり強度不足が怖いから。大型魚じゃなくても、普通に投げて折れたりしたらどうしよう・・・と不安になるモノが多かった。

ゆえに、メタルバイブなどの金属系以外は積極的に使わなかった。

ところが、そんな100均ルアーの不安を一撃で払拭する強烈なワード

それが「貫通ワイヤー」ですよ。

100均ミノーでも大型魚が狙えてしまう?

ご覧の通りの貫通ワイヤー式なキャンドゥのミノー

この貫通ワイヤーはバルサ系ミノーならほぼ全て。

大型魚を狙うミノーやシンキングペンシル、トップウォーターもほぼコレ。

そして、おそらく元ネタとなったラパラもABS素材になっても貫通ワイヤーを今でも採用しています。

この貫通ワイヤー式が優れているのは、たとえルアー本体が壊れても、ワイヤーだけが生き残り魚が釣れること。

なので、ルアー本体の強度がどうしても弱いバルサ系のルアーは貫通ワイヤー式になります。

そうでもなくともモンスターを相手にするルアーはエイトカンでは引っこ抜かれる恐れがあるので、貫通ワイヤー式になってる事が多いですね。

つまり、このルアーも貫通ワイヤー式ということは。

たとえ100均だろうが、同サイズの他のミノーよりも明らかに大型魚を釣るのに向いている

なんせ、たとえ本体を壊されてもワイヤーで釣り上げますからね。

しかも、貫通ワイヤー式のABSミノーって、ワイヤーを通すためにだいたいボディも分厚くなるんで、普通に割れにくそう。

こんな強度が約束されたミノーが100均から出されたら困りますよ。

なんせ、その辺りの1000円以上のミノーでビビりながら大型魚釣るよりよほど安心できてしまう。

シンキングで安定して動く優秀ミノー

さて、100均ルアーの強度を解消されましたが、まだまだ100均のここが不安ってところが

まともに動くミノーなんですかこれ?

ですよね、うんうん。

現在100均にあるミノーはダイソーのミノーモンスター位しか無いんですが、このルアーは本当―にまともに動かない事が多く、基本無改造で使うのは無理。しかも強度もめちゃくちゃ低い。

コメント