【RayTune】MT-01というメタルミノーが尖り過ぎて困る【レビュー】

スポンサーリンク
ミノー

レイチューン(RayTune)から発売されている尖りまくった金属ミノー「MT-01」についてレビューします。

こちらのミノーは前に頂いたもの。
その存在は随分前から知っていたものの、あまりに尖りまくりのスペックゆえに「これは本当に渓流で使えるのか?」と思ってたら、本当に頂いてしまった!ウレシィイイ!!

さて、実際に使ってきた結果ですが

【特徴】

・スパイラルしながら落ちるフォールが速い!

・プラグでは出せないレベルのハイアピール

・頑丈さはトップクラス

・飛距離は抜群

・とにかくスピーディーにチェックするスタイルの人向き

・深いボトムを攻めるのにうってつけのミノー

・ダウンクロスもけっこうイケる

・ラン&ガンで渓流を高速で攻め抜け

といった、やはりとても尖っている異質なミノーという印象です。

とにかく「スピーディー」に攻める釣りに向いているので、飛距離とフォール性能とレスポンスの異次元のバランスを生かし、オラオラオラオラ!と渓流をラッシュで釣りぬけたい方におすすめのミノーです。

スポンサーリンク

レイチューンMT-01の基本スペック

さて、まず問題なのがこのルアーをミノーというべきなのか?
それともバイブレーションの一種というべきなのか?

という疑問すら沸いてくる金属製のボディですね。

僕が知る限り、全て金属の渓流ミノーというのはレイチューンのMT-01意外に知りませんし、一見してメタルバイブレーションのようにも見える不思議な形状です。

さらにウェイトはタングステンを使ているのですが、それを小さなボルトナットで締めているのも面白い。何から何まで風変りなミノーです。

【基本スペック】

全長:42mm

重量:5.2g(5.8g)

なお、装着されているフックはバーブレス。

スプリットリングはアイの形状ゆえなのか、少し大きめのものがセットされています。

M systemにより渓流で暴走するMT-01

とりあえず渓流やってると、ミノーは見た目でなんとなく動きも想像できるんですが、これほど見ただけで動きが想像できないルアーは初めて。

そこで渓流で使用してみたんですが、これも他のミノーとまったく異質な使用感。

こんな尖ったミノーは未だかつて初めてです。

さすがにカッ飛ぶメタル感

まず投げ感ですが、さすがメタル、めっちゃ飛びます。

けっこうリップがでかいんで、空気抵抗で飛ばないのでは?と思ってましたが、これが飛ぶ。

川幅のあるエリアで使うのにも十分仕様可能で、岩の裏を撃ちまくるのにも快適です。

スパイラルフォールの速度が尋常ではない

フォールは通常の渓流ミノーと違い、テール側からクルクルと回りながら落下するスパイラルフォール。

この速度は「スプーンの2倍」とパッケージに表記されているだけあって、落下速度はかなり速いです。

感覚的には、そのあたりのヘビーシンキングミノーより一段速く沈下する感じ。

これにより、深場の攻略が当然やりやすくなる。

なら、ほかのスーパーヘビーシンキング系ミノーでも可能じゃん?

と思うじゃないですか。いやいや、このMT-01はこの落下速度に対して、レスポンスが異常に良すぎるのが凄いんですよ。

コメント