【渓流ベイト】パームス・エゲリアをレビューしていくぞ【42XUL】

スポンサーリンク
ロッド

パームスから発売中宇のエゲリア42XULのレビュー記事を書いていきます。

渓流鱒レン使いのブログとして定着している道北貧釣でございますが、実は鱒レン以外も使用中。主に貰い物なのですが、その中でも渓流ベイトフィネスで使わせてもらっているのがパームスのエゲリア42XULです。

鱒レンのようなグラスロッド愛好家の僕にとってエゲリアはとっても使いやすいロッドであり、慣れてしまうとパキパキカーボンに戻れなくなる癖のある使用感が魅力です。

でまぁいつも通り結論を先に書いてしまうと

【結論】

・柔らかく軽いルアーを投げやすい

・魚を掛けた時の曲がりがとても気持ちい

・ソリッドのグラスよりも復元力が少し高い

・ルアーのアクションもソリッドグラスよりは付けやすい

・中空グラスなので強すぎる負荷は厳禁

・重いミノーは扱いにくい

スポンサーリンク

パームスのエゲリアとは?

エゲリアシリーズはパームスから販売されているトラウト用のフルグラスロッドです。

フルグラスといってもソリッド(中身が詰まっている)タイプではなく、中空のモデル。

なのでグラス特有の重さや戻りの遅さが軽減されており、握った感じはカーボンとそれほど遜色ありません。

しかし、使ってみるとわかる「渓流グラスの良さ」がエゲリアの特色。

ダルンとしたグラスの癖が無く、かといってカーボンのような固い使用感ではない。

それゆえに軽量ルアーを使う渓流ルアーフィッシングをより楽しくしてくれるロッドなのです。

おまけにお値段も高くなく、定価であれば1.7000円~というエントリーからミドルクラスの価格設定なのも良いところ(なんせ渓流のグラスは滅茶苦茶高いのが多い)

こちらを頂いてから使いつづけていますが、すごく使いやすい上に楽しい。

そして、渓流グラス入門にも最適なロッドという見解。

まぁだいたい僕は「鱒レンサイコー!!」なんですが、普段カーボンを使っている人で「なんか鱒レンはアクションがダルイから・・・あと重いし」っていう人には、かならず「じゃあエゲリアが良いよ」と言うことにしてます。

ベイトモデルのエゲリア42XULを使用中

僕が使っているのはエゲリアのベイトモデルである42XULです。

なお公式サイトの説明によれば。

障害物をクイッキーに攻めぬくスタイルにマッチフルグラスを生かせるショートロッドです。例えば足場の悪い状況において左右に草木が生い茂るボサ川や、低い体勢からカバーへ打ち込む際に、体勢が乱れ反発が強いカーボンだとルアーをピンスポットで決められないシチュエーションが多々あります。あと数センチ曲がれば、あともう少し戻りが遅ければという一歩届かない思いに答えるため障害物に対応できるレングスとここぞというときに曲がるグラスをチョイスし高精度な入力を可能としたモデルです。

4ft.2inc.   2pc.   Power:XUL   1.5-5g Lures   1-4lb Line   Rod Wt.84g    

引用元:http://www.palms.co.jp/rod/product/?name=egeria-native-performance

といった感じ。

川幅が狭い場所で使うロッドなのですが、まさに僕が好んで通う渓流の川幅に最適なサイズ。

たしかにエゲリアの曲がりは凄く柔らかいので、フリップ、バックフリップ、バックハンドを使うのに適しています。

あと、小さい渓流ってルアーの重量も4g以下を使うことが多いし、2g代も多い。

こうなると固いロッドだと飛ばしにくいので、エゲリアみたいに良く曲がるロッドのほうがストレスが無かったりします。

エゲリアは渓流を楽しくしてくれるぞ

もとから鱒レンジャーのようなグラスロッドが好きな僕ですが、なんでグラスが好きかって。

やっぱり渓流を楽しくしてくれる、これに尽きると思います。

カーボンも使いますし、キャスタビリテイ、アクションのつけやすさについては、カーボンが断然上。

そうした快適さを求める時にグラスは向ていません。

しかし、魚を掛けること、ロッドを思い切りまげて軽いルアーを投げること、その気持ち良さという部分については、やはりグラスが最適だと思ってます。

その中でも中空グラスのエゲリアは、カーボン派の人に「グラスたのしぃい!!」を教えてくれる良いロッドだと思います。

それに、最近は固いロッドが苦手な渓流アングラーは結構増えているような気がしますね。

とくにベイトフィネスが流行してからは顕著というか。

なんせベイトって固いと軽いルアーが本当に投げにくいですから。

スプニングなら、多少固くたってなんとかなりますが、べイトは固いと方向も定まらなければバックラが起きやすくなったりさんざんです。

あと、スピニングは竿先で投げるのに対して、ベイトはどうしても振る必要がある。

コメント