フローティングミノーで渓流ヤマメを釣ると楽しくてヤッベェゾ!【ラパラF5】

スポンサーリンク
ミノー

なんということでしょう、フローティングで楽しもうかと思った矢先、動かすまでもなく着水即バイトのトップのヤマメ釣りがスタートしてしまいました。

続いてのヤマメも着水後、しばらく放置しただけでズバンと岩陰から出て来てバイト。

これもフローティングミノーならではの楽しみなんですが、なんという活性の良さ。

これはもうF5が良いとか、フローティングミノーが良いとかって話ではなく、もう何を投げても釣れる状況ですよ。針だけ投げても釣れますよこりゃ。

しかーし、そんなことやっていてもルアーフィッシングは楽しくない。

フローティングミノーを使う意味がない。

とうわけで、そろそろトップをやめて、フローティングミノーらいし水面直下で掛ける釣りをやっていくぞいぞい。

てなわけで、フワフワーとF5をキャストして着水、即巻いて潜航。
そのあとは、背の蛍光テープをみてコースと動きを確認しつつ、軽くシェイクを入れつつ巻いていく。

そこに魚掛かると、スコーンとルアーが吹っ飛び、魚が反転する光を見てからフッキングって釣れたーああ釣ったーヤマメ!ヒッ!ヤマメ!!

なんだかおなかの下までびっしり点が入っている珍しいヤマメ。

にしてもこの時期はサイズも良いんだけど、とにかく腹が出てます。

きっと色んな虫を食ってるんでしょうね、それだけ餌が豊富だってのもありますけど、こういう時はやっぱり水面を意識しまくってるんで、フローティングミノーに果敢にアタックしてきてくれて楽しくてしょうがないです。

そしてもちろんヤマメだけでなくニジマスもバイト。

当然ヤマメの活性が高ければ、ニジの活性も高いですね。

ただ、この川では餌の取り合いではヤマメのほうが強いみたいです。

パーマクを書いたラパラのF5にもヤマメがアタック

さて、ここで使いこんだF5にパーマークを描いたモデルを投入。

なにせ私はパーマーク教団の信者でして「パーマークは人類を幸せにする」という教えのもと活動しています。

そして、パーマーク入りのF5は最強!最強!最強!

という狂信パーマークF5の恐るべきアピール力により、バコバコにヤマメが釣れていきます。

やはりパーマークは人類を降伏にしてくれる。

そう確信した朝の渓流ミノーイングでした。

いや、フローティングミノーの話でしたね。そうでした。

スポンサーリンク

渓流でフローティングミノーを使う楽しいぞ

さて、渓流でフローティングミノーを使う楽しさというのは色々あります。

僕は今回F5を使いますが、他にもドクターミノーのジョイントとか、アルボルとかありますが、どれも楽しいです。

重要なのは、とにかく浮くこと。

浮くルアーで釣る渓流ミノーイングだけにある楽しみは、一度覚えてしまうと、それしか使いたくない人も出てきます

バイトが見えやすくて楽しい。

トップの釣りも同時に楽しめる。

ルアーは全然飛ばないけどキャストは楽しい。

などなど、ルアーで魚を釣る楽しみという点においては「バイトが見える」という視覚的興奮があるフローティング系は、やっぱり楽しいですね。活性低いとほんとに釣れないのが痛いですけど。

コメント