シャッドって渓流どうやって使うの?【ダイワ・シルバークリークシャッド50】

スポンサーリンク
ミノー

今回は渓流でシャッドをどうやって使って良いのか?という疑問と解決のための実釣について書いていこうと思います。

実は今年ずーっと気になってシャッドが、ダイワのシルバークリークシリーズとして発売されました。

うわーシャッドかー、これどうなんだろー釣れるのかなー?

なんてことを思ってら、もなかさんが新製品のシャッドを送ってくれたんですね。ありがたやありがたや。

でもね、僕実は渓流でまともにシャッドで釣った記憶が無いんですよ。

しかも「渓流専用」なんてシャッド、一回も使ったことないし、そもそも使いどころは一体どこ?

てな感じだったのですが、ようやくシルバークリークシャッドを使うことが出来たので、その感想なんかを書いていきます。

スポンサーリンク

渓流でシャッドを使うと一体どうなるのか?

渓流でシャッドを使うと何が起きるのか?

正直よくわからない、いや、シャッドはそりゃ使ったことがある、それこそバス釣りで。

けど、渓流でトラウト相手にシャッドを使った経験が皆無なので、まったく想像ができませでしたね。

でまぁ普通に浅いところに投げると、当然のごとくボトムをゴンゴンノックする。

まぁノックするのは良いとしても、なんか動きがキビキビしてない。

本来ならヒラを打つ空間がボトムにブチ当たり動きが殺されてしまうので、浅いところでは全然アピールできません。

外にも平打ちに関していえば、やはり普通のミノーのほうが綺麗にヒラを打つわけで、やはり渓流といっても、全てのエリアで使えるわけではない。

なら、やっぱ深いところだろう!それしかないだろう!

といって深いところに投げて使用。

今度は良い感じ、ギュウウーンと潜らせてボトムにリップが当たったら、そこからトィッチをかけつつリトリーブ。

するとガン!と強めのアタリ。水の中の輝きの大きさからして、たぶんニジマスの30㎝位のやつ。

もう一回くるかなーと思って投げましたが、小さいヤマメが今度はヒット。

フックでかめのを使ってましたが、スレで掛かってしまいました。

うんうん、これは水深がある場所では結構良い感じだぞ。

でも、だったらシンキング系でも良い気がするけど、なにかシャッドならではのメリットってあるのかなーと思いつつ、今度はダウンクロスで同じ場所を攻めてみる。

すると、ルアーがしっかり潜りつつ浮いてこない。

渓流用のシンキングミノーならまず届かないところまで届くうえ、ルアーも暴れない。

おおいいぞ、これはダウンクロス最強なのか?

と思っていたらバコンと食い上げヒット。

ベリーフックめがけてバイトしてくれたのは、さっきのと同じ位のニジマスでした。

・・・あれ、もしかしてさっき喰いミスしたやつかな?

渓流でシャッドを使うメリットとは何なのか?

今回は主にニジマスをメインに使用しましたが、渓流でシャッドを使うメリットは確かにあると感じましたし、その面白さも実感。

小さな渓流での出番は少ないですが、水深があるエリアでシャッドは確かに強いです。

根掛を恐れずボトムをゴリゴリに攻めたい時

ボトムを攻めることはヘビーシンキングミノーでもできますが、シャッドは根掛を恐れずにボトムに突っ込ませることが出来ます。

コメント