渓流ルアーフィッシングで腰ベルトを装備したら重いの他快適だったお話

スポンサーリンク
フィッシングアイテム

近頃渓流で使うと調子が良いという腰ベルトを装着しら、なんか思いの外便利だったので記事にしていこうと思います。

渓流アングラーの中には腰ベルトを使っている人もいるのは前から知っていたのですが、なんか腰にベルトまくのダルそうだなぁと思って、まったく装着する気も起きなかった私。バッグにぜんぶ装着したほうが簡単やろーって感じで、ナイロンパーカー+ショルダーバッグというスタイルでした。

しかし、近頃バッグを新しいのに買えたら「そのバッグだと鈴とか付けにくそうだから、ベルトあげるよ」というわけで、有難く腰ベルトを頂きました。

そして使った結果、なんかすごく良い感じ。

こりゃ今後も腰ベルト派になるしか無いと心に決めた次第です。

【早めに結論】

腰ベルトをつけると鈴が良くなる気がする

・蚊取り線香やらも付けやすい

装備できるアイテムが増える

・装備したアイテムを取り出しやすい

スポンサーリンク

腰ベルトを装着し朝の渓流へ

今朝はとんでもなく目がばっちりと覚め、体の不調もなくシャキっとしながら渓流へと向かいました。

というか、いつも寝ぼけ眼を擦り、欠伸と体調不良を抱えながら渓流へ向かうんですけど、近頃体調が良いんですね。

まぁなぜかというと、そう、仕事をしていない。ここ一週間位。(爆速で今月の仕事が終わっている)

その結果、毎日ビーバーで敷地の草刈りしたり、ボロい自宅の補修したり、やたらリングフィットやったりと体を動かしまくれるので睡眠の質が上がるのである。

でもって早朝にばっちり目が覚め、おーし釣りに行くぞーってわけでタックルを持ち車を走らせ入渓。

今日は体調も良いので、バカデカい声で近頃お気に入りの特撮「TAROMAN」のOP曲を歌いつつヤブをかきわけていきます

「ばーくはつだ!ばーくはつだ!ばーくはつだ!げいじゅつだー!」

さて、今日は一体どんな釣りになるのか?

クマ避けにTAROMANを歌うアホな僕でも、毎回水辺に立つ前は期待と不安が入り混じる。

けれど、渓流に立つと、その美しい景色のせいで割と魚のことを忘れてしまいがち。

さて、今日はとりあえず色々なルアーを投げて釣りつつ、もらった腰ベルトの具合を確認していきます。

腰ベルトを付けると鈴が良くなるぞ

腰ベルトを装着した感覚は、別段苦しいということも、変な感じもありません。

最初は「あれ付けるときっと煩わしいんだろうな」と、ネクタイを嫌がる人間みたいなことを言ってたのですが、まぁそれ僕なんですが。

それから装着してみるとあら不思議、べつだん苦しいという感覚もありません。

で、さらに良いのが鈴が良くなっていることです。

バッグに装着していた時は、鈴が良くなるように色々工夫してたんですが、腰ベルトだと鈴が良く動くので、カランカランと良い音が鳴り響きます。

さらに腰には蚊取り線香とペンチを装着していますが、歩きにくいということもなし。

ただ、ナイロンパーカーの上から装着するとパーカーポケットが開かなくなるんで、下から装着するのが良い感じです。

蚊取り線香が取り付けやすいが高さに注意

続いて虫よけ&クマ避けの蚊取り線香ですが、これも取り付けやすい。

コメント