渓流ルアーフィッシングで腰ベルトを装備したら重いの他快適だったお話

スポンサーリンク
フィッシングアイテム

金属パーツもありカラビナが無くとも付けやすいタイプ。

シンプルだけど装備できる数も多く、なおかつ安いのでオススメできるベルト。釣り以外に使っても全然良し!めちゃくちゃおすすめできます。

滅茶苦茶シンプルなシマノのフィッシングベルト

もちろん釣りメーカーからもフィシングベルトが出ているのですが、シマノのやつが2000円位とめちゃくちゃ安い。

もうシマノが良い!って人とか、とりあえずフィッシングメーカーのやつが良いという人におすすめです。

リトルプレゼンツのフィッシングベルトはカッコイイゾ

つづいてリトルプレゼンツのフィッシングベストですが、こちらは後ろに大き目の隙間があり、そこにネットを差し込めるタイプです。

渓流アングラー的にも良い感じで、さらに腰の部分のクッションが分厚いタイプ。

装備を装着できる部分が多くはありませんが、デザイン重視ならこちらがカッコイイ。

お値段も4000円前後なのでカッコつけたきゃコレを買えってわけですねわかります。

腰痛持ちにパズデザインのフィッシングサポートベルト

そして腰痛もちの方にお勧めと言われるのが、パズデザインのフィッシングサポートベルト。

こちら、腰回りにデカいパッドが入っており、しっかり腰をサポートしてくれるベルトだそうで・・・いや、たしかに見るからに手厚いサポートを受けられそう。

釣りはしたいけど腰痛がきつい人にはおすすめですね。

とまぁ釣りようベルトといっても色んな種類があるし、そもそも釣り用じゃなくても良いらしいので、結構自由度が高め。おまけに拡張性能も高そう。

今後も渓流釣りではベルトを使い、色んな装備を付けたりして楽しんでいこうかと思います。

【今回使用したタックル】

〇スピニング

ロッド:鱒レンジャーnext SP50

リール:シマノ 17セドナ2000HGS

〇ベイト

ロッド:鱒レンジャーRZ

リール:ダイワ アルファスAIR TW

コメント