渓流に釣りのトラブルを減らすために気を付けていることメモ

スポンサーリンク
北海道釣行記

今回は渓流に釣りにいくとき、普段気を付けていることを覚え書程度に書いておこうと思います。

さて、実は最近嫁の博士が入院しまして(腸の手術)。無事退院ご、現在は家でリハビリ中でございます。

なので当然釣りに行っておりませんね、いや普通に心配なんで行けないですね。ただ、博士のパパは本日も元気にパチンコに行き、それにママがガチギレして大喧嘩したとか電話が鳴る・・・まぁ人それぞれってやつでしょうが、警察沙汰だけはやめてね。

てなわけで釣りに行けてないんですが、その間に釣りに行く時の忘備録を書こうと思いましたが、やっぱり釣りに行く時に気を付けることをメモしとこうかなと思います

スポンサーリンク

タックルの予備を必ず持っていく

個人的に釣りにいって「アチャー」となるのは、忘れ物をした時ですね。

もうロッドを忘れるってのは致命的すぎるんですけど、まぁそういうことは無いですね。

ですが、結構油断してしまうのが、タックルの予備を持っていかないことです。

これはタマにありますね・・・車に一本しか積んでなくて、さー釣りだーと思ったら、釣り場についてそっこうトラブルとかね。

ガイドが取れた、ラインが全部ダメになった、リールに故障が起きた、ロッドが折れた・・・などなど、思い返すとキリがない。

けど「ま、そんなのタマにだから今日は大丈夫でしょ!ガハハハ!」てな感じで釣り場にロッド一本で行っちゃうんですよね、ガハハハ!

なんて豪快キャラやってると、やっぱトラブったときに後悔が尽きない。

というわけで、必ず予備のタックルを一本車に積んでいく戒めを自分にしています。

できればロッドもですが、最悪リールだけでも車に積んでおきたい。もちろんライン巻いた状態です。

予備のラインを必ずもってく

ラインといえば、釣りの最中でライントラブルが起きるのは避けられない事態。

昔に比べるとタックルの進化により、ライントラブルも凄まじく減りましたが、やっぱり油断してるとあっという間にラインがグシャグシャ&途中でスパーンと切れることがあります。

なので、やっぱり釣り場に予備のラインは持っていきたい。

ちなみに渓流はPEのメインラインと、リーダーのフロロorナイロンが必要なので、この二つをバッグにいつも突っ込んで持っていきます。

僕は0.8号PEに10lbナイロンという渓流では太めの組み合わせを良く使うので、消耗はさほど激しくはありません。しかし、それでもラインの消耗に気が付かない時にパーンと一発で切れちゃうこともあります。

ラインが切れてしまったら、そこからラインの巻替えになるのですが、基本時間が無ければ替えのラインを持っていっても諦めるしかないですね、リーダーだけなら良いですが、メインのラインは巻き替えがわりと面倒ですから。

でも、時間があるならイケるので、やっぱりラインの予備があると助かるので、いつも30m位をバッグに入れておくようにしてます。

向かう渓流の場所を伝えておく

渓流に入る時は、家族のだれかに必ず入渓場所を伝えるようにしてます。

でないと、もし遭難しちゃった時に探してもらえませんからね。

これは道の遭難というより、歩けなくなった場合の方が多いでしょう。

渓流は割と滑落の危険がある場所が多いので、そこで怪我をして移動できなくなるかもしれません。

しかも山はだいたいどこも電波が届きません、それに、もしかしたら衝撃で意識が無いかもしれないし、下手したら死んでるかもしれませんから。

そんな時に、はやめに助けにきてくれるように・・・もし死んでたら、捜索する人の手間を減らすためにも、その行先を誰かに伝えておくのは大事ですね。

入渓ポイントの通行を妨げない

これは毎回気を付けてることなんですが、入渓のために交通の妨げになる場所は避けるってことですね。

実は最初の頃は、よくわからず「なんかみんなこことめてるからいいや」と思って車をとめていたけど、あとで農家の人に「なんかここ色んな釣り人が毎回車とめてて邪魔なんだよな、トラクター入れねぇよ」と言われたことがあり、うわあ・・・となったことがあります。

コメント