渓流でワニみたいなニジマスをシャッドラップで釣ってきた

スポンサーリンク
未分類

渓流でシャッドラップ投げたらワニみたいなデカいニジマスが釣れた話です。

結論からいいますと、久々に渓流で焦りましたね。

何が焦ったかって、この日「ダイソーナイロン2号を巻いた」タックルをうっかり持っていってしまい、その結果、何カ月かぶりに渓流を走るはめになったからですよ。

スポンサーリンク

渓流でニジマス釣れたので動画にしたけど音声入ってなかった

いやーせっかく動画回してたんですが、音声が録音できなかったので、なんか音楽をいれて「それっぽい感」を出しておきました。BGM代わりにどうぞ。

ダイソーナイロン巻いた鱒レンジャーでうっかり渓流にいった

この日はダイソーナイロンを巻いた鱒レンジャーをもって家から出ました。

いや、実はこの日は渓流に行くつもりはなくて、家の近くにある止水エリアの様子を見にいこうと思ったんですよ。

ところが、ここが釣りが出来なくなっていたので、じゃあ渓流にでも行くか・・・ということで、そのタックルのまま渓流に入っていきました。

しかし、いつもの小さいミノーとか持ってきてない・・・どうしようと思い、それじゃあとラパラのシャッドラップの4㎝をセット。

これで釣れたら面白いなー位の感覚で上流に向かってキャストし、トゥイッチを入れながらゴリゴリと巻く。

すると、水の中から何やらデカいものがルアーを追ってくるのが見える。

えまって?なんかデカくない?あれ?こんなサイズのやつここいた?50㎝位のしかいな───

───と思った瞬間、丸のみするようにシャッドラップを咥えてる魚影。

「うあ・・・やば・・・」

と思ったのもつかのま、勝手にフッキングしてる自分、のそりと反転する魚影。

そして、いっきに鱒レンジャーがのされる感覚と共に、さっきの魚体が水面に現れる。

でかい、てか口の尖り方が・・・確実のモンスター。

「まてまてまてダイソーナイロ巻いてきちゃったから!いや2号だから大丈夫か?いけるか2号で?」

と思ったのは、この時期のニジマスは大して暴れないから。

なので、めちゃくちゃ重いけど、素早くランディングすれば・・・てか伸びる!ダイソーナイロンがめちゃくちゃに伸びるせいで、ドッタンバッタン暴れるデカニジの衝撃をめちゃくちゃに逃している!それはすごくありがたい!だがしかし!ぜんぜんこっちに寄ってこない!

とワタワタしてる内に、なんとそのまま流れにのり、デカニジが下流に下りはじめてしまった。

やばい・・・ちょとまて、とテンションを張ろうとするも、今巻いてるのが伸びまくるダイソーナイロンであることに気が付き躊躇する。この伸びるラインで強引に寄せるとかまず無理だ、止水だったらよかった、いや、リーダーだけならよかった、けど今日はスプールまるごとダイソーライン!

というわけで、そのまま僕も走りましたよね、渓流。

最初はまぁ歩きましたけど、もう絶対走らないと追いつかないと思ったので、途中から全力。

で、そのまま魚を追い抜き、下流で待ち構えてやってきた魚をランディング。

焦った・・・いやほんと、デカニジ相手だとダイソーナイロン伸びすぎだろ!

釣れたのはとってもイカついニジマスでした

そうして釣れたのが、こちらのニジマスさん。

なんかえらい口が伸びてイカつい感じになっとりますが、それより腹の太り方が凄い。

これが越冬用のドカ食いをしたニジマス。引かないけど思い。下らせてしまったミスのせいで、まぁえらいことになしたまが、そりゃ止められないわけだ。

しかしこの渓流で釣れたニジマスでは、間違いなく一番デカいやつですね。

こんなの居るのわかってたら、ダイソーナイロン2号巻いてこないよ・・・いや、2号だから釣れたけどね、むしろフッキングがほぼ決まってない上、フックが小さすぎて貫通できてすらなかった。

けれども、伸びまくるダイソーナイロンがほぼ衝撃を吸収しまくったせいで、奇跡的にバレずにすんでました。実際釣ってる最中もロッドがガクンガクンすること一切無かったですからね・・・あるいみ最強だな君は。