釣りの世界の単位が普通に考えると滅茶苦茶な件

スポンサーリンク
釣り超コラム

という、「カッコイイからヤード・ポンド法」が確かにある気もするし、昔から使ってたものをいまさら変えるのはしんどい感もある。

だって、横文字使いたいだろ。

釣りするのにlbとフィートって言ったらカッコイイだろ!単位がカッコイイと何言ってもカッコイイじゃあないか!「やっぱり渓流ロッドは5ftが基本でぇ」とか言ったらオシャレだろ!
それメートル法にしたら「やっぱ渓流ロッドは1メートル52㎝が基本でぇ」って言ったら!なんか違うじゃん!なんか具体的すぎてこう!ないだろ!ニュアンスで伝わるオシャレ感が!

──と思ってしまうほど、ヤード・ポンド法は釣りの世界から消しにくい。

しかも、僕なんかラインのlb表とか頑張って覚えてたからね・・・もし全部kg表記と号だけになったら、あの努力は一体なんだったんだよとなる気もする。いや、もう覚えたこと忘れてるけどね。

ただ問題が、ルアーの重さに関してはバス用以外は、ほぼグラム表記だってことですね。

なのでバス用ルアーをトラウトに使うと「ん・・・オンス・・・これ何グラムだっけ・・・」みたいになることが多い。てかもうルアーに関してはグラムにしとけばよくないか!?

あとlb表記しかないラインとか見ると「これ何号・・・てか耐負荷何キロ・・・」ってなることもある。

と思うこともあったりするので、冷静になっちゃうと

「これ・・・やっぱメートル法で統一でよくね?」

となっちゃうんですね。

スポンサーリンク

尺貫法の名残「号(ゴウ)だね」「尺(しゃく)だね」

そして、餌釣りの世界では今なお活躍する尺貫法です。

もうこの時点で素人さんは「おいまて!メートルにヤードポンドに尺貫法ってカオスすぎんだろ!」と思うかもしれないね。うん、いや僕もおもってる。なんでこんなことになったのかと頭抱えてる。

でも、そもそも釣りと一口にいっても、様々な釣りが存在するし、とくに餌釣りに関してはほぼ日本発祥のものを日本人がやってるわけで、そりゃ今でも尺貫法が残ってたりする。

ただ、尺貫法は公式上廃止された制度であるので、あくまで「名残」という形で。

ただ、これもね・・・カッコイイのよ。

とくにヘラ竿をもった渋いおじいさんがメートル法なんかで自分の竿の長さ語ってほしくないでしょ!ぜったい尺と寸で語ってほしいでしょ!刀の長さメートル法使われたら日本人としての何か失われてしまったものに気が付いちゃうでしょ!

というわけで、これもまぁ一言でいうと「カッコイイから残ってる」感がたしかにある。

ただ、「カッコイイわけでもなく残ってる感が強い」のが、重りに使ってる「号」ですね。

これは尺貫法が廃止されたあとに作られたものですが、まぁこれは「番号」みたいな感覚なんで、べつにね・・・うん・・・ただ

重りの「号」は、ちょっとたまーに、わからん時があるけど、うん、まぁいいや!

なんかカッコイイから単位を使うけど絶対メートル法の表記いれて

というわけで、結局色々考えた結果

「カッコイイ単位」なんでヤード・ポンド法と尺貫法はヨシ!

ただし!ぜったいメートル法の表記いれて!おねがい!いちいちグラムとかキロとかメートルになおして計算するの面倒だからね!おねがいね!たのむよ!じゃあね!