フィッシングアイテムレビュー

スプーン

バックス(BUX)のスプーンはタイムリープを引き起こす【レビュー】

今回は Angler'z System(アングラーズシステム)からは販売されている名作スプーンであるバックス(BUX)についてのレビューです。 というかこのスプーン、一体何時から販売されているのか。 毎度のごとく中古釣り具店で...
ロッド

鱒レンジャーCT50でベイトフィネスやった感想

鱒レンジャーCT50ダークナイトを使いベイトフィネスをやってきた感想について。 前回、今年の初の渓流釣行ながら、タックルも含めて全て始めて尽くしでしたね。 初めてのベイトフィネスだったし、リールも初のロキサーニBF8。...
リール

ロキサーニBF8で今年初フィッシュ&初渓流ベイトフィネス【インプレ】

ロキサーニBF8を使って渓流に初釣行に行ってきました。 苦節4ヵ月。雪の中でこらえてにこらえたこの数か月間は非常に長いものでした。 釣りに行きたくてもいけず、道北の雪に埋もれた我が家の中で、ひたすらに寝ても覚めても渓流のことを...
スポンサードリンク
ミノー

ラパラのCDJ7にスイムテストの痕跡を見つけた

ラパラのCD7を購入してみたのですが、そこにスイムテストの痕跡を見つけてきました。 たしかSNSか何かでリーツイートで回ってきたものの中に、ラパラのルアーが凄い!みたいなことで、スイムテストの痕跡があることが紹介されていたんです。 ...
ミノー

僕にとってスピアヘッドリュウキとは?今一度渓流での使い方を

僕にとってスピアヘッドリュウキとは一体どんな存在なのか? そんなことを考え始めてしまったのは、2019年2月にリュウキの38sが販売されたのが原因なのか。 それとも、もうすぐやってくる渓流シーズンのためにタックルボックスの中身を整理して...
リール

ダイワの海外ベイトリールをチェックしてみた

海外のダイワのリールは一体どうなってるのか? そんなことがふと気になり、とりあえず調べてみることにしたんですが、やっぱり世界は広いですね。 このインターネット時代はどこでも海外にアクセスできるので、世界なんて結構狭いもんだなと感...
ロッド

ストレスのせいで力が欲しくなり本流でトラパラ振ってきた

仕事のストレスはいとも簡単に人を獣に変えてしまいます。 獣といっても、それはとてつもない力を持った獣。例えば、生体ナノマシンにより腕から反物質を生み出せるジャバウォックのような存在。 というか、あれほどの巨大な力を持つと自分で処理しきれ...
スプーン

ダイソールアーを使ってスプーンの角度によるアクションの変化を考える

この間ダイソーのスプーンを買ったのを思い出したので、角度を曲げて使えるようにしてきました。 ダイソーにあるスプーンは以前にも書いていたんですが、何気に去年は源流やら小渓流での釣りが中心だったので、本流にはあまり立ち寄らず使わずじまい。...
スプーン

MIU(ミュー)のスプーンはエリアもネイティブも使える【フォレスト】

フォレストの定番スプーンであるMIU(ミュー)についてのレビューですよ。 世の中色々なスプーンがありますが、MIUほどフィットしやすいスプーンは無い気がする。それこそ生まれた時から一緒だったようなっていうのは言い過ぎ。 でもそれ...
リール

ロキサーニBF8は渓流ベイトフィネスで使えるのか?3gまでがギリギリ?

前回購入したコスパ力が半端じゃないベイトフィネスリール。ロキサーニBF8のキャスティングについてのインプレッションです。 前回購入してからというもの、家の中でフリップをちょこちょこしてみたり、家の庭で軽くキャストしてみたりしていました。 け...
スポンサードリンク