ラパラのCDJ(カウントダウンジョイント)がひたすらいとおしい件

スポンサーリンク
ミノー

ラパラcdj(カウントダウンジョイント)が愛おしい。

このCDJ9が死ぬほど愛おしい

というかCDJシリーズが全て愛おしい

そう思ったことがある貴方。

残念ながらたぶんもう手遅れだと思います。

ラパラ症候群につきましてはこちらを参照ください。

 

それにしてもCDJは良いですね。

見た目も可愛いし、リップがなんか変な形しているのも良いし。限定販売のくせにコスパ良いしね。

 

このルアーに限っては性能云々よりも見た目の可愛さがもうヤバイ。だめ、もう辛い。可愛すぎて辛い。無理。尊すぎるよCDJ

 

スポンサーリンク

ラパラのCDJ(カウントダウンジョイント)って一体何?

 

CDJ(カウントダウンジョイント、正式にはジョインテッド)はラパラの伝説のルアーと呼ばれていたシンキングモデルのジョイントミノーです。

そもそもラパラは伝説ありすぎてどのあたりから伝説じゃないのかわからないですから。

 

まぁその逸話について軽く説明します。

あるところにマジでやばいラパラミノーがあった

ラパラミノーの中でも「これすげぇ釣れるんだけど」噂されたルアーがあった。

それがラパラ・カウントダウンジョイントシリーズ。通称CDJ。

はじめての発売は1980年代。

ラパラの傑作だったカウントダウンシリーズをジョイントにしただけではなく、リップを口先から突き出したあと、リップ先端を水平にするという誰も見たことないL字形に仕上げていました。

オフセットリップ搭載のキモさが人気に

このリップこそが曲者で、低速リトリーブではボディを左右に大きくふってまるでヘビのようにウネウネと気持ち悪いほどに動く。

しかし、高速リトリーブでは今度は姿勢が安定しなんとも見事なウォブリングを見せたわけです。

カウントダウンをさらにカスタムしたの恐るべきルアー。正直言ってラパラの中でも最も気持ちの悪い動きをする。

いやほんとうに、一度あの動きをみたら誰もが忘れられない不安さがある。

ジョイントがあるルアーっていうのは大抵良く動くんですけど、カウントダウンジョイントの場合は格段にキモい動きしてますね。

そのピーキーさは万人受けしたわけではなく、好きな人間はめちゃくちゃ好き、そうではない人間からはディスられるという具合。

しかし、日本ではイトウをはじめとする大型トラウトやバチヌケ狙いのシーバスで鉄板ルアーとして普及し人気になったのです。

ところが、十数年前にラパラCDJシリーズは一時ラパラのラインナップから外れることに。

しかし、日本のラパラファンCDJの復刻委員会まで作ってこのルアーを復活させるという熱の入れようにより、2011年についに日本限定モデルとして発売させたのです。

限定販売がつづくCDJ(カウントダウンジョイント)

ラパラCDJシリーズは限定復刻として2011年に発売を開始。

その時々に限定販売でカラーを出しているのですが、カラーごとに限定販売をしている非常に不安定なルアーなのです。

しかも公式では取り扱っておらず、いくらラパラのサイトを探してもCDJの名前すらない状態。

つまり、CDJはファンのおかげでなんとか復活をとげたものの、何時だって生産やめちゃう状態のまま販売されているわけです。

市場にあるのは限定販売のカラーばかり。しかもいつでも数量限定。

ネットでも数が少なく、復刻版ですらすでに中古ですら購入できないカラーだらけで、なんか妙に値段も上がってるし、まじでこれは買うなら早めのほうが良いです。

 

CDJ(カウントダウンジョイント)のアクション

コメント