渓流でニジマス釣るならラパラで行こう【ラパラDAY】

スポンサーリンク
北海道釣行記

てなわけで、今回は渓流でニジマスを釣りにラパラを持って行ってきた話ですよ。

僕はたまにラパラデイという日を作って、その日の釣りはラパラだけ投げるっていうことをやるんですよ。

まぁ釣れる釣れないにかかわらず、結局ラパラのルアー投げるのが一番心安らぐっていうのもあって、なんだかんだラパラだけ釣りたい時がある

てなわけで今日もそんな日だったんですよね。

スポンサーリンク

ラパラだけ持って釣りに行った動画

【ラパラ】独白する精神病質者がRAPALA持ってデカニジ釣りに行く【ニジマス】

てなわけでラパラだけ持って釣りにいった動画も作っておきましたよ

ラパラを使った釣り動画を出そうというか、むしろただ頭のオカシな僕がひたすら独白を続けているという狂気の映像作品になっていますが、なんかこういうのが好きな人はぜひとうぞ。

てかね?

最近釣りに行くタイミングがどんどんと減ってきてしまい、なかなか釣り動画も上げれなくなってきたんで、いやー何をアップしようかなって悩んでたりします。

本当はこういう「道北貧釣ワールド」を動画にするのが好きなんだけどね、今後は部屋の中でも撮れる解説とかもアップしていこうかなって思ってたりします。

とりあえず釣れたのはラパレアのカウントダウンアバシの5㎝だった

でまぁ動画ではひたすらポエミーなこと酒のんで喋ってるダケのトラッシュ・トークだけなんですけどね。

まぁ詳しい解説とかも入れておきたいと思います。

とりあえずこの日、釣りに行ったら大増水でして。

いや、前日から滅茶苦茶雨が降ってたから増水してるのはわかってたんですけどね?

それでもCDJ7で行けるかなーと思っていて、新しくかったピンクバックのCDJを投げてたんですよ。

僕はこのピンクバックのCDJがお気に入りでしてね

これで釣れたら良いなーと思って投げてたんですが、残念ながらボトムを取れるルアーじゃない。

本来は浅くて広いところが得意なルアーなので、この日これで釣るのは無茶ってもの。

てなわけで交換したのがカウントダウンシリーズのヘビーなやつ、アバシ5㎝ですよ。

これ、やっぱり売れてなくて、ついに廃盤になっちゃいましたね。

けれど、やっぱり増水の時のラパラといえばアバシなんですよ。

6gでフォール速度が速く、なおかつフラッタリングが強い。

流れが速い時でもボトムを狙いやすいから、僕にとっては結構出番の多いカウントダウンシリーズだったりしたんです。

しかーし、そんな使い方をする人が居ないのか、あえなく公式ページから姿を消していたこいつ。

ならば、ここでデカニジを釣ってラパラさんにアピールして、アバシの5㎝を作ってもらおう!うん!たぶんまた売れないけど!

とか思いながら投げて、まずは大きめのトゥイッチを入れて、リフト&フォールを繰り返す。

アバシで釣れる時は大体このパターン。トーン、トーン、トーンって感じでゆったり水中を漂わせつつボトム付近を探るイメージ。

しかしこの日は出ない。

なんか一回チェイスはったけど、それっきりで反応は無し。

てなわけで、続いて試すのはフォールさせてからのただ巻きですよ。

ただ、普通に巻くだけじゃなく、時折小さなトゥイッチを入れて食わせの間を作る感じ。

このルアーはただ巻きはあんまり強くないのだけれど、幸いこのポイントは強い反転流ができてたので、それを利用してグリグリを巻いていくと、手元にはしっかりと動いている感触が伝わってくる。

と思ったら、全力のひったくりバイト。

ルアー本体を真横から食った感触。

で、もう即座にドラグが出されて、相手が大きいのがわかる。

それからギュンギュン走ってジャンプして、ようやくランディングできた魚を見ると、これまた太った良いニジマスでした。

フッキングポイントを見てみると、口の横にテールフックが外側から掛かっている。

たぶん本当に真横からルアーを咥えて、そのまま外からフックが掛かったんでしょうね。フロントフックを付けてないから、フッキングできたのは運でした。

深い場所を攻略するならアバシの5㎝が最適だった

てなわけで無事カウントダウンアバシで良いサイズのニジマスをキャッチできたんですが、うん良いね、気持ち良いねー。

グリグリグリーって巻いてたら、ドーンって出て来るこの感じ。マジで最高。

しかしねー、アバシ売れてないと思ったらやっぱり5㎝のほうが廃盤かー。

惜しいなぁ、これほんと使えるのになぁ。いやもう散々ディスるところあったけど、結局釣れるんだようん。

でまぁアバシ手に入らないなら、普通のカウントダウンを重くして使おうってわけで、今度はウェイトを張ったCD5なんかのテストもできたらなーと思います。

釣にいけたらの話だけどね!!

 

コメント