リュウキバイブ45Sは渓流で大活躍のバイブレーション【レビュー】

スポンサーリンク
バイブレーション

スピアヘッドシリーズのリュウキバイブ(RYUKI VIB)のレビューです。

DUOのスピアヘッドリュウキといえば渓流ルアーの決定版。

初心者から上級者まで使いたせるばかりでなく、コストパフォーマンスにも優れた超優秀なルアーです。

そのスピアヘッドシリーズから生まれたバイブレーションを、このバイブマスターαトラウトが使わないわけがない。

震えている。

DUOと僕が共鳴して新たな波動が生まれている。

これがスピアヘッドの力。

世界を揺るがし、海を割り、山を爆破

そして渓流各所に大渦を発生させるほどのアピール力。

うなれ!光れ!唯我独尊渓流バイブ!

 

まぁ、そんな事したら全てのトラウトが消えて無くなってしまうので、ほどほどのアピールを紹介します。スレさせたらだめです。

【2018/2/28記事更新】

水中アクション動画を追加しました。

スポンサーリンク

リュウキバイブのスペック

リュウキバイブ(RYUKI VIB)のスペックを紹介です。

サイズ:45mm
ウェイト:5.3g
タイプ:重心固定・シンキング
フック:#12
値段:1,100円(オフィシャル価格)

45mというとリュウキの45Sと同じサイズですし、形も良く似ています。

(↑こちらがリュウキ45S)

(↑こちらがリュウキバイブ)

リュウキ45Sのリップを外し、背中にフィンを付け、ボディにより丸みをもたせたのがリュウキバイブです。

このフィンの役割などはのちに詳しく解説しますが、基本設計はリュウキシリーズ共通のもので、特徴的な目や口元は見るだけで「お、リュウキだ」とわかる形になっています。

 

リュウキバイブのカラーバリエーションは豊富

 

さすがリュウキ系ルアー。カラーバリエーションはとてつもなく多いです。

ちなみに僕のお気に入りはやっぱりチャート系。

モモキンヤマメとフルチャートヤマメ、それと虫系が良い時のためにテレストリアルブラックなんかがお勧めです。

リュウキバイブのアクション

次にリュウキバイブのアクションを見ていきます。

細身のボディにフィンが付いた形が特徴的。一見してミノーと間違えてしまいそうなボディなど、バイブレーションとしてはかなり異質な存在なのでちょっと解説してみます。

なお、動画も作ってみたので参考までにごらんください。

毎回お風呂場で撮影していますが、そもそもアクションもわからないのに買うのってリスク高スギィ!と思っているので出来るだけ水中アクションを紹介していきます。

背中のフィンで高速立ち上がりが可能

リュウキバイブの背中にはフィンがありますが、このフィンのおかげで立ち上がりがかなり早くなっています。

リュウキバイブは細身のバイブレーションなので、ルアーの左右から水を受ける面積が小さくフィンが無ければ振動はほどんどでないでしょう。

しかし、ルアーの上部にフィンを付けることで左右から受ける水の抵抗が大きくなり、このフォルムの細さですら立ち上がりから即バイブレーションを発生させることができるのです。

 

さらに細かく見ていくと、ルアーの後ろ側にフィンがありますよね。

このフィンの位置が後方にあることで、バイブレーションで最も大きく揺れる部分が後方に下がり、ウォブリングに似た怪しい揺れ方をするようになります。

バイブレーションはウォブリングに近い動き

 

リュウキバイブのバイブレーションはお尻を振りながら細かく振動していきます。

コメント