君らはジャックポットスプーンを知ってるか?

スポンサーリンク
スプーン

みなさんはジャックポットスプーンなるルアーをご存知でしょうか?

知名度は限りなく低く、現在トラウトアングラーで使っている人はまるでとんと見かけないこのスプーン。

しかし、当ブログでは幾度となくその存在が各所見え隠れしていたのに気が付いたかもしれません。

時としてダイワ・チヌークSと合コンに行くことを拒否。ケンフォードスプーンセットでは、スロカス長老のケンフォードブラウントとアルコール中毒セミナーで喧嘩していたりと、ちらちらとその存在をアピールしてきました。

では、ジャックポットスプーンとは一体何者なのか?

というわけで、今回はこの謎のルアー、ジャックポットスプーンについてご紹介します。

 

ジャックポットスプーンとは

ジャックポットスプーンとは、いわゆるオールドルアーの一つです。

 

オールドルアーといっても、そもそもラパラのように超有名なメーカーでもありませんし、CDJシリーズのように限定復刻されているようなレアルアーでもありません。

しかし、オールドスプーンとしての知名度は高く、かなり根強いファンがいます。

発売元はアングルと言われるメーカー。これもまたマニアックなのですが、主にトラウト系のルアーなどを作っている会社です。

アングル公式ページ:http://www.angle-japan.com/jackpotspoon.htm

原型はLunker

ジャックポットスプーンの原型はLunker (ランカー)ですね。

ランカはオールドスプーンとして超人気があったフィローリフ型のスプーンだったんですが、販売元のティムコやメガバスからなぜか販売が止まってしまう事態に。

 

すると、まったく同じスプーンがアングルという会社から発売され、名前をジャックポットスプーンに変えていたそうなんです。

 

一度死んだはずのランカーが復活しジャックポットスプーンとして世に送り出されたわけで、いうなれば世を忍ぶ姿。

 

あまりに個性的でなぜか買ってしまう謎のスプーン

ジャックポットスプーンのスペックを見てもらえればわかる通り、もう現代のトラウトフィッシングではまず使われないスプーンなんです。

 

この点はラパラのバルサ素材と同じで、スプーンの世界でも材質の進化、そして形状の進化というものがあるんです。

 

ジャックポットスプーンが発売された当初は8gでも良かたんでしょうが、現在ではこのサイズなら10g以上は当たり前。カラーリングも繊細でリアルなものが増えてますね。

沈まない、飛ばない、サイズが大きい。

こういうスプーンでも釣れないことはないんですけど、トラウトフィッシングの世界ではやはりロートルのルアーでしかないかもしれません。

スポンサーリンク

ジャックポットスプーンのアクション

しかし、ジャックポットスプーンが現在のスプーンに勝る部分が一カ所だけあります。

それが魅惑のブリブリアクション。

ウィローリーフ型の中でも派手でうねるような動きを見せるジャックポットスプーン。

かつて多くのウィローリフ型に求められてきた「魚を魅了するスープニーング」がこれでもかというぐらい詰まっています。

今回も水中アクション動画を作成

ジャックポットスプーンの水中アクション動画を作成しました。

 

毎度の第七実験室(お風呂場)を泳ぎ回るジャックポットスプーンをご堪能ください。

アクションの特徴はお尻を左右に振るのと同時に頭まで振っているところ。

真上から見ると生命感にあふれていて若干キモい位です。

フィール速度も遅くてこれウィローリーフっていう落ち方。ハイアピール系スプーンです。

コメント