あまったPEラインを使ってシングルフックを作れるか挑戦

スポンサーリンク
アイディアなど

αトラウトです。

最近多数のルアーを作っておりシーズン本番までにはルアーも出そろいそうです。

しかし、ルアーを作れば作るほど問題となるのがフック不足。

シングルフックはトリプルに比べれば安いんですが、それでもガマカツさんのは6本で300円はします。

 

で、今のところ50個はルアーを作ってしまっているので、シングルフックがもう相当足りない。これだけのシングルフックを集めるとなると5000円近い出費に。

というわけで、とにかくシングルフック代金を安くするため、余ったPEラインを使ってシングルフック作りにいそしみたいと思います。

 

スポンサーリンク

余ったPEラインがあればシングルフックが作れるのか?

 

釣りをしてたら使わなくなったら古いPEラインがありますよね。

それを使えば、シングルフックを作れるんではないかと思い立ち、まずはやってみることにしましたよ。

 

準備したもの

今回集める道具はこちらです。

・セットの安いチヌ針(2~5号)

・余ったPEライン

・ダイソーのバイス

・ナス型オモリとカミツブシ

 

セットのチヌ針というのは何十本も入っているやつですね。

このブログで以前自作ルアーを公開したときに「チヌ針のセットを使うと相当楽だよ」と教えてもらい、さっそくチヌ針かって来ました。

買ったのはこういう大入りの徳用シングルフックです。

がまかつ(Gamakatsu) シングルフック チヌ ザ・ボックス 2号 黒

僕は大物がかかってもいいように4号を使用。

普通は1~3号ぐらいが良いようですよ。

 

で、PEラインは家に余ってた去年の1.2号のものを使用。

去年1年間使い続けててもったいないなぁと思ってましたが、こういう所で利用できそうです。

 

まずはPEラインを編んでみた

とりあえずは本来シングルフックを作る時に使われるアシストラインを自作しないといけません。

 

ううむ、どうやろうかなーと、まずはPEラインを折り返し、2本ずつ系3つにまとめてみる。

 

で、そのまま編んでみる。三つ編みみたいに。

あれ?これいけるんじゃないの?

1.5号のpe×6なんで、単純計算で9号の極太PEラインに早変わり。マグロでも釣るきかよ。

 

でも、これぐらいの強度ならばっちりアシストラインになるでしょう。

なんて意気込み、とにかく巻き巻き。

こんなに三つ編み編むのはいつぶりかまったくわかりませんが、なにこれ、楽しい。

 

もともとこういう地味な単純作業が大好きな性分ということもあり、案外楽しみながら巻いてましたね。

 

で、夢中になってこれくらいの長さまでぎゅうぎゅうに編み込んだらこんな感じに

 

相変わらずこの机が汚いのはおいておいて。

ラインの端をしっかりと結んだら完了。

で、ここにかるくマニキュア用トップコートを塗ってあげました。

すると、このまま切った時にも途中でほどけなくなり作業がやりやすくなりましたよ。

ただし、やりすぎると柔軟性がなくなるので、あくまで作業中にほどけないようにするため。

スイミングフックを作る場合には接着剤でコーティングしないほうが良いですよ。

 

チヌ針に糸をまきつける

 

つづいてチヌ針に編み込んだPEラインを巻き付けます。

巻き付けた方はいたって普通。

しかし、今回はダイソーにあるこちらのアイテムでシングルフックを作っていきます。

 

ダイソーバイスを使ってフックを固定

そう、貧乏人のαトラウトはここもしっかりケチる。

なにかと専用の道具がないと作れないとハードルの高いシングルフック。

しかーし、ダイソーでうってる万力でもシングルフックは固定可能。

で、これをひっくり返したペン置きの上に固定。

コメント