正直最近物凄い鬱だからハードボイルドな世界に行くか釣りしたい

スポンサーリンク

5月病になったというなら、確かになっている。

けど5月病っていうのは5月になるものだし、正確には4月後半から僕の憂鬱さは増した。

そもそもメンがヘラってるのは僕にとっては日常。

朝起きて、歯を磨き、朝食もとらずにシャワーを浴びて服をきて、すがすがしい朝日をみながら「気持ち悪い、さっさと死にたい」と言い出すのが僕。あと大体睡眠不足なので、朝方のハイテンションな太陽の光はパリピがEDMを爆音で流しながら挨拶してくるのと同じで、速攻でカーテンをしめたくなる。

そもそもこのブログでも、散々鬱なブラックジョークを繰り返し連呼してきた。

ということは、僕にとって憂鬱さとは自己を形成する一部。というか人体を作る90%以上の物質が水分らしいのですが、のこり10%は鬱なのかもしれない。まるでアルコール度数。ストロングゼロか僕は。

けど、もし鬱=アルコールであるとするなら、この程度の鬱なら日常生活を送れる。僕としゃべっていると、こいつ酔ってるのかと言われるかもしれないが、喋れることは喋れるし、相手もそれなりに効いてくれる。

ところが、毎年この季節と秋の終わりには度数が上がってしまう。

精神が発酵熟成し、スピリタスとかウォッカレベルにまで鬱度数があがる。

すると、もはや飲み物というか、暴動とかで飲み口に布をつめられて火をつけたあと、警官隊に投げつけられるようなレベルになる。ようは鬱のモロトフカクテルであり、僕が喋るとみんな逃げる。そういうレベル。

そんな僕を受け止めてくれるのは、こんな場所では不可能だ。

モロトフカクテルになりそうな酒を一気飲みしそうなやつらが山ほどいる、タフでハードな人と世界なら、僕は常人扱いされるかもしれない。

例えば、荒野の7人だったら、まぁ3人くらいは「うん、まぁいいけど・・・」って言ってくるかもしれない。

ダイハードだったら、人質が打たれて配管を這いまわったあと、ボスの弟を殺すくらいの時には「奴らをころしたら話を聞いてやる」位はって言ってくれるかもしれない。

ランボーだったら、敵につかまってひどい拷問を受けたあと、矢じりにプラスチック爆弾を仕込んだあたりなら「わかった、はなしを聞こう」と言ってくれるかもしれない。

ともかく、それくらいハードボイルドな鬱はハードボイルドな場所でしかなおせない。

そこで行きつけのバーに行き、マスターに「たのむ、強い酒をくれ」と頼んだのですが「そういうハードボイルドな感じで来る場所じゃないですからね、あとこれ以上強いお薬出せませんよ」とやんわりと断られてしまったαトラウトです。イエス!ホスピタル!

コメント