伝説の11スコーピオンDC7を開放し最強のリールにせよ

スポンサーリンク
未分類

頂いた伝説のスコーピオンDC7を使い、その性能を引き出す方法について書きますよ。

それにしても、苦節30年

今の今まで一度もDCを使ったことが無かった貧乏アングラーのこの僕が

ついに、ようやく、やっとのことでDC機デビューですよみなさん!

てなわけで、ついにDC使いになったので、自らもDCとなり体内に発電システムを作ろうとしているαトラウトです。キィイイイイイイインンン!!

てなわけで、自制心のサミングがへたくそな僕ですが、体内にDCシステムさえ入れることができれば、きっと真面目にブログを書ける。

そんなことを妄想しつつ書いてる時点でサミングどころかメカニカルゆるっゆるで今日も意味不明な記事をフルキャストしてくんだろ?と思ってるあなた。

けどね、今回は違うんですよ。

確かに僕の自制心は何時でもブレーキゼロでフルキャスト。文章バックラで句読点から高切れして着地点もわからないまま「うーんまぁなんかすごかったー」とかIQ3位の結論で終わっている。

けどね、今回はDCなんですよ。

DCを手に入れた僕は、もはや自制心がオートでブレーキングされる状態にある。

すなわち、今回のブログ記事はもはや完璧にコントロールされた文章で、ノーサミングでまとめにまで行ける。

そう、DCを手に入れると人は変わる。

完璧なフルオート自制心により、このスコーピオンDC7について詳しく書いていこうと思いキィイイイイインィンン!!

スポンサーリンク

伝説のスコーピオンDC7を頂いたので使ってみた

とまぁ、冒頭ラストで若干バックラしましたが、ノーサミングでキレイにまとまるブログ記事を目指して書きたい。それが僕にとってのDCの記事。

で、このリールは頂きもの。

仲良くさせてもらっている方から「リールあげるわー」って感じでもらいました。ほんとありがとうございます。

仲良くさせてもらっている方からもらったリールです。ありがとうございます。

11コーピオンDC7とは?

11スコーピオンDC7はストレートなロングハンドルが付いてる

スコーピオンDC7とは、歴代スコーピオンDCの初代。

つまり、スコーピオンにはじめてDCが搭載されたモデル。

この時スコDCはギア比6:3:1のノーマルモデルと、7:0:1のハイギアモデルの2タイプがあり、そのうちハイギアの方をスコーピオンDC7と呼ぶそうです。

いやーにしても初代のスコーピオンDCが出た時は凄かったでしょうね。

DCといえばリールの最先端技術の結晶。

ノーサミングでルアーが投げれる、恐るべきリール。

それがスコーピオンに搭載されて販売されたとなれば話題も集まりますよ。

当時の映像としては、キムケンがこの11スコーピオンDC7を使ったプロモーションビデオがあるので参考までに見てみました。

さすがDCのプロもだけあって「いかにノーサミングでバックラしないか」を、これでもかと見せてくる。すごいね、でっかいカメラをロッドにくっつけてリールを撮影してるよ、2011年より前ってアクションカメラとか無かったもんね。

でまぁ、見事にラインはノーサミングでキャストできる。すごいぞスコDC7!こいつはシマノのすんごいリールだぁ!

・・・というプロモなのですが、キムケンはなぜか太目のPEを使っているうえ

ノーサミングに見せかけて、糸が噛んでスプールが止まってる場面が多いのは皆目を伏せよう。プロモだから!あくまでプロモだから!

DC唯一の「無音機」

実はこのスコーピオンDC、発売価格は4万円という高額リール。

現在のスコDCが2~3万円で売られているので時代を感じずにはいられない。

しかし高額とはいっても、スコーピオンDCは、アンタレスやメタニウムの下位機種。

にもかかわらず

なぜこのリールが「伝説」と呼ぶのか?というと

歴代DCシリーズで唯一

DC音がならないサイレントDC機だからですよ!

DCといえば、あの特徴的なブレーキ音が有名。持ってない僕ですら、隣から「キィキイインイン!」と聞こえてきたら、「あ、DCだな、金持ちめクソ」と高貴な電子音にアナログな悪態をおり交ぜて行きますけどね。

コメント