【釣りアニメ】スローループはフライフィッシングを脳死で見れる本気の癒し作品だった【レビュー】

釣り超コラム
スポンサーリンク

さて、今回は現在放送中のアニメ「スローループ」についてのレビューを書いていこうと思います。

道北貧釣では初となるアニメのレビュー。

もちろん釣りに関係しているアニメなんですが、まぁ珍しいですよね、なんせフライフィッシングのアニメなんですもん。

というか、フライフィッシングをやってる人はあまり多くない。めっちゃマイナーなジャンル。

いやいや、そんな釣りアニメ大丈夫か?

と心配してましたが、むしろ逆。

だからこそ、このスローループは面白い。

さらに言えば、釣りをまったく知らない人に対しても、細かい事を言ってこない。

故に、純粋にカワイイ女のコが出てくるアニメ作品として、ほぼ脳死状態で見れる。

「ああ、こういうので良いんだよ、アニメって、これでいいんだよ」

と、定食を食ってる五郎ちゃんみたいな気持ちになれる、最高の癒しの釣りアニメとなっていたことが、このレビューを書くきかっけとなりました。

てなわけで、いつもと違いオタク全開で今回の記事を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

釣りアニメ「スローループ」とは?

画像引用元:スローループ公式サイト

スローループは癒し系アニメ原作の宝庫、漫画タイムキララで連載されている作品をアニメ化したものです。

きららと言って思い浮かぶのは、そう、あの「ゆるキャン」なはず。

とにかくゆるくて、ふわっとしてて、百合成分が高いと定評のある雑誌。

歴史を振り返れば、あの伝説「ひだまりスケッチ」から始まり、僕も大好き「けいおん」、そして巷にヤベェやつを生み出しまくった「ご注文はうさぎですか?」こと通称ごちウサ。

ほかにもマドマギやら学校くらしやらのネオ世界系を含め、とにかく

「女の子がいっぱい出て来てワチャワチャするヒット作」

といえば、もう漫画タイムきららなわけですよ。

いわゆるシスターフッド(姉妹のような絆)を全面に押し出す作品が多いキララ関係でありますが、今作もまさにキララの流れをおおいに汲んでいる。

どころか、まさしくキララ感全開。なんせ

両親が再婚して姉妹になることになった二人の女の子

が主人公なわけですから、もうキララ中のキララであり、百合通り越してもう胡蝶蘭だよこんなのもう大輪咲かせろバカ野郎。

人が関係を深めていくためのフライフィッシング

このスローループをアングラーが話をした場合、ほぼ釣りの話になるかと思った貴方。

いやいや、そんなワケないじゃないですか。

そもそもこの作品、釣り人サイドに向けて作っている感はほぼ無し。

基本的には「釣り経験の無い人」を含む、大勢の普通の人向けに作ってます。

でまぁ、ここがとても重要な所なんですよ。

釣り漫画というのは、釣りを主軸に全ての物語が進むようにできてるもの。

そのために色々と工夫されていて、わりと非現実感が強くなりすぎてしまったりします。

例えば堤防日誌は釣り部というものがあり、もはや学校生活=釣りという、必然的に釣りをするような状況が出来てたりします。

さらに、釣りキチ三平レベルだと、もう人生をささげて釣りをしてるワケで、グランダー武蔵みたいに悪の組織と戦うためにオルカイザーで水面をぶち割るようにもなる。

しかし、このアニメにおいて、釣りはそんなレベルのものとは描かれていない。

ぶっちゃけ、やらなくてもいいし、やってもいい。

というか、人生は釣りより大事なことが本当は多いという描き方すらしている。

そう、つまるところ

完全な趣味!

この漫画における釣りは、本当に僕らと同じ、あくまで遊びの一つでしか無い

彼女たちは別に普通の学生生活があり、家族があり、友人関係があったり、もう本当に釣りより大変なことがあるという描き方なんですよ。

ゆえに登場人物の中で釣りキチ度合が高いのは、主人公達の友達の釣り具屋のおやじさん(あとで詳しく解説する)だけでして、メインキャラの女の子達のキチ度合はたいして高くない!

で、むしろそれが僕は好きでして。

気合が特に入ってないからこそ、ゆるりと釣りを楽しんでいる感じが良い。

静かで、とても自然体な釣りへの熱意がある。

だから、あーだこーだうるさいことも言わないし、ものすごくナチュラル。

これが今までアニメ化された釣り作品との大きな違いです。

というかね、むしろ登場人物にとっての釣りは「なぜこれをやってるのかわからない」位のものであって、とても人生を捧げるだとか、青春を投げうつだとか、そんなもんじゃないんですよね。

それがリアルでもあれば、癒しにもつながってるし、ほんとうに僕の釣りに対するマインドに近い。

じゃぁ、この物語において釣りをするよりも、重要なことというのが。

人との絆を作り上げることなんですよ。

なんだかバラバラな人との関係

このスローループというアニメは、釣りよりも大事な「人との絆」というテーマを常にメインにおいてます。

たとえば、主人公の二人の女の子「ひより」ちゃんと「こはる」ちゃん。

冒頭からひよりちゃんの親父さんが大のフライフィッシング好きで、その影響で父が死んだあとも、一人でフライをやっている。

そんな所に、こはるちゃんがやってきて「なにしてんの!それなに?」とばかりに、フライフィッシングを一緒にやる。

で、あとで「ええーわたしたち、今日から姉妹になるのー!?」ですよ。もうわかりやすい。

で、一人でフライをやってる変り者女子のひよりちゃんと違って、割とグイグイくる天真爛漫なこはるちゃんのおかげで、二人でフライフィッシングをやる事になるんですね。

二人は再婚した両親のせいで、強制的に姉妹になるわけですが、その関係はどう考えても「はい今日から仲良くやれる!」みたいなもんじゃないですよ。

さらに、ひよりちゃんは父親を、こはるちゃんは母親を死別により失っているわけで、その傷すら完全に癒えている状況じゃありません。

そこで、正直言ってしまえば「親の勝手な都合」で、むりやり姉妹になる。

これがエロ漫画だったら美味しい状況なんですが、この作品はきらら作品ですからね、ガチ百合ではない、ゆえにそうたやすくなど行かない。

なので、表面上は重い場面とかは無いんですが、時々見え隠れする親が再婚し、姉妹になった二人の本音がギクシャクしている家族の様子をサクっと挟んでくるんですよ。

たとえば、こはるちゃんは「なんだか知らないオバサンと暮らしてるみたい」とか

ひよりちゃんは、死んだ釣り好きの父親とは違って、まったく釣りをしない新しい父親への接し方がぜんぜんわからないから、常にずっと敬語だったりとか。

で、そもそも姉妹となった二人は、友達として接してるのに、姉妹っていう不思議な状態にいるわけであり、まだまだ「偽物の家族」である人々が、本当の家族になっていくのがメインのストーリーだと思います。

画像引用元:https://eeo.today/media/2021/10/22/11678/

他にも友達であり、釣り具屋の看板娘となっている恋ちゃん(推し)なんですが、この子に関しては一見して家族仲が良い風なんですが、ここもやっぱり親父さんとの関係が微妙に良く無い。

さらに他にも出てくる主要なキャラクター達は、どこか家族との関係の他、他人との関係がぎこちないキャラばっかり。

その関係が釣りを通して、少しずつ変わっていく。

なので、この物語における釣りというのは、人との関係をつなぐもの。

そうした群像劇を、ゆるーくふわっとしたカワイイ女の子達を眺めながら楽しむのが本作。

釣りをあくまで中心と考えるべきではないし、もっと釣りに関して色々語れーとか、もっと釣りオタ感だせーとか、まぁあるでしょうし、そっちが見たいなら堤防日誌の方が良い。

この作品は、あくまで人の絆を中心とした、ゆるーいアニメなので、せっかくのアニメタイムで損しないように気を付けたい所。

ただし、アイテムとしての「釣り」の使い方や、釣りへの捉え方が今までの釣りアニメとまったく違う点だけは絶対に見ておいた方が良いですね。

フライフィッシングが中心だけに釣り好きでも新鮮に見れる

スローループが他のアニメと違うのは、フライフィッシングを中心にやっていることですね。

かつて釣りキチ三平でもフライフィッシングをやってはいましたが、本作のように殆どの釣りをフライでやるというのは初めて見ます。

でまぁ、フライフィッシングというのは、僕らアングラーにとっても結構レアな存在。

冒頭でも述べた通り、一番人気のルアー、二番人気の餌や友釣り、そして最後に来るのがフライという感じなので、釣り人人口の中でもマイナー中のマイナー路線なのは、釣りブログのここで言うまでもないでしょう。(一応釣りをしない人が見た時のために説明)

でまぁ、釣りをしない人にとっては、ルアーもフライも大した差は無いんですよ。

なんせ、どっちも未知の世界ですからね、ゆえに作品の中の魅力としての能力は、そこまで大きく変化は無いかなと思います。

しかし、釣りをしている僕からしたら全然違いますよ。

そもそもフライがわからない。

なんせ、このアニメを見てフライの種類について知った位ですから。

なので、釣りをしていても、すごく新鮮に見れるんですよ、このアニメ。

しかも第一話から海フライという滅茶苦茶にマイナーな釣りをやるんですよ。

もうなにそれ?え?フライで根魚とか釣れるの?アジとか釣れるの?ちょっとまってなんで青物??

という驚きを素直に受けました。

もちろん一般的な管理釣り場でのトラウト類やらもやるんですが、まぁ本当に僕にとっても新たな扉を開けてくれる部分が多い。

で、釣り作品でこういった楽しみ方ができるのはとても珍しいです。とくに大人にとっては。

何も知らない子供にとっては、もう色んなものが新しいことだし、どんなものでも刺激的なんですが、もう30も過ぎたオッサンになると、そんなものがドンドンと減ってしまう。

とくに釣り歴もまぁまぁ長い僕は、べつに普通の釣りをみても「あーそれな」的なリアクションになっちゃうんですが、フライとなる「???」が多くなり、すごく楽しい。

それに本来、こういった作品はそうした楽しみがあってこそだと思うし、キャンプをやらない人達がゆるキャン見てキャンプやりだしたのも、やっぱり未知の世界を紹介してくれた部分が大きいと思うので。

その点、釣りをやってる人からしても、フライフィッシングというマイナーな世界を紹介してくれるため、とても新鮮な気持ちで作品を視聴できるわけです。

あと、アニメでは釣った魚を料理して食べるまでがワンセットになってます。

これも家族をつなげるという流れに持っていくため、必要なプロセスではあるのですが、単純に釣りだけじゃなくて料理をゆるーくやるシーンがあるのが、僕はとても好きですね。

釣り人への客観視がしっかりとある変わった作品

この作品の釣りの描き方が変わっているのは、フライフィッシングだけではありません。

というより、フライよりも変わっていると思えるのが、釣り人への客観視がしっかりと入っていることです。

釣りアニメにしろ釣り漫画にせよ、基本的に釣りに対して全力投球なキャラクターが出てくるので、そんな客観視などやってる余裕はありません。とくにグランダー武蔵なんか釣りで世界を救うので必死ですからね、わき目も降らずにスパイラルキャストですよ。

ところが、本作ではそんな釣り人に対する客観的な視点が多数存在します。

その象徴となっているのが、本作では最も釣りが上手い釣り具屋(フライショップ)の店長であり、恋ちゃんの父親です。

このパパ、雑誌の取材すら来るほどの釣りの有名人。作中では沖縄にいってマグロを釣ったり、主人公達にもフライを教える凄腕アンラー。

なのですが、この人物の描き方が作中ではほぼ

「どうしようもない釣りバカの親父」程度でしかないんですよ。

普通、釣り漫画では作中最強のアングラー扱いをされ、なんか主人公達にレクチャーをしたり、もはや師匠扱いで尊敬されて当然な立ち位置。

しかし、スローループに登場する女の子・・・とくに娘の恋ちゃんからは、尊敬どころか侮蔑の視線を常に投げかけられています。

なぜこんな事になっているのかといえば、それは釣りバカで家に居ない上に、仕事もろくにしないのが一番の原因なんです。

そういえば、これに関して釣りキチ三平でずっと思ってたんですよね。

三平の師匠である、凄腕アングラーの魚紳さんって・・・ただの無職の釣りバカだよなって・・・!

こんなことを三平ファンに言ったら怒るか笑うかのどっちかでしょうが、もしリアルに魚紳さんが居たとしたら、それはハッキリ言って「世捨て人」か「ダメ人間」位しか表現のしようがない!

しかも、それが娘や、それと同年代の女の子達からしたら、もう完全に「ダメ人間」であるという、痛いほどのリアルな表現。ゆえに恋ちゃんは父親をめちゃくちゃ蔑視してます。

とまぁ、ゆるっとフワっとした空気を隠れ蓑に、釣り好きパパのハートを抉りに来るようなシーンが作品に存在しいてるのです。

なんでこんなリアルな表現が隠されているのかといえば、それは原作者さんの実体験が大きく影響しているんでしょう。

というのも、原作者さんは女性であり、さらに釣りバカのお父さんがいて、フライフィッシングをめちゃくちゃにやってたらしいです。

なので「そもそも釣りはフライしかわからない」という、かなり珍しい人なんですよ。

ついでにいえば、釣りバカの父親に振り回される母親や子供が作中に居るのも、やはり先生の子供の頃の経験が影響しているのか・・・

釣りは好きでも、釣り好きの人間の愚かな部分もしっかり描けるのは、いままでの釣りアニメでは殆ど無かったかと思います。

また、原作者さんの経験を生かしていると思われるのが、釣りをする女性特有の苦悩を描いている点です。

これはネタバレになるので深くは言えませんが、作中で小学生の元釣り好きの女の子というのが出て来ます。

で、彼女がひよりちゃんに「釣りが好きなの、はずかしくないの?」と聞いてくるんですね。

これを聞いて、ひよりちゃんは最初意味がわからなかったんですが、次第にその意味がわかりはじめていく・・・という流れ。

釣りをする女性という視点を、ゆるっとふわっとした中に鋭く入れていくのは、とても新しいです。

また、まだアニメ版では放映されていませんが、原作では魚のリリースに関する話もあるんですが、そこでも釣り人を賛美しすぎず、客観的に見た「愚かもの」として語るシーンもあり、すごく共感してしまう所が多い。

こうした今までの釣り系作品とは違う視点で描かれた物語が、見ている僕を飽きさせず、ゆるふわ

な空気にある程よいスパイスとなっていると感じました。

脳死で見れる尊き釣りアニメ

とまぁ、ゆるっとふわっと、時々アングラの胸をエグるシーンもあるわけですが、このアニメの一番いいところって。

脳みそをほぼ動かすことなく見れてしまう、とんでもない癒しの能力ですよ。

まずカワイイ女の子しか登場人物が殆ど居ないうえに、わりと重い設定でも激しい喧嘩なんて一切なし。なにか救われない人間もいなけりゃ、鬱展開もゼロ。

おまけに各キャラクターが割とちゃんと二次元している(複雑化していない)ために、なにもかもがシンプルで、とてつもなく理解しやすい。

そう、こいつはまさに古き良きゆるふわタイムアニメ・・・しかも、そこにゆるふわフライフィッシングという癒し要素が加わってしまうため、見ているだけで脳のマッサージが開始される。

当然、特別面白いわけでもない。

爆笑ギャグもなければ、スリリングな展開もない。

ゆえに、このアニメを見ている僕の脳内は常に

「いいよ・・・こういうのでいいんだよ・・・救われなきゃ・・アニメは、こうでなきゃだめだよ・・・」

とつぶやき続けてしまうほどの安定感。

いいよいいよ、アニメはほんとコレでいいんだ。

特別じゃなくていい、変わり種もいらない
あたりまえを、あたりまえにやることの尊さを感じてしまうんですよ、このスローループからは。

ゆえに、ここ最近では類を見ないほどのマッサージ効果があるアニメとして、近頃疲れたらスローループを見返すようになってます。

なので、釣りが好きだとか云々よりも、とにかく疲れている人におすすめしたい。

脳みそをもう一ミリたりとも動かしたくない、もうめんどくさいアニメとか見たくない。

そんな時にスローループを見たら、このアニメの有難さを骨の髄から感じてしまうはず。そして原作・制作のスタッフの方々にほんとうに感謝したくなるでしょう。ありがとう、ありがとう・・・!

フライフィッシングに興味を持つ人が増えるのか?

でまぁ、最後にフライフィッシング人口がこの作品で増えるのかどうか?

という話ですが、まぁ確実に増えます。ゆるきゃん程のブームは潜在的な需要の少なさゆえに見込めないでしょうが、少なくとも僕は「ちょっとフライやってみてぇな」と間違いなく思ってますから。

あとは、フライ関連アイテムがどのレベルで手に入りやすいのか?未経験者を動かす力が、このアニメ以外にちゃんとあるのか?などなど、まぁ色々ありますから、そんな簡単じゃないと思います。

それに、そもそもアニメに対して市場を動かす力ばっかり求めるのは僕は何か違うと思ってるし、純粋にこのアニメが好きだというのが第一にある。

だから、アニメを見るのに最初からフライのことばっかり考えてもらいたいなんて気持ちは一切ないです。べつにフライが流行しなくても、アニメオタクの僕としては関係が無いのです。

ただ、このアニメは明かに、今までのフライフィッシングのイメージとは全然僕に対するアプローチの仕方が違っているので、効果がまったく無いワケではないはず。

まず第一に、フライは「大人の優雅な遊び」「貴族のスポーツ」「何やってるかさっぱりわからない」

てな感じで、カッコイイんだけど、まぁ僕には縁が無いかなーと思ってました。ようは敷居が高いってやつですね。

でも、スローループのフライは、まずカッコなんて殆ど付けてないんです。

だいたいやってるのもカワイイ女の子だし、気張った空気もない。貴族のスポーツ感はゼロ。

だからこそ、フライの面白さみたいなのが伝わってきている。

ループを描く難しさとか、ラインで魚をたぐりよせる楽しさとか、カッコつけてないから余計に伝わってくるんですよね。

で、僕はフライのイメージがまったく変わってしまって

「あれ、これ僕でも出来るかも?」

って思えるようになってきて、ちょっと試しにやりたいとすら思えてます。

そもそも原作の漫画は「ゆるきゃん」のように、見た人が実際にやってみたいと思えるような作品を目指していたそうなので、その効果は少なくとも出ているはず。

まぁ、それよりも

恋ちゃんマジでかわいいから一回見てくれとしか言いようが無いけどな!

※アニメの配信先はdアニメストアやアベマTVなどなど多数あるので公式をチェック!

釣り超コラム
スポンサーリンク
αトラウトをフォローする
スポンサーリンク
スポンサードリンク付き関連記事
道北貧釣

コメント